最高速330km/h超、フェラーリの新型12気筒モデル「599」日本上陸

2006.10.03 自動車ニュース
 

最高速330km/h超、フェラーリの新型12気筒モデル「599」日本上陸

2006年のジュネーブショーで発表された「フェラーリ599」(呼称についてはこちらの記事を参照)が、ようやく日本に上陸する。
2006年10月3日、日本の総代理店となるコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドのショールームにおいて、ニューカーがお披露目された。



 

■575Mマラネロを凌ぐV12ベルリネッタ

「フェラーリ599」は、「575Mマラネロ」の後継となるFRのV型12気筒モデルだ。

サウンドにもこだわったという「エンツォ」由来の6リッターV12エンジンは、最高出力620hp、最大トルク62.0kgmを発生。575Mマラネロの5.75リッターを一気に105psも上回った強心臓である。
0-100km/h加速は3.7秒、最高速度は330km/h以上にもなるという。



 

ディメンションは、全長×全幅×全高=4665×1962×1336mm、ホイールベース=2750mmで、575Mマラネロ(4550×1935×1277mm)よりふたまわりほど大きい。総アルミ製となるスペースフレームボディに、ピニンファリーナの手になる衣を被せた。車両重量は1690kg、Cd値は0.336という良好な数字を見せる。

トランスミッションはセミATの「F1スーパーファーストギアボックス」を搭載。従来の「F1」を発展させたもので、ギアシフトは0.1秒で完了するという。
なお、後日MTモデルもラインナップに追加される予定だ。



 

足まわりには電子制御により磁気で粘度を変化させるダンパーが組み込まれた「SCMサスペンション」を採用。進化したトラクションコントロールの「F1トラック」も組み込まれ、「さらにスムーズなドライビングが可能」と謳われる。

これらエンジン出力や電制ダンパー、トラクションコントロールなどは、車両統合制御をする「マネッティーノ」により管理される。「F430」同様、このマネッティーノにより、ステアリングホイール上に備えられるスイッチで5つのモードを選択することができる。

日本での「F1スーパーファーストギアボックス」販売価格は、3045.0万円と発表された。

(webCG 本諏訪)



 

【carscope】「フェラーリ599」の写真はこちら
【Movie】「フェラーリ599」発表会、V12の咆哮にジャン・トッドもご満悦

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド:
http://www.cornesmotor.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

599の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.7.26 試乗記 車名も新たに、大幅に進化したフェラーリのフル4シーター4WDクーペ「GTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12自然吸気ユニットを高らかに歌わせれば、真に贅沢(ぜいたく)なグランツーリズモとは何なのかが、即座に理解できるだろう。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • メルセデス、新型「Eクラス ステーションワゴン」を発売 2016.11.30 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年11月29日、新型「Eクラス ステーションワゴン」を発表し、同日発売した。ワゴンならではの高い実用性を備えながら、セダンと同様の安全性と快適性を実現しているのが特徴。車両価格は712万~1186万円。
  • アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.11.30 試乗記 アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えた540psのスーパースパイダーは、より快適に進化しただけでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。
ホームへ戻る