ホンダ、国内生産体制を強化、二輪生産は熊本へ、ATは浜松で

2006.09.20 自動車ニュース

ホンダ、国内生産体制を強化、二輪生産は熊本へ、ATは浜松で

本田技研工業は、二輪車の生産を熊本製作所に集約するなどの国内生産体制強化策を、2006年9月20日に発表した。

アジアを中心とした二輪事業拡大を目指し、現在、浜松製作所が受け持つ中・大型二輪の生産を、2008年から順次熊本製作所に移行。同製作所に年産60万台規模の二輪車工場を建設し、二輪の「マザー工場」とする。

さらに浜松製作所は、世界規模で需要が高まる四輪オートマチックトランスミッションのマザー工場と位置付け、従来までの二輪工場をATギア生産工場とし、高効率な体制構築を目指すという。

(webCG 有吉)

本田技研工業:
http://www.honda.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。