【F1 2006】第16戦中国GP、シューマッハー見事な勝利でアロンソと同点、チャンピオンシップ逆転に成功

2006.10.02 自動車ニュース

【F1 2006】第16戦中国GP、シューマッハー見事な勝利でアロンソと同点、チャンピオンシップ逆転に成功

F1世界選手権第16戦中国GPが、2006年10月1日、上海インターナショナル・サーキット(5.451km)を56周して行われた。

雨に翻弄された予選でルノーがフロントローを独占。やはりウェットにたたられたレースでは、序盤に大幅なリードを築いたフェルナンド・アロンソ(ルノー)に相次いで不運が襲いかかった。
結果、6番グリッドから徐々にポジションをあげてきたミハエル・シューマッハー(フェラーリ)が見事に優勝。今シーズン7勝目、通算91勝目を飾った。

勝てたはずのレース、最初のピットストップで交換したタイヤに足を引っ張られ、2度目のピット作業でナットがはまらず、それでも最速ラップでシューマッハーにプレッシャーをかけ続けたアロンソが2位でゴールした。

アロンソ対シューマッハー、ふたりの間の2点の差はなくなり、両者とも116点だが、勝利数で1勝上回るシューマッハーがアロンソを抜き、ランキング首位に躍り出た。

タイトル2連覇を目指すアロンソ、8度目の栄冠をもって引退したいシューマッハーのガチンコ勝負が、日本、ブラジルの残り2戦で繰り広げられることになる。

3位はチームプレイに徹したジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)。ルノーは2-3フィニッシュでコンストラクターズランキングトップの座を奪還した。

ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)が最終ラップまで4位を走行していたが、最後の最後に混乱に巻き込まれスピン。直後のマシンが漁夫の利を占めた。ジェンソン・バトン(ホンダ)が4位、ペドロ・デ・ラ・ロサ(マクラーレン・メルセデス)5位、ルーベンス・バリケロ(ホンダ)6位、そしてハイドフェルドは7位。最後の1点は、8位マーク・ウェバー(ウィリアムズ・コスワース)が手に入れた。

トヨタの2台、ラルフ・シューマッハー、ヤルノ・トゥルーリともメカニカルトラブルでリタイア。
スーパーアグリ・ホンダは、佐藤琢磨が14位でゴールラインを通過したが、レース後、ハイドフェルド周辺の混乱を招いたとして失格を言い渡された。山本左近は16位でGP初完走を果たした。

■雨とタイヤとタイトル争い

フェラーリのブリヂストン・レインタイヤと路面状況がマッチせず、幸運にもフロントローを独占したルノー。得意のスタートを決め、2位のチームメイトに後続を抑えてもらいながら1周1秒以上速いラップタイムを刻み、一時は25秒ものリードを築いたアロンソが、最大のライバルに勝利を奪われた。

ボタンのかけ違いは、最初のピットストップ前に起きていた。アロンソのミシュラン雨タイヤ(インターミディエイト)フロントが予想以上に早く磨耗し始め、コースオフするなど徐々に足元がおぼつかなくなってきた。

20周前後で最初のピット作業に取りかかる各車。ドライタイヤには時期尚早、しかし路面は徐々にだが乾き出している状況に、多くはスタート時のレインタイヤを継続使用する作戦をとった。使い古しのレインタイヤは、トレッドパターンが削れスリックに近くなっているためだ。

上位陣のなかで、アロンソはこのタイヤ継続作戦をとれなかった。22周目、交換したミシュランウェット(前)は、アロンソのペースを著しく落とすほどの“ハズレ”で、序盤かせいだマージンは僅か数周のうちに消えた。

2位は僚友フィジケラ、そしてその真後ろには、なんと6番グリッドから着々とポジションをあげてきたシューマッハーが迫っていた。
予選ではブリヂストンタイヤに足を引っ張られたシューマッハー/フェラーリは、レースが進行するにつれてペースを速め、8周目に5位、13周目に4位、17周目に3位へと歩を進めていたのだ。

