新型「BMW 3シリーズ・クーペ 335i」日本上陸

2006.09.21 自動車ニュース
 

新型「BMW 3シリーズ・クーペ 335i」日本上陸

BMWジャパンは、「BMW 3シリーズ・クーペ」を7年ぶりにフルモデルチェンジさせ、2006年9月23日に発売する。



 

■直噴ターボという新機軸

既報のとおり、新しい4座の3クーペ「335i」(701.0万円)の目玉は、新開発の直噴ツインターボユニットだ。

NAにこだわってきたBMWが送る新機軸は、3リッター直6エンジンに、高精度インジェクションを可能とするピエゾインジェクターと、ターボラグに配慮した小型ターボチャージャー2基を組み合わせ、4リッタークラスのパワーと3リッタークラスと同等の燃費の両立を狙ったもの。
3シリーズ最高と謳われるパワーは306ps/5800rpm、トルクは40.8kgm/1300-5000rpmというアウトプットを誇る。



 

トランスミッションは新開発の6段オートマチックでマニュアル・シフト機能(ステップトロニック)付き。高効率ハイドロリック・ユニットや新型トルクコンバーター、効率の高いソフトウェアを合体させた、レスポンスのいいギアボックスという。0-100km/h加速は5.7秒だ。

ボディパネルはセダンと共有するものなし。フロント・サイド・パネルに合成樹脂素材を使用し前部の重量を軽くするなど、細部にわたりこだわりをみせる。ボディシェルはセダンよりも約10kg軽いとされる。
サイズは、全長×全幅×全高=4590×1780×1380mm、ホイールベース=2760mm。セダン比約-50mmの低い姿勢が特徴だ。



 

車内では、フロントから連続してリア・シート・ベンチまで伸びるセンター・コンソールがポイント。レザーインテリア、前席シート・ヒーティング/電動シートベルト・ハンドオーバー/電動ランバー・サポート、2ゾーン&後席温度調節機能付きオートマチック・エアコン、「iDrive」コントローラーなど装備を盛り込み、上級車っぷりをアピールする。トランク容量は、430リッターという。

さらに、進む方向に光を当てる「アダプティブ・ヘッドライト」や、走行状況に応じてステアリングのギア比を変化させる「アクティブ・ステアリング」なども用意する。

(webCG 有吉)



 

BMW:
http://www.bmw.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • アルファ・ロメオ、新型「ジュリア」を9月6日に発売 2017.8.10 自動車ニュース FCAジャパンが新型「アルファ・ロメオ・ジュリア」を9月6日に発売する。ジュリアはアルファ・ロメオにとって久々のFRのスポーツセダンで、2015年6月にイタリアで発表されている。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
ホームへ戻る