スマートとウニモグが合体!新型スマート「フォーファン」

2006.09.27 自動車ニュース

スマートとウニモグが合体!新型スマート「フォーファン」

超コンパクトカーの「スマート・フォーツー」と、多目的自動車「ウニモグ」が合体、「スマート・フォーファン2(forfun2)」なるものがあらわれた! しかし、もちろん市販される予定はない。

両車ともダイムラー・クライスラー系ということで、いわば親戚のような間柄。とはいえまったく正反対のクルマを組み合わせるというのは斬新なアイディアだ。

ギリシャの4×4ラリーチャンピオンが加わり開発が進められたというフォーファン。スマートのボディを、ウニモグ406シリーズにドッキングさせた、いわば宣伝用のワンオフモデルである。

エンジンはウニモグ用5.7リッター直6ディーゼルで、スマート用ディーゼルの倍以上、84bhpを発生する。

対地クリアランスは約60センチ、タイヤは26インチリムにはまり、全高は3.6メートルもある巨漢。巨大タイヤに加え、アルミのセーフティケージ、マニュアルコントロールできるエアサスペンションなどで“武装”した。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スマート・フォーツー/フォーフォー」ターボモデルの発表会場から 2016.8.3 画像・写真 コンパクトカー「スマート・フォーツー/フォーフォー」のターボエンジン搭載モデルが、3車種そろってデビュー。2016年8月3日から、順次販売が開始される。「Mercedes me Tokyo HANEDA」で開催された、発表会の様子を写真で紹介する。
  • 最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場NEW 2016.12.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのハイパフォーマンスモデル「スマートBRABUS」を発表し、注文受け付けを開始した。エンジン、トランスミッションなどにチューニングが施されるほか、内外装には専用装備が装着される。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売 2016.11.9 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車である。
ホームへ戻る