軽ナンバー1を目指し(!?)ガラっとイメチェン、「ダイハツ・ムーヴ」一新

2006.10.05 自動車ニュース

軽ナンバー1を目指し(!?)ガラっとイメチェン、「ダイハツ・ムーヴ」一新

ダイハツ工業は、軽乗用車「ムーヴ」「ムーヴカスタム」をフルモデルチェンジし、2006年10月5日に発売した。

■宿敵「スズキ・ワゴンR」を駆逐すべく

長年軽ナンバー1の座を守ってきたスズキが、人気の海外向けコンパクトカーに生産能力を傾けている昨今、「いまだ!」と思ったか思わなかったか、ダイハツは売れ筋軽「ムーヴ」をフルモデルチェンジさせた。

1995、1998、2002年と代を重ねた軽ハイトワゴンは、今回で4代目。宿敵「スズキ・ワゴンR」を駆逐すべく放たれた新型は、いわゆるワンモーションフォルムとなってイメージチェンジを図った。

「三菱i」を超えることはないが、ワゴンRを130mmも突き放すロングホイールベースの新プラットフォーム、広い室内、「エッセ」にも載る「KF-VE型」NAエンジンとCVTの組み合わせによる低燃費化などがセリングポイントだ(CVT車の発売は12月となる)。

幅広い層へ向けた「ムーヴ」(NAのみ)と、スポーティ寄りの「ムーヴカスタム」(NAとターボ)という構成は変わらず。ムーヴのCMに仲間由紀恵、ムーヴカスタムには柴咲コウを起用、コマーシャルにも力を入れる。

価格は、ムーヴが101万8500円から135万9750円まで、ムーヴカスタムは116万5500円から167万4750円まで。
月の目標販売台数は1万2000台。活況を呈する軽市場で、いよいよ1位のポジションに王手か?

■「タント」を上回る車内

丸いフロントとスパっと切れたリア、先代のボクシーなイメージから一転し今風のワンモーション系でキメたのが新ムーヴだ。

全長×全幅×全高=3395×1475×1615〜1630mm、軽規格をほぼフルに使ったボディサイズは変わらないが、ホイールベースは先代を100mmも上回る2490mmとなった。

この上に、広々を謳う車内空間を形成。やはり車内の広さをポイントとする「タント」と比べると、室内長で110mmプラスの2110mm、同幅でプラス50mmの1350mm、前後の乗員間距離で25mm増の1065mmという数値だ(高さのみ、タントに20mm劣り1310mm)。

後席は左右一体式でロングスライド(255mm)。リクライニングレバーを解除してシートバックを倒す「ワンモーション荷室フラット」が自慢だ。また後席のフロアトンネルをなくし足元をフラットにしたのも訴求点となる(ただし2WD車のみ)。

軽自動車初というプッシュボタンスタートを採用。リバースに入れると助手席側のミラーが下向きになる「リバース連動ドアミラー」も軽初という。もちろん、車内のいたるところに収納スペースを設け、日常の足としての使い勝手をアピールする。

エンジンは、NA「KF-VE型」が58ps&6.6kgm、ターボ「KF-DET型」は64ps&10.5kgmというアウトプット。NAには5MT、4AT、CVT、ターボには4ATかCVTを組み合わせる。FFの2WDに加え、もちろん4WDも用意する。

10・15モード燃費だが、最高で23.5km/リッターだが、こちらはNA+5MT車の数値。NA+CVT車はそのマイナス0.5kmとなる。

(webCG 有吉)

ダイハツ工業「ムーヴ」:
http://www.daihatsu.co.jp/showroom/lineup/move/

 
軽ナンバー1を目指し(!?)ガラっとイメチェン、「ダイハツ・ムーヴ」一新の画像

「ムーヴカスタム」
 

	「ムーヴカスタム」
	 


 
軽ナンバー1を目指し(!?)ガラっとイメチェン、「ダイハツ・ムーヴ」一新の画像


 
軽ナンバー1を目指し(!?)ガラっとイメチェン、「ダイハツ・ムーヴ」一新の画像

写真のNAエンジンはCVTとの組み合わせで、23.0km/リッターという燃費(10・15モード)を達成。
 

	写真のNAエンジンはCVTとの組み合わせで、23.0km/リッターという燃費(10・15モード)を達成。
	 

ドアは前後共におよそ90度まで開くことができ、車内へのアクセスをしやすくしたという。
 

	ドアは前後共におよそ90度まで開くことができ、車内へのアクセスをしやすくしたという。
	 


 
軽ナンバー1を目指し(!?)ガラっとイメチェン、「ダイハツ・ムーヴ」一新の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ムーヴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 特集 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
ホームへ戻る