【スペック】全長×全幅×全高=4850×1795×1460mm/ホイールベース=2880mm/車重=1640kg/駆動方式=FR/2.6リッターV6DOHC24バルブ(182ps/6000rpm、24.9kgm/3400rpm)/車両本体価格=495.0万円(テスト車=同じ)

キャディラックCTS 2.6(5AT)【試乗記】

底力と方向性 2003.05.29 試乗記 キャディラックCTS 2.6(5AT)……495.0万円高級セダンのキャディラックブランドに新しくラインナップされた「CTS」。新開発の「シグマアーキテクチャー」を採用したFRモデルだ。春爛漫の4月某日、日欧市場向けの2.6リッターモデルに、CG記者が試乗した。

GMの野望

ヨーロッパ車が実は大好きで、そういうクルマにずっと憧れていて、いつか自分たちでもつくってみたい、自分たちにだってああいうクルマはつくれるんだ、そう思っていたアメリカ人がやっとの思いでつくったクルマ、というのが「キャディラックCTS」に乗って最初に感じた印象だった。

実際は、GMの高級車ディビジョンであるキャディラックを、アメリカ国内だけでなくヨーロッパやアジアでも拡販していきたいというGMの野望を担ったクルマである。ニュルブルクリンクを走り込んでサスペンションのセッティングを行なったなんてことを売り文句にしていることからも、ヨーロッパ車の、特にドイツ車を相当意識して開発したことが見て取れる。だから、ドロドロしたエンジンにフワフワした乗り心地のキャディラックこそ真のキャディラックであると思っている方の期待は、ことごとく裏切られることになるのでご注意を。

My First Cadillac

キャディラックの販売台数を増やすこと以外にもCTSに課せられた任務がある。それは顧客の平均年齢を下げること。現在のキャデラックの顧客平均年齢は限りなく60歳に近いという。つまり人生最後のクルマとしてキャディラックを選ぶ人が多いわけだ。それ自体、とっても光栄なことではあるけれど、できればキャディラックを何台が乗り継いでから終わりにして欲しい、というのがGMの願い。40歳代、欲を言えば30歳代後半の人に「My First Cadillac」として買ってもらえるようなクルマがキャディラックにあってもいいのではないか、そんな思いがこのCTSには込められているのである。

ターゲットはメルセデスのCクラスやBMW3シリーズあたりを欲しがる人たち。そうなると価格は500万円前後。でもなんらかの分かりやすい優位性を持たせたい。そこで価格は「Cクラス」や「3シリーズ」と同じレンジに設定し、ボディサイズをひとつ上のクラスの「Eクラス」や「5シリーズ」と同等とした。ただし、キャディラックにはこの手のサイズのシャシーの持ち合わせがないし、「Cクラス」や「3シリーズ」と競うならばそれなりの操縦性が不可欠となる。キャディラックは大英断を下しましたね。まったく新しいFR(後輪駆動)のシャシーをつくりあげたのである。







いい意味裏切り者

日本仕様は3.2リッターと2.6リッターのいずれもV6エンジンを搭載した2モデル。装備の違いはナビゲーションが標準か否かとその他少々。本革シートは両車に標準装備である。今回試乗したのは495万円の2.6リッター版だった。
インテリアの意匠は、ヨーロッパ車や日本車では絶対にお目にかかれない、なんとも斬新なもの。とにかくスイッチの数が多いことと、プラスチックの質感が低いことが気になる。CDを聞いていて次の曲に飛ばしたい時に触るスイッチは3カ所(センターコンソール上部にひとつ、中部に2カ所)もいらいないでしょう。プラスチックの質感は場所によってはトヨタ・ヴィッツのレベルだった。

こういうところは想像通りだったが、走った印象はいい意味で期待を大きく裏切られるものだった。
とにかくボディは強靱である。大きな段差を乗り越えてもみしりともしない。お見事。低速域ではゴツゴツした乗り心地とボディの重さが気になってあまりいい印象を受けないのだが、速度を増すにつれてどんどんよくなっていく。重いと感じていたステアリングは適度な手応えに変わりロードインフォメーションも充分。直進安定性にも優れていた。フロントがダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンクのサスペンションはスムーズに動き剛性感も高い。「ソリッド」という言葉がふさわしい味付けである。
182ps、24.9kgmのエンジンは高回転までよく回り、動力性能に不満はない。何より、5段ATのできが秀逸。シフトアップもダウンも切れがあって気持ちがよかった。
総じてCTSは悪くない。むしろとてもいい。キャディラック部門の底力と今後の方向性を知らされた1台だったが、昔のようなアメリカンなキャディラックも引き続きつくって欲しいと思います。

(文=渡辺慎太郎/写真=郡大二郎/2002年4月) 
※筆者は、2003年4月にCG編集部を退職しました。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTSセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る