【スペック】全長×全幅×全高=4570×1695×1545mm/ホイールベース=2740mm/車重=1380kg/駆動方式=FF/2リッター直4SOHC16バルブ(150ps/6200rpm、19.4kgm/4200rpm)/価格=203万7000円(テスト車=257万2500円/Honda HDDインターナビシステム=26万2500円/ディスチャージヘッドライト=6万3000円/コンフォートビューパッケージ=3万1500円/VSA=7万3500円/スマートキーシステム=7万3500円/プレミアムホワイトパール=3万1500円)

ホンダ・ストリームG (FF/CVT)【試乗記】

ミニバンの非常識 2006.09.20 試乗記 ホンダ・ストリームG (FF/CVT)……257万2500円フルモデルチェンジによりスタイリング、ハンドリング共に進化した「ホンダ・ストリーム」。背の高さを感じさせないスポーティな走りを手に入れた新型だが、乗り心地についてはまだ気になるところがある。

上手いところを突いてきた

悩めるミニバンオーナーやオーナー予備軍にとって、新型ストリームの登場はまさに“上手いところを突いてきた”タイムリーヒットである。ホンダお得意の低床プラットフォームによりミニバンを背の高さから解放することで、スタイリッシュなフォルムを手に入れ、駐車場の制約を逃れ、さらにはスポーティな走りを手に入れた……というのだから。

実際、新型ストリームは、ちょっと背が高いステーションワゴンという感じの2ボックスデザインで、旧型にも増してミニバン色が薄まったのは確か。そして、全高を抑えたことにより、ほとんどの立体駐車場にアクセス可能になった。走りについては後ほど検証するが、コンパクトなミニバンを検討している人にとっては、食指を動かされるクルマであることは間違いない。

これがミニバン!?

そういう私自身もターゲットユーザーのひとりで、新型ストリームに対する期待は高く、試乗の日が待ち遠しかった。
今回試したのは2リッターエンジンを搭載する「G」のFFモデル。“プレミアムホワイト・パール”のボディカラーをまとうと実際の数字よりも大きく見えるが、もちろん全高はミニバンの常識を破る1545mmで、全幅も5ナンバー枠いっぱいの1695mmである。

さっそく運転席に収まるが、アイポイントの低さといい、そこからの眺めといい、まるでミニバンであることが感じられない。Aピラーを支えるサブピラーがないので視界もすっきり。唯一、ミニバンっぽさを感じさせるのがインパネシフトだ。
そのレバーをDに引き寄せて発進。ストリームは搭載されるエンジンによらず、FFモデルにはCVT、4WDには5ATが装着されるから、この試乗車はCVTということになる。ブレーキから足を離すとゆっくりと前進を始めるが、これまでのマルチマチックとは異なり、トルクコンバーターを備えるのが新しい点。発進時のスムーズさに加えて、低速でアクセルを踏み増したときにすうっと回転を上げるのは、CVTとトルクコンバーターのコンビネーションならではの感覚だろう。

この自在にギア比を変えるトランスミッションに、可変バルブタイミング・リフト機構と可変吸気量制御を備えた2リッターi-VTECエンジンを組み合わせたストリームGのパワープラントは、パートスロットル時には低回転を保ち、いざ加速が必要になればどの回転からでも素早く、しかも必要なトルクが得られるのが頼もしいところ。1380kgのボディに対し、最高出力150ps、最大トルク19.4kgmのSOHCユニットは十分余裕が感じられた。

走りっぷりも期待どおりで、やや硬めの乗り心地を示すストリームの足まわりは、背の高さを感じさせないロールを抑えた動きがとてもスポーティで印象的だ。ステアリング操作に対するレスポンスにも優れ、狙ったラインを軽快にトレースする様子もミニバンの枠を超えている。「ミニバンの走りはつまらない」という常識は打ち破られたといっていいだろう。

2列目、3列目は不満も残るが……

しかし、スポーティと形容されるセダンやステーションワゴンが抱える乗り心地の問題は、このストリームでも解決に至ってはいない。標準で205/65R15というそれほどの扁平率ではないタイヤを装着するわりに、路面が少し荒れてくると途端に乗り心地が悪化し、路面からのショックも伝え気味。首都高速の目地段差を通過するときなども、ハーシュネスを遮断しきれないことが多かった。これはセカンドシート、サードシートと後ろに移るにつれてさらに顕著になり、路面によってはリアからの突き上げも目立ってくる。

パッケージングについて、まずセカンドシートは、足元、頭上ともに十分な余裕があり、シートそのものの座り心地もいい。しかし、中央席はシートバックが硬く幅も狭いため、できることなら座るのを避けたいと思った。またサードシートは、セカンドシート下に足入れスペースが確保され、膝まわりにも余裕があるが、フロアから座面までの高さが限られるので、窮屈なのは否定できない。大人が乗れないことはないが、セカンドシートの中央部とともに、あくまでエクストラシートと考えたほうがよさそうだ。

それでも、普段はせいぜい3、4人乗車で、いざというときに7人が乗れるコンパクトミニバンがほしい人にとって、この新型ストリームが魅力的な選択肢であることに変わりはない。
あとは、もう少し乗り心地をコンフォート寄りに振ってくれたらいうことはないのだが……。スポーティさを前面に出したほうが“わかりやすい”というのも理解できるが、世の中には、快適であっても、退屈しないハンドリングを実現するクルマが存在することを忘れないでほしい。

(文=生方聡/写真=荒川正幸/2006年8月)











写真をクリックすると荷室からのシートアレンジが見られます。



この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ストリームの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る