アウディの大型プレミアムSUV「Q7」発売

2006.10.04 自動車ニュース

アウディの大型プレミアムSUV「Q7」発売

アウディ・ジャパンは、アウディ初の大型SUVとなる「Q7」を、2006年10月4日に発表、同月27日に販売をスタートする。4.2リッターV8搭載「Q7 4.2 FSIクワトロ」のみで、価格は945.0万円。

高級SUV市場にアウディが投入するニューモデル「Q7」。老舗ランドローバーの「レンジローバー」、新興ポルシェの「カイエン」をも上回る5メートル超のボディに、3列シート7人乗りパッケージを採用したのが特徴だ。

全長×全幅×全高=5086×1983×1737mm、ホイールベース=3002mmという堂々とした体躯。シングルフレームグリルで近年のアウディ顔をかたちづくった。

車内の2列目シートは個別に前後調整が可能。レッグルームはこのクラス最大級と豪語する。2、3列目シートを折り畳むと、シートを外さない状態でも最大2035リッターのフラットなラゲッジスペースがつくりだせる。

エンジンは、ガソリン直噴4.2リッターV8「FSI」で、350 psと44.9kgmを発生。6段ティプトロニックを介し、お馴染みフルタイム4WD「クワトロ」で四輪を駆動する。

装備面では、音とモニター映像でガイドするリアビューカメラ付きアウディ・パーキングシステムや、左側ドアミラー下に装着するサイドビューカメラなどで、大きなボディでの扱いやすさに配慮。
坂道発進向けのヒルディセントアシストや、「RSP」(ロールスタビリティプログラム)など複数の制御系が一体化された安全システム「ESP」(エレクトロニックスタビリゼーションプログラム)を標準で備える。

サスペンションは、前4リンク、後ダブルウィッシュボーン形式を採用。Q7専用の「オフロード」モード、積載時用の「ローディング」モードなど、計6モードから選べる「アウディ・アダプティブエアサスペンション」をオプション設定した。

(webCG 有吉)

アウディ:
http://www.audi.co.jp/

関連キーワード:
Q7アウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.11 試乗記 「アウディQ5」の高性能バージョンである「SQ5」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速5.4秒をマークする、最新スポーツSUVの実力とは? スポーツサスペンションを装着したエキサイティングな一台に試乗した。
  • 谷口信輝の新車試乗――アウディSQ5 2018.4.5 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「アウディSQ5」。354psの3リッターV6 TFSIエンジンを搭載するハイパフォーマンスSUVの走りを堪能する!
  • 谷口信輝の新車試乗――ボルボXC60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション 2018.4.12 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役はボルボのミディアムクラスSUVの「XC60」。そのプラグインハイブリッド版である「T8 Twin Engine」のステアリングを握った。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
  • アウディQ5ファーストエディション(4WD/7AT)/SQ5(4WD/8AT)【試乗記】 2017.10.17 試乗記 アウディのミドルサイズSUV「Q5」がフルモデルチェンジ。新世代プラットフォーム「MLB evo」を採用した新型が、いよいよ日本にも導入された。走りも内外装も大幅にブラッシュアップされた、2代目の出来栄えを報告する。
ホームへ戻る