アウディの大型プレミアムSUV「Q7」発売

2006.10.04 自動車ニュース

アウディの大型プレミアムSUV「Q7」発売

アウディ・ジャパンは、アウディ初の大型SUVとなる「Q7」を、2006年10月4日に発表、同月27日に販売をスタートする。4.2リッターV8搭載「Q7 4.2 FSIクワトロ」のみで、価格は945.0万円。

高級SUV市場にアウディが投入するニューモデル「Q7」。老舗ランドローバーの「レンジローバー」、新興ポルシェの「カイエン」をも上回る5メートル超のボディに、3列シート7人乗りパッケージを採用したのが特徴だ。

全長×全幅×全高=5086×1983×1737mm、ホイールベース=3002mmという堂々とした体躯。シングルフレームグリルで近年のアウディ顔をかたちづくった。

車内の2列目シートは個別に前後調整が可能。レッグルームはこのクラス最大級と豪語する。2、3列目シートを折り畳むと、シートを外さない状態でも最大2035リッターのフラットなラゲッジスペースがつくりだせる。

エンジンは、ガソリン直噴4.2リッターV8「FSI」で、350 psと44.9kgmを発生。6段ティプトロニックを介し、お馴染みフルタイム4WD「クワトロ」で四輪を駆動する。

装備面では、音とモニター映像でガイドするリアビューカメラ付きアウディ・パーキングシステムや、左側ドアミラー下に装着するサイドビューカメラなどで、大きなボディでの扱いやすさに配慮。
坂道発進向けのヒルディセントアシストや、「RSP」(ロールスタビリティプログラム)など複数の制御系が一体化された安全システム「ESP」(エレクトロニックスタビリゼーションプログラム)を標準で備える。

サスペンションは、前4リンク、後ダブルウィッシュボーン形式を採用。Q7専用の「オフロード」モード、積載時用の「ローディング」モードなど、計6モードから選べる「アウディ・アダプティブエアサスペンション」をオプション設定した。

(webCG 有吉)

アウディ:
http://www.audi.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • マツダが新型クロスオーバー「CX-8」の外観を公開 2017.7.25 自動車ニュース マツダは2017年7月25日、年内に発売予定の新型3列シート・クロスオーバーSUV「CX-8」の外観を一部公開した。マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現したという。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
ホームへ戻る