最高速330km/h超、フェラーリの新型12気筒モデル「599」日本上陸

2006.10.03 自動車ニュース
 

最高速330km/h超、フェラーリの新型12気筒モデル「599」日本上陸

2006年のジュネーブショーで発表された「フェラーリ599」(呼称についてはこちらの記事を参照)が、ようやく日本に上陸する。
2006年10月3日、日本の総代理店となるコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドのショールームにおいて、ニューカーがお披露目された。



 

■575Mマラネロを凌ぐV12ベルリネッタ

「フェラーリ599」は、「575Mマラネロ」の後継となるFRのV型12気筒モデルだ。

サウンドにもこだわったという「エンツォ」由来の6リッターV12エンジンは、最高出力620hp、最大トルク62.0kgmを発生。575Mマラネロの5.75リッターを一気に105psも上回った強心臓である。
0-100km/h加速は3.7秒、最高速度は330km/h以上にもなるという。



 

ディメンションは、全長×全幅×全高=4665×1962×1336mm、ホイールベース=2750mmで、575Mマラネロ(4550×1935×1277mm)よりふたまわりほど大きい。総アルミ製となるスペースフレームボディに、ピニンファリーナの手になる衣を被せた。車両重量は1690kg、Cd値は0.336という良好な数字を見せる。

トランスミッションはセミATの「F1スーパーファーストギアボックス」を搭載。従来の「F1」を発展させたもので、ギアシフトは0.1秒で完了するという。
なお、後日MTモデルもラインナップに追加される予定だ。



 

足まわりには電子制御により磁気で粘度を変化させるダンパーが組み込まれた「SCMサスペンション」を採用。進化したトラクションコントロールの「F1トラック」も組み込まれ、「さらにスムーズなドライビングが可能」と謳われる。

これらエンジン出力や電制ダンパー、トラクションコントロールなどは、車両統合制御をする「マネッティーノ」により管理される。「F430」同様、このマネッティーノにより、ステアリングホイール上に備えられるスイッチで5つのモードを選択することができる。

日本での「F1スーパーファーストギアボックス」販売価格は、3045.0万円と発表された。

(webCG 本諏訪)



 

【carscope】「フェラーリ599」の写真はこちら
【Movie】「フェラーリ599」発表会、V12の咆哮にジャン・トッドもご満悦

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド:
http://www.cornesmotor.com/

関連キーワード:
599フェラーリ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • ポルシェ911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.19 試乗記 複雑で精緻なオープンルーフ機構と、450psの高出力エンジンを備えた「ポルシェ911タルガ4 GTS」。ルックスと走りの両方で他のモデルとの違いを主張するこのクルマは、ポルシェ911シリーズの中でも最高のエンターテイナーだった。
  • 第62回:謎の快音マフラーふたたび(その1) 2017.10.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第62回は「謎の快音マフラーふたたび(その1)」。暑い夏を前に、いったん休んでいたフェラーリ話が復活! 筆者が“赤い玉号”に用意した、新たな戦闘力とは? マフラー作りに賭けるあの工房を訪ねる。  
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記