スマートとウニモグが合体!新型スマート「フォーファン」

2006.09.27 自動車ニュース

スマートとウニモグが合体!新型スマート「フォーファン」

超コンパクトカーの「スマート・フォーツー」と、多目的自動車「ウニモグ」が合体、「スマート・フォーファン2(forfun2)」なるものがあらわれた! しかし、もちろん市販される予定はない。

両車ともダイムラー・クライスラー系ということで、いわば親戚のような間柄。とはいえまったく正反対のクルマを組み合わせるというのは斬新なアイディアだ。

ギリシャの4×4ラリーチャンピオンが加わり開発が進められたというフォーファン。スマートのボディを、ウニモグ406シリーズにドッキングさせた、いわば宣伝用のワンオフモデルである。

エンジンはウニモグ用5.7リッター直6ディーゼルで、スマート用ディーゼルの倍以上、84bhpを発生する。

対地クリアランスは約60センチ、タイヤは26インチリムにはまり、全高は3.6メートルもある巨漢。巨大タイヤに加え、アルミのセーフティケージ、マニュアルコントロールできるエアサスペンションなどで“武装”した。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • 「アウディQ3」が、よりスポーティーなデザインに 2017.3.6 自動車ニュース アウディがSUV「Q3」の仕様を一部変更。「1.4 TFSIスポーツ」「2.0 TFSIクワトロ」の2グレード、およびオプションである「Sラインパッケージ」「Sラインエクステリアパッケージ」に、よりスポーティーな新デザインのバンパーを採用した。
  • 最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場 2016.12.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのハイパフォーマンスモデル「スマートBRABUS」を発表し、注文受け付けを開始した。エンジン、トランスミッションなどにチューニングが施されるほか、内外装には専用装備が装着される。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
ホームへ戻る