新型「アルファ・スパイダー」発売

2006.09.29 自動車ニュース

新型「アルファ・スパイダー」発売

フィアット・オート・ジャパンは、アルファ・ロメオの2シーターオープン「アルファ・スパイダー」の新型を、2006年10月14日に発売する。




1994年デビュー、日本には1996年に上陸した「アルファ・スパイダー」が、長いライフスパンにピリオドを打ち一新された。
GMとの提携から生まれたセダン「159」、クーペ「ブレラ」という新世代アルファと同じ流れにいる2シーターオープンが、新しいスパイダーである。

日本モデルは、2.2リッター直噴JTSエンジン+6段MTの「2.2 JTSプログレッション」(459.0万円)と、上級装備を奢った「2.2 JTSディスティンクティブ」(486.0万円)、そして3.2リッター直噴JTSのV6ユニット+6段MTに4WD「Q4」を組み合わせた「3.2 JTS Q4ディスティンクティブ」(607.0万円)の計3車種だ。

(webCG 有吉)




アルファ・ロメオ:
http://www.alfaromeo-jp.com/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2016.2.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【レビュー】 2016.1.29 試乗記 アルファ・ロメオのコンパクトなミドシップスポーツカー「4C」に、オープンエアモータリングを楽しめるロールトップの「スパイダー」が登場。オープンモデルならではのスタイリングや、クーペからのドライビングフィールの変化について報告する。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
ホームへ戻る