名をあらため「トヨタ・カローラ」フルモデルチェンジ

2006.10.10 自動車ニュース

名をあらため「トヨタ・カローラ」フルモデルチェンジ

トヨタ自動車は、ロング&ベストセラーの「カローラ」およびワゴン「カローラフィールダー」をフルモデルチェンジし、2006年10月10日に発売した。


【写真上】「カローラアクシオ」
【写真下】「カローラフィールダー」

■10代目、セダンはカローラ「アクシオ」として

1966年デビュー、40年経った今では140以上の国・地域で販売され、累計の販売台数が3000万台を超えた、日本の、そして世界のコンパクトカー「カローラ」が、2000年以来のフルモデルチェンジを受け、10代目に突入した。


「私の最初のクルマはカローラだった。思い入れがあるクルマだ。」と語った、トヨタ自動車の渡辺捷昭社長。

新型の最大の特徴は、車名、かもしれない。ワゴンの「カローラフィールダー」はそのままだが、セダンは「カローラアクシオ(Corolla Axio)」とした。ギリシャ語で「価値のあるもの・品質」の意味の「AXIA」からの造語という。

ハードウェア面では、バックモニターをセダン全車に標準装備、カローラフィールダーにはワンタッチ格納リアシートを採用、駐車支援「インテリジェントパーキングアシスト」を用意するなど、実用車としての使い勝手を高めた。

エンジンは1.5リッターと1.8リッターで、5段マニュアルかCVTを組み合わせる。FFと4WDがあるのはいわずもがなだ。




価格は、セダンのカローラアクシオが140.7万円から233.1万円まで、ワゴンのカローラフィールダーは151.2万円から222.6万円まで。
ちょっと落ち着いた年配層に向け、あるいはベーシックなクルマユーザーに向け、月の目標販売台数をそれぞれ6000台、計1万2000台とする。
なお、ハッチバックの「カローラランクス」は、名を「オーリス」とし、間もなくリリースされる予定だ。




■先代とほぼ変わらないサイズ

きわめてオーソドックスなルックスを持つのが新カローラ・シリーズ。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4410×1695×1460-1470mm(ワゴンは全高が1480-1490mm)、ホイールベース=2600mmと、全高が10mm低くなった以外は先代と変わらない。

車内では、特に座面ヒップポイントを下げ、低くなった車高ぶんのヘッドクリアランス確保につとめた。さらにインパネ上部を下げるとともにAピラーをスリム化、前方視界を確保した。

フレーム構造、クッションやシートバックなど、シートは新設計。後席は6:4分割可倒式で、フィールダーのそれは荷室からワンタッチでフルフラット化できる「ワンタッチ格納リアシート」とした。
ワゴンのラゲッジスペースは、たたんだ状態で奥行き1642mm(先代プラス82mm)、5名乗車時だと887mm(マイナス21mm)。幅は1490mm(プラス179mm)とした。


今後トヨタの主力ユニットにもなると思われる、新型の1.8リッターエンジン。

■1.8リッターは新エンジン

エンジンは、1.8リッターが「デュアルVVT-i」(VVT-i=連続可変バルブタイミング機構)付きの新しい「2ZR-FE型」(136ps、17.9kgm)で、実用域の低中速トルクと、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の環境性能がポイント。

1.5リッターは従来と同じ「1NZ-FE型」(110ps、14.3kgm)だが、新採用のCVT「Super CVT-i」との組み合わせで燃費を改善した。

両エンジンでメインとなるCVTは、HDDナビゲーションとの組み合わせで、「NAVI AI-SHIFT制御」を採用。ナビゲーションの道路コーナー情報と車両の道路勾配情報にもとづいた変速制御が行われるという。
また1.8リッターのCVT全車には、シフターを前後することでマニュアル感覚を味わえる「7速スポーツシーケンシャルシフトマチック」が備わる。

10・15モードの燃費は、カローラアクシオ(FF)の1.5リッターで18.2km/リッター、同1.8リッターで17.2km/リッターという。


「カローラフィールダー」の後席を倒した状態

■ハイテク装備

駐車に自信がないドライバーには、車庫入れや縦列駐車を補助する「インテリジェントパーキングアシスト」を用意。さらにアクシオ全車に、5.8インチ液晶ディスプレイ付きのバックモニターを与えた。

また上級グレードには、先行車との車間距離を測り追従走行する「レーダークルーズコントロール」や、衝突不可避な場合に被害低減を図る「レーダー式プリクラッシュセーフティシステム」、旋回時に車両の安定性を確保する「VSC」などハイテク装備を揃えた。

(webCG 有吉)




【carscope】「トヨタ・カローラアクシオ/カローラフィールダー」の写真はこちら

トヨタ自動車「カローラアクシオ」:
http://toyota.jp/corollaaxio/
同「カローラフィールダー」:
http://toyota.jp/corollafielder/

関連キーワード:
カローラ アクシオカローラ フィールダートヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 東京オートサロン2018(トヨタ) 2018.1.12 画像・写真 トヨタ自動車は「東京オートサロン2018」で“カスタマイズブース”を設営し、「クラウン コンセプト」や「ハイエース」をベースにしたコンセプトモデルを展示した。その姿を写真で紹介する。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • 第462回:目指すは2050年の「CO2ゼロ」
    トヨタ電動化技術のこれまでを振り返る
    2017.12.15 エディターから一言 この20年間で、電動化技術の何がどう変わったのか? これからはどんなことを目指していくのか。トヨタが開催したプレス向け説明会の内容を、詳しく報告する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • 東京オートサロン2018展示車両(その14) 2018.1.13 画像・写真 トヨタモデリスタの主役は大胆にカスタマイズされた「トヨタC-HR」。TRDや日野と併せて、各社のブースを写真で紹介する。
ホームへ戻る