ホンダの次世代燃料電池車「FCXコンセプト」、2008年限定販売

2006.09.25 自動車ニュース

ホンダの次世代燃料電池車「FCXコンセプト」、2008年限定販売

本田技研工業は、新しい燃料電池車「FCXコンセプト」を、2006年9月25日に公開した。2008年、同車ベースのモデルを日米で限定販売する予定。

これまで(実験的な)燃料電池車といえば、SUVやミニバン系の比較的大柄なボディを持つものが多かったが、ホンダの新しい「FCXコンセプト」は、低床・低全高・ショートノーズパッケージを特徴とする。

燃料電池スタックをセンタートンネル内に配置する「Vフロー FCプラットフォーム」を採用。燃料電池スタック自体も現行「FCX」より容積で20%、重量で30%低減とコンパクト化を進めつつ、最大出力を14kW向上させたものとした。

さらに駆動モーターも出力を15kW高め、ギアボックスとの同軸化により小型化。パワープラント全体では、現行型から約180kgダイエット、容積は約40%低減したという。

燃料電池スタックでは、従来では水素や生成された水を水平に流す方式としていたが、FCXコンセプトでは垂直に流す方式とし、生成水の排出性を重力を利用することで大幅に向上させたのもポイントという。

2008年、日米でこのコンセプトをベースとした新型燃料電池車の限定販売をスタートさせるという。

(webCG 有吉)

ホンダの次世代燃料電池車「FCXコンセプト」、2008年限定販売の画像

新開発の「Honda FCスタック」

新開発の「Honda FCスタック」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。