数秒もペースが遅い1位アロンソと、2位フィジケラ、3位シューマッハーが団子状態。難しい状況に立たされたルノーは、30周目、フィジケラを前に行かせ、先を急がせた。程なくしてアロンソはシューマッハーにも先行され、3位へと落ちた。

■シューマッハー、事実上のランキングトップへ

その後は、シューマッハーの真骨頂ともいうべき展開。残り16周でドライタイヤへスイッチすると、まだ乾ききっていない路面で素晴らしいアウトラップを決め、次周、ピット作業を終えたばかりのフィジケラを1コーナーで逆転し、首位を奪った。

前戦イタリアGP、今季限りで引退することを表明したシューマッハーだが、まだまだ力衰えず、見事な勝利を飾った。
これでポイントではアロンソと並び116点。今年7勝目を手に入れたシューマッハーは勝利数でアロンソを1勝上回るため、事実上のランキングトップの座についたことになる。

レース後、会心の笑みを見せるシューマッハー、かたい表情のアロンソ。勢いは、8度目のタイトル奪取に意欲をみなぎらせるシューマッハーにあるように思える。しかし、終盤ファステストラップを連発したアロンソのルノーも復調の兆しを見せている。

残り2戦で勝ち得る20点を誰がどれだけポケットに収められるか。最終戦までもつれこみそうなタイトル争いの次戦は、10月8日、20回目の鈴鹿・日本GPとなる。

(webCG 有吉)


いっぽう、憮然とした表情の2位フェルナンド・アロンソ(左)。3位ジャンカルロ・フィジケラ(右)の“献身的な”チームプレイがあっても、不運を跳ね返すことができなかった。
しかし、シーズン中盤から(マスダンパー禁止のあおりを受け)不振に陥っていたルノーは、ハイペースを取り戻しつつある。残り2戦の新旧チャンピオン対決が熾烈を極めることは必死だ。(写真=Renault)


水飛沫をあげて各車一斉にスタート。フロントローのルノーはゆうゆうと1コーナーを1-2で通過したが……。(写真=Renault)


ブリヂストンタイヤのウェットでのパフォーマンスに躓きながらも、ちゃんと勝利を収められるのがシューマッハー/フェラーリの強さ。過去7戦で5勝と波に乗った状況で、8度目のタイトル獲得にのぞむ。(写真=Ferrari)


4位ジェンソン・バトン(写真)、6位ルーベンス・バリケロとダブル入賞、ホンダの中国GPはまずまずの結果だった。しかし、4番グリッドのバトンはスタート後、タイヤの磨耗に苦しみ始め後退。5位まで挽回して迎えたファイナルラップ、4位ニック・ハイドフェルドをバトンがオーバーテイク、その隣ではハイドフェルドがバリケロに追突されて……という混乱で得たダブル入賞でもある。(写真=Honda)


スーパーアグリの山本左近、デビュー5戦目でようやく初完走、17位でゴールしたのだが、チームメイトの佐藤琢磨の失格で繰り上げ16位フィニッシュとなった。佐藤は、14位走行中のファイナルラップ、ハイドフェルドを先頭とした4位争いの集団をブロックしたということで失格が言い渡された。重い裁定は、4月のオーストラリアGPで既に同様の注意を受けていたため、という。
最終周、5位バトンが4位ハイドフェルドを抜きにかかった。ハイドフェルドは目の前に佐藤がいて行き場を失い、背後からバリケロに追突されスピンして終わった。(写真=Honda)


ラルフ・シューマッハー(写真後ろ)16番グリッド、ヤルノ・トゥルーリ(前)17番グリッドと不調なスタートを切ったトヨタ勢。ラルフは油圧系、ヤルノはエンジンにトラブルが発生し、両車ともリタイアに終わった。(写真=Toyota)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。