500ps、102.0kgmを発生するV12ディーゼル搭載「アウディQ7」

2006.09.14 自動車ニュース

500ps、102.0kgmを発生するV12ディーゼル搭載「アウディQ7」

独アウディAGは、新型SUV「アウディQ7」に、500psを発生する6リッターV12「TDI」ディーゼルを搭載したモデルを加えると、2006年9月13日に発表した。




5.5リッターV12「TDI」ディーゼルターボをもって、2006年のルマン24時間で優勝したアウディ。「Q7」に載るユニットは、バンク角60度の6リッターのTDIで、500ps、102.0kgmを発生させる強心臓だ。最大トルクは、1750rpmという低回転域から引き出される。
ボッシュ製コモンレールシステムは、2000バールという超高圧噴射に対応したものを採用した。

トランスミッションは新型6段ティプトロニック、駆動方式はもちろんクワトロ・フルタイム4WDとなる。




これら技術の結果、「トップクラスのスポーツカーに匹敵するダイナミックパフォーマンスを獲得」(プレスリリース)。0-100km/h加速=5.5秒、最高速度=250km/h(電子リミッター作動)というパフォーマンスを得ることができたという。

なお、ディーゼルモデルの日本市場導入は未定。Q7自体は発売が予定されている。

(webCG 有吉)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミック(ディーゼル)【試乗記】 2017.7.13 試乗記 高級SUV「レンジローバー」シリーズの中でスポーティーなモデルと位置づけられている「レンジローバー スポーツ」に、ディーゼル車が登場。3リッターのディーゼルターボを得て、その走りはどう変わったのか? 燃費もあわせて報告する。
ホームへ戻る