第5回:新型「フォード・マスタング」にみる、アメリカンスポーツカーの可能性(桃田健史)

2006.10.11 エッセイ

第5回:新型「フォード・マスタング」にみる、アメリカンスポーツカーの可能性

2003年には設立100周年を迎えた歴史ある会社、フォードモーターカンパニー。ここにきて、大きな転換期に……。

■SUVは売れなくても、スポーツカーは売れる

アメリカで予想外に「マスタング」が売れている。2006年8月のアメリカ国内月販台数は1万7993台にも達したという。

財政的に窮地に追い込まれているフォード。生命線であるフルサイズピックアップトラック「F150」の売り上げ下降が今夏から顕著になった。CEOの交代、GMや日産との提携交渉の報道、傘下のアストンマーティンやジャガー身売りの噂などなど。自動車の大衆化を世に知らしめたフォード社にとって、いまこそ同社史上最大の大転換期であることは間違いない。

そうした現状で、ひとり(1台?)気を吐いているのがマスタングである。ガソリン高騰で巨大SUVが売れなくなっても、スポーツカーは売れるのだ。
GM「シボレー・コルベット」や「日産350Z(フェアレディZ)」、さらには「ポンティアック・ソルスティス」「サターン・スカイ」などの新種コンパクト系を含めて、スポーツカーたちは元気がいい。さらに、「シボレー・カマロ」も復活決定、「ダッジ・バイパー」の進化バージョンも登場するらしい。

リー・アイアコッカ氏が手がけた、初代「マスタング」。
リー・アイアコッカ氏が手がけた、初代「マスタング」。
第5回:新型「フォード・マスタング」にみる、アメリカンスポーツカーの可能性(桃田健史)の画像

■アメリカ人の心のよりどころ

60年代に誕生した初代マスタングの愛称はポニー(子馬)カー。かの、リー・アイアコッカ氏が仕掛けた大衆スポーツカーであった。70年代初頭の「マッハ1」を境に、マスタングのイメージが急降下。「そんじょそこらのアメ車クーペ」に成り下がっていった。

そして登場した最新型。最近どこのメーカーでも流行の“原点回帰”を謳った。新型はポニーカーを通り越えて、「マッスルカー復活!」イメージを強烈に推し進めている。
さらに、東南アジア系米国人チーフエンジニア氏の陣頭指揮のもと、V6モデルで2万ドル以下、V8モデルで3万ドル以下という商品コンセプトを貫き、価格競争力を武器に「往年のマッスルカー好き男性」や、「ちょっと風変わりなセクレタリーカーが欲しい女性」など、見るからにアメリカンなヤツラをドンドン囲い込んでいる。

だから、マスタングのテレビCMも派手系が多い。ニューヨーク・ブロンクスあたりの倉庫街で、激しくバーンアウト(!!)。いかにもロングホイールベースFR車らしく、ゆったりとした姿勢のフルカウンターで交差点を立ち上がる。
60代おじいちゃんが助手席、20代前半の孫が運転席。夜中の、とあるパーキングエリア。バーンアウトしながらV8で遊ぶふたり。興奮気味の孫にお爺ちゃんが「もいっちょ、いってみっか!」、とハッパをかける。
そして最近登場の「シェルビーGT500劇走編」。アウトバーンと思しきハイスピードロード、小雨振るなかを全開走行。目の前にあらわれた「ポルシェ・カレラGT」に「邪魔だ、どけ!!」という態度でシフトダウンして全開加速……。

以上、どれもが「ありえねぇー!」ハリウッドっぽい状況設定である。だが、マスタングならここまでやっても、アメリカ人の多くは笑って許してくれるのだ。
マスタングとは、アメリカ人の心のよりどころなのかもしれない。

■アメ車の明日の指南役

話は変わって、日本。

「しいていえば、マスタングぐらい、ですかネ」
外車系月刊誌の編集者がポツリと言う。
「ハマーH2」がブレイクし「クライスラー300C」に飛び火した、日本でのアメ車“プチ”ブーム。その次の候補は、マスタングしかいないようだ。

「環八(東京・環状8号線)あたりで最近、古いアメ車がメッキリ減りました。『所ジョージが長年仕掛けてきた、革ジャン着てるタイプのアメ車好き』が激減ナンですヨ」と、前述の編集者。「でも、名古屋方面に行くと、H2を含めて新しいアメ車がよく売れています。1世代前の『(リンカーン)ナビゲーター』など入荷するとすぐ掃けるそうですから」とも言う。
アメリカのように道幅が広く、さらにトヨタ景気で盛り上がる中京地域は、日本のアメ車一大消費エリア。そこでも、マスタングに火がつきそうな気配があるようだ。

今、多くのアメ車たちが将来の方向性を失いかけている。それは、あまりに日本車や韓国車、さらには欧州車を意識し過ぎるからではないか。アメ車ならアメ車らしく、ドバッと弾けてみてはどうだろう。
デザインもテレビCMも弾けた、新型マスタング。こいつがアメ車の明日を指南する役になりそうだ。

(文=桃田健史(IPN)/2006年10月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

桃田 健史

桃田 健史

東京生まれ横浜育ち米テキサス州在住。 大学の専攻は機械工学。インディ500 、NASCAR 、 パイクスピークなどのアメリカンレースにドライバーとしての参戦経験を持つ。 現在、日本テレビのIRL番組ピットリポーター、 NASCAR番組解説などを務める。スポーツ新聞、自動車雑誌にも寄稿中。