【パリショー2006】ホンダの高性能シビック「タイプR」発表!

2006.09.15 自動車ニュース

【パリショー2006】ホンダの高性能シビック「タイプR」発表!

本田技研工業は、2006年9月28日〜10月15日にパリで開催される「パリモーターショー2006」に、新しい「シビック」の高性能バージョン、お馴染みの「タイプR」(欧州仕様)を登場させる。




日本ではすっかりフツーなクルマとなってしまったシビック。ところが彼の地では「タイプR」をはじめとするスポーツラインナップが健在する。

“スーパーハッチ”としてのパフォーマンスに磨きをかけつつ、快適性もアップしたと謳われる最新型R。その心臓は引き続き2リッター直4DOHC「i-VTEC」だ。新しいバランサーシャフトとドライブ・バイ・ワイアを用い、レスポンスの向上を図ったエンジンといわれる。

最高出力201ps/8000rpm(従来は200ps/7400rpm)とさらに高回転型に振られるいっぽう、実用域でのトルクにも配慮し、日常の足としても使えるようにした。




若干ギア比を低めた6MTを操り、0-100km/h加速=6.6秒、最高速度234km/hと先代同様のパフォーマンスを体験できるという。

サスペンションは、同じくスポーティな「タイプS」をチューンしたもの。センターの燃料タンク前にフロアクロスメンバーを追加するなどし、ボディも強化された。

生産はホンダの英国スウィンドン工場で、5ドアモデル、タイプSとともに行われる。欧州での発売は2007年になってからだ。

(webCG 有吉)







関連キーワード:
シビックホンダイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
  • 復活したホンダのビッグネーム
    新型「シビック」に注目せよ!
    2017.11.24 デイリーコラム 2017年9月に発売された10代目「ホンダ・シビック」。ベテランなら誰もが知る車名だが、日本市場での販売はいったん途絶えており、久々の復活となる。そんな新型の存在意義について、鈴木ケンイチが語る。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る