【Movie】誰でも一発でバック駐車できる!? これが「ホンダ・ライフ」のパーキングアシスト

2006.10.02 自動車ニュース

【Movie】誰でも一発でバック駐車できる!? これが「ホンダ・ライフ」のパーキングアシスト

軽自動車「ホンダ・ライフ」がマイナーチェンジを受けた。目玉となる、ホンダ車初というパーキングアシスト機能(オプション)を、動画で紹介する。

■“前進”してアシスト

「ライフ」に備わる「Hondaスマートパーキングアシストシステム」は、バック駐車そのものではなく、バックを開始するまでの“前進”を自動アシストするのがミソとなる。

これは、「開始位置さえわかれば、バック駐車は誰でも一発でキメられる」という考えによるものだ。

具体的には
(1)駐車したい場所の傍らでクルマの位置を合わせて、アシスト機能をスタート
(2)クルマは、クリープと自動操舵で理想的な「バック駐車の開始位置」まで前進
(3)音声ガイドにしたがって、ドライバー自らハンドルを操作しながらバック開始
という順で、無事、駐車は完了する(はず)。

カメラやバックモニターなどの機器に頼らないため、オプションで5万2500円と低価格なのもポイントで、さらに駐車に不安な向きには、リアの「コーナーセンサー」が2万7300円で用意される。

■基本的な操作方法

(webCG 関)

本田技研工業「ライフ」:
http://www.honda.co.jp/LIFE/

【Movie】誰でも一発でバック駐車できる!? これが「ホンダ・ライフ」のパーキングアシストの画像

操作は“半マニュアル式”だから、素早い駐車も慣れかた次第。本田技術研究所の馬場弘幸氏は、30秒以内でサラリとお手本をキメた。

操作は“半マニュアル式”だから、素早い駐車も慣れかた次第。本田技術研究所の馬場弘幸氏は、30秒以内でサラリとお手本をキメた。

アシストは左右のバック駐車と縦列駐車、それぞれのモードが用意される。どれも、基本的な操作手順は同じだ。

アシストは左右のバック駐車と縦列駐車、それぞれのモードが用意される。どれも、基本的な操作手順は同じだ。

関連キーワード:
ライフホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-BOX 2017.8.31 画像・写真 トールワゴンタイプではもちろん、軽自動車全体でも“ナンバーワン”の販売台数を誇るホンダの人気モデル「N-BOX」がフルモデルチェンジを受けた。一新された内外装やスーパーロングスライド機構付きの助手席など、新型のディテールを写真で紹介する。
  • 「ホンダN-BOX」がフルモデルチェンジ 2017.8.31 自動車ニュース ホンダの軽トールワゴン「N-BOX」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、新開発のプラットフォームを採用するなど、車両のすべてを従来モデルから一新。助手席ロングスライド機構をはじめ、さまざまな新機軸が取り入れられている。
  • ホンダN-BOXプロトタイプ/N-BOXカスタム プロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真 軽乗用車初のシーケンシャルウィンカーなど、他のモデルにはないディテールが目を引く新型「ホンダN-BOXカスタム」。クロームメッキで飾られたボディーや、黒を基調としたインテリアなど、標準車とは一味違うその姿を写真で紹介する。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2017.8.25 試乗記 MINIクロスオーバーに追加された新グレードにして、MINI一族にとって初のプラグインハイブリッド車である「MINIクーパーS EクロスオーバーALL4」。前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動する独自のパワープラントがもたらすドライブフィールをリポートする。
ホームへ戻る