500ps、102.0kgmを発生するV12ディーゼル搭載「アウディQ7」

2006.09.14 自動車ニュース

500ps、102.0kgmを発生するV12ディーゼル搭載「アウディQ7」

独アウディAGは、新型SUV「アウディQ7」に、500psを発生する6リッターV12「TDI」ディーゼルを搭載したモデルを加えると、2006年9月13日に発表した。




5.5リッターV12「TDI」ディーゼルターボをもって、2006年のルマン24時間で優勝したアウディ。「Q7」に載るユニットは、バンク角60度の6リッターのTDIで、500ps、102.0kgmを発生させる強心臓だ。最大トルクは、1750rpmという低回転域から引き出される。
ボッシュ製コモンレールシステムは、2000バールという超高圧噴射に対応したものを採用した。

トランスミッションは新型6段ティプトロニック、駆動方式はもちろんクワトロ・フルタイム4WDとなる。




これら技術の結果、「トップクラスのスポーツカーに匹敵するダイナミックパフォーマンスを獲得」(プレスリリース)。0-100km/h加速=5.5秒、最高速度=250km/h(電子リミッター作動)というパフォーマンスを得ることができたという。

なお、ディーゼルモデルの日本市場導入は未定。Q7自体は発売が予定されている。

(webCG 有吉)

関連キーワード:
Q7アウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
  • アウディR8クーペ V10プラス5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.12 試乗記 アウディスポーツのレーシングマインドを具現したスーパースポーツカー「R8」。いまや貴重ともいえる自然吸気のV10ユニットを搭載する4WDスポーツの実力を、あらためて富士スピードウェイで解き放った。
ホームへ戻る