新型「BMW 3シリーズ・クーペ 335i」日本上陸

2006.09.21 自動車ニュース
 

新型「BMW 3シリーズ・クーペ 335i」日本上陸

BMWジャパンは、「BMW 3シリーズ・クーペ」を7年ぶりにフルモデルチェンジさせ、2006年9月23日に発売する。



 

■直噴ターボという新機軸

既報のとおり、新しい4座の3クーペ「335i」(701.0万円)の目玉は、新開発の直噴ツインターボユニットだ。

NAにこだわってきたBMWが送る新機軸は、3リッター直6エンジンに、高精度インジェクションを可能とするピエゾインジェクターと、ターボラグに配慮した小型ターボチャージャー2基を組み合わせ、4リッタークラスのパワーと3リッタークラスと同等の燃費の両立を狙ったもの。
3シリーズ最高と謳われるパワーは306ps/5800rpm、トルクは40.8kgm/1300-5000rpmというアウトプットを誇る。



 

トランスミッションは新開発の6段オートマチックでマニュアル・シフト機能(ステップトロニック)付き。高効率ハイドロリック・ユニットや新型トルクコンバーター、効率の高いソフトウェアを合体させた、レスポンスのいいギアボックスという。0-100km/h加速は5.7秒だ。

ボディパネルはセダンと共有するものなし。フロント・サイド・パネルに合成樹脂素材を使用し前部の重量を軽くするなど、細部にわたりこだわりをみせる。ボディシェルはセダンよりも約10kg軽いとされる。
サイズは、全長×全幅×全高=4590×1780×1380mm、ホイールベース=2760mm。セダン比約-50mmの低い姿勢が特徴だ。



 

車内では、フロントから連続してリア・シート・ベンチまで伸びるセンター・コンソールがポイント。レザーインテリア、前席シート・ヒーティング/電動シートベルト・ハンドオーバー/電動ランバー・サポート、2ゾーン&後席温度調節機能付きオートマチック・エアコン、「iDrive」コントローラーなど装備を盛り込み、上級車っぷりをアピールする。トランク容量は、430リッターという。

さらに、進む方向に光を当てる「アダプティブ・ヘッドライト」や、走行状況に応じてステアリングのギア比を変化させる「アクティブ・ステアリング」なども用意する。

(webCG 有吉)



 

BMW:
http://www.bmw.co.jp/

関連キーワード:
3シリーズ クーペBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
ホームへ戻る