【スペック】E550アバンギャルドS:全長×全幅×全高=4880×1820×1465mm/ホイールベース=2855mm/車重=1820kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8DOHC32バルブ(387ps/6000rpm、54.0kgm/2800〜4800rpm)/価格=1035万3000円(テスト車=同じ)

メルセデス・ベンツE550アバンギャルドS(FR/7AT)/E350ステーションワゴン アバンギャルドS(FR/7AT)【試乗記】

期待に応える実力派 2006.09.26 試乗記 メルセデス・ベンツE550アバンギャルドS(FR/7AT)/E350ステーションワゴン アバンギャルドS(FR/7AT)……1035万3000円/909万3000円ディーゼル車を導入したことで注目されるメルセデス・ベンツ「Eクラス」。外装デザインや足回り、ラインナップが変更された新型のセダン、ワゴンモデルに試乗。それぞれの印象を報告する。
内装写真は、いづれも「E550アバンギャルドS」
 
【スペック】
E350ステーションワゴン アバンギャルドS:全長×全幅×全高=4920×1820×1500mm/ホイールベース=2855mm/車重=1850kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(272ps/6000rpm、35.7kgm/2400〜5000rpm)/価格=909万3000円(テスト車=同じ)
 

見た目はあまり変わらず

日本では、久々のディーゼル車投入に関心が集まるEクラスのマイナーチェンジだが、当然それ以外にも見逃せない部分は多い。

まず、エンジンラインナップが一部変わり、従来からの3リッターV6DOHC(グレード名はE300に変更)、3.5リッターV6DOHCに加えて、すでにSクラスに採用される5.5リッターV8DOHCと、AMG製の6.2リッターV8、そして、3リッターV6ディーゼルの5つが用意されることになった。トランスミッションは、E350のフルタイム4WDモデル「E350 4MATIC」に5段AT、それ以外の後輪駆動モデルには7段ATが組み合わされる。

このほか、4段階のテーマで安全性を確保する「PRO-SAFE(プロセーフ)」コンセプトをこのEクラスにも導入し、安全性向上に努めている。

一方、外観は基本的なフォルムは変わらないままで、フロントグリルの先端がやや尖った形状になり、ヘッドランプ上部のターンシグナル部に3本のフィンデザインが施されたのが新型の特徴である。どちらかといえば、外見より中身の進化に重点が置かれた今回のマイナーチェンジ。そのリニューアルしたEクラスから、今回は、E550とE350ステーションワゴンに試乗した。


 

 

 

身構えずに乗れるスポーツモデル

先に乗ったのはE550アバンギャルドS。E63 AMGに次ぐ高級モデルだ。用意される仕様は「アバンギャルドS」のみで、もともとスポーティなアバンギャルドに、日本市場向けにAMGデザインの18インチアルミホイールやフロントスカート/リアスカートを加えたのが特徴。さらに、ホワイトステッチ入りのレザーシートやパドルシフトなどを標準装着している。

そんな、見るからにスポーティなE550だが、走り始めた瞬間、あまりの乗り心地の良さに驚いてしまった。18インチを履くのが信じられないくらい、タイヤの硬さや重さといったものを感じさせないし、路面の荒れも見事にシャットアウトしてしまう。その快適さはスピードを上げても変わらない。場合によってはゆっくりとした周期の上下動が感じられるものの、快適さが損なわれるほどではない。

これを支えているのが、E550に標準の「AIRマチックDCサスペンション」だ。ここまでは、もっとも快適な“コンフォート”モードを選んで走ってきたが、試しに“スポーツ1”に切り替えると上下動を抑えたピシッとした挙動に変わり、コーナーではロールが低減、それでいて一般道の乗り心地はさほど悪化しない。さらに“スポーツ2”にすれば、多少路面の凹凸を伝えてくるようになるが、コーナリングの安定感は格段にアップする。ダイレクト感が増したステアリングとあいまって、クルマとの一体感が味わえる。スポーツモードのお世話になる機会は少ないかもしれないが、コンフォートモードの快適さだけでも、AIRマチックDCサスペンションの価値は十分にあると思う。

5.5リッターV8は、2800rpmから4800rpmの回転域で最大トルクの54.0kgmを発揮するが、それ以下の回転数でも、実に豊かなトルクを絞り出す。しかも、エンジンは極めてスムーズで静粛性は高く、高級サルーンには申し分のない。一方、積極的なドライビングを試みると、おとなしいだけのエンジンでないことはすぐにわかる。フルスロットルをくれてやると、回転計の針が4000rpmあたりからレブリミットに向かう途中で背中が押しつけられるような加速を覚え、それまでのジェントルさが嘘のように思えた。

5.5リッターV8エンジン
 

 

 

主力モデルの面目躍如

E550同様、後輪駆動のE350ステーションワゴンもまたアバンギャルドS仕様のみのラインナップで、エクステリア、ホイール、タイヤ、シートなどはE550アバンギャルドS同様の豪華さを誇っている。ただし、AIRマチックDCサスペンションは非装着で、オプションリストにも載っていない。そしてその差は歴然、E550に比べると乗り心地はやや硬めになり、目地段差を越えたときのショックも遮断しきれない。それでも、18インチタイヤを履くにしては十分な快適さを備え、コーナーで落ち着いた挙動を示すのには好感が持てる。ただ、欲をいえば、コンフォート性を重視する人のために、“S”でない仕様か、あるいはAIRマチックDCサスペンション装着車があったらいいと思った。

エンジンはマイナーチェンジ前から用意され、高い評価を受けてきた3.5リッターV6。さすがにE550から乗り換えた直後は、低回転で物足りない感じがしたのだが、もちろん、1850kgにおよぶワゴンボディを動かすには十分な実力で、さらに、その気になってスロットルペダルを踏み込めば、4000rpmあたりから力強く、かつ、一気にレブリミットまで吹け上がる気持ちよさを誇る。

想像以上の快適さとスポーツサルーンにふさわしい速さを兼ね備えたE550。Eクラスに求められるものをバランスよく身につけたE350。いずれも、メルセデスの中核モデルにふさわしい魅力がぎっしりと詰め込まれているという印象だ。そして、あらゆるシーンをそつなくこなす実力は、ドライバーの期待に必ずや応えてくれるに違いない。

(文=生方聡/写真=峰昌宏/2006年9月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • 新型「Eクラス」初のAMGモデルが日本上陸 2016.10.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年10月6日、新型「Eクラス」のモデルラインナップに「メルセデスAMG E43 4MATIC」を追加設定し、注文受け付けを開始した。新型Eクラスとしては初のAMGモデルとなる。3リッターV6直噴ツインターボエンジンは、最高出力401ps、最大トルク53.0kgmを発生する。
ホームへ戻る