モントーヤ、2007年NASCARフル参戦に向けて、ストックカーテスト開始

2006.09.26 自動車ニュース

モントーヤ、2007年NASCARフル参戦に向けて、ストックカーテスト開始

NASCARへの転向を表明していたファン・パブロ・モントーヤだが、F1マクラーレンチームとの契約からやっとリリースされ、晴れてストックカーのテストを開始した。

初テストは2006年9月25日、アラバマ州タラデガ・スーパースピードウェイ(1周4.62km、最大バンク33度)で行われた。
マシンはNASCARネクステルカップとほぼ同じレギュレーションで競われている、ARCAリーマックスシリーズ用を使用した(タイヤはNASCARがグッドイヤー、ARCAはフージャー)。

モントーヤが所属するチップ・ガナッシ・レーシングでは、インディカーから同チームに転向したケーシー・メアーズにもストックカーレースの訓練用としてARCAに参戦させた経緯がある。
今回のタラデガでのテストは、07年NASCARネクステルカップ開幕戦デイトナ500のための自主トレーニングの意味合いが大きい。

また、モントーヤは06年中に、NASCARネクステルカップ、または同ブッシュ・グランドナショナルカップにスポット参戦する可能性もあるといわれている。

(文=桃田健史(IPN))

モントーヤ、2007年NASCARフル参戦に向けて、ストックカーテスト開始の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。