第48回:『唯一無二』日野コンマース(1960-62)(その3)

2006.09.13 エッセイ

第48回:『唯一無二』日野コンマース(1960-62)(その3)

コンマースの基本形となる最大積載量500kgの「2人乗りバン」(PB10型)。ボディサイズは全長×全幅×全高=3930×1690×1880mmだが、ホイールベースが短い(2100mm)ことが、この写真からもおわかりいただけるだろう。
コンマースの基本形となる最大積載量500kgの「2人乗りバン」(PB10型)。ボディサイズは全長×全幅×全高=3930×1690×1880mmだが、ホイールベースが短い(2100mm)ことが、この写真からもおわかりいただけるだろう。
側面後部窓のある最大積載量300kgの「5人乗りバン」(PB10-B型)。5人乗りでも2人乗りバンと同じ側面後部窓のないタイプ(PB10-A型)もあった。なお、全モデルとも運転席側はフロントドアのみの3ドア(横開き式の後部ドアを含めると4ドア)だった。
側面後部窓のある最大積載量300kgの「5人乗りバン」(PB10-B型)。5人乗りでも2人乗りバンと同じ側面後部窓のないタイプ(PB10-A型)もあった。なお、全モデルとも運転席側はフロントドアのみの3ドア(横開き式の後部ドアを含めると4ドア)だった。
こちらは「10人乗りミニバス」(PB10-P型)。
こちらは「10人乗りミニバス」(PB10-P型)。

■ラインナップは基本5車種

1959年10月に発表され、東京・晴海で開かれた「第6回全日本自動車ショー(東京モーターショー)」でも注目を集めたコンマースは、翌60年2月に発売された。基本的な成り立ちは前回(その2)に記したとおりだが、ボディサイズは全長×全幅×全高=3930×1690×1880mm。ホイールベースは2100mmと現代の感覚からすれば非常に短いが、これは日野ルノー(4CV)と同一だった。

エンジンはそのルノー用のボアを広げ、ストロークを縮めた(それでも60×74mmのロングストローク型)直4OHV836ccで、最高出力 28ps/4600rpm、最大トルク5.3kgm/2800rpmを発生。2速以上シンクロメッシュの4段MTを介して、車重990kg(バン)のボディを最高速度82km/hまで引っ張ると発表された。

バリエーションは「2人乗りバン」(PB10型、最大積載量500kg)、「5人乗りバン」(PB10-A型、最大積載量300kg、側面後部窓なし)、「5人乗りバン」(PB10-B型、最大積載量300kg、側面後部窓あり)、「10人乗りミニバス」(PB10-P型)、「11人乗りミニバス」(PB10-B型)の5種類。このうち「10人乗りミニバス」は、今日でいうところの 5ナンバーのワゴン。それに対して「11人乗りミニバス」は2ナンバーの小型バス。当時の法規では普通免許で運転できたが、乗用車より最高速度が抑えられるなどの制約が課せられていたのだった。そのほか担架を備えた「病院車」や「幼稚園バス」などの特装車も用意されていたという。

「10人乗りミニバス」のシートレイアウト。フロントから2+3+3+2で、最後列は横向きで向かい合わせとなる。
第48回:『唯一無二』日野コンマース(1960-62)(その3)(田沼 哲)

価格は基本となる「2人乗りバン」(PB10型)で59万5000円。コンマースよりやや大きい、既存のキャブオーバーバンの代表的なモデルであるトヨタの「トヨエース」(1000ccエンジン、850kg積み)が61万円だったから、その値付は一見妥当なように思える。
だが、頑丈なラダーフレームに前後リジッドアクスルのシャシーに、フロント・ウインドシールドまで平面ガラスを使った平易なデザインのボディを載せ、エンジンもサイドバルブというトヨエースに比べれば、進歩的ですべてが新設計であるコンマースのコストは、相当に高くついたはずである。
とはいえ後発メーカーゆえの乏しい営業力を補うために、思い切った価格戦略を採らざるを得なかったのだろう。なお、「10人乗りミニバス」(PB10-P型)の価格は77万円だった。

真上から見たシートレイアウト。上から「10人乗りミニバス」、「11人乗りミニバス」、「園児用スクースバス」(特装仕様の一例)。
真上から見たシートレイアウト。上から「10人乗りミニバス」、「11人乗りミニバス」、「園児用スクースバス」(特装仕様の一例)。
インパネおよび「パノラミック・ウィンドウ」と称したウインドシールドからの眺め。どこから撮影されたのだろうか、東京タワーがそびえ立つ昭和30年代の東京の風景である。
インパネおよび「パノラミック・ウィンドウ」と称したウインドシールドからの眺め。どこから撮影されたのだろうか、東京タワーがそびえ立つ昭和30年代の東京の風景である。
カタログ掲載された、「病院車」をはじめとする特装車の例。
カタログ掲載された、「病院車」をはじめとする特装車の例。

■はたして動力性能は?

それにしても、スペース効率に優れたFFを採用し、ボディの高さはあるとはいえ、全長4m弱、全幅1.7m弱のサイズで10〜11人乗りというのは、現代の常識では考えられない。シート配置については図をご覧いただければおわかりと思うが、日本人の体格が小柄だったとはいえ、かなり窮屈だったのではないだろうか。

だが、さらに想像を絶するのはその走りっぷりだ。もちろん筆者はコンマースのステアリングを握った経験などないし、それどころか実車を見たのも、幼少時の記憶がうっすらとあるのみである。また、バンやミニバスなど車種を問わずロードインプレッションの類いが記された資料を見つけることも適わなかった。唯一知りえたのは、型式認定時の審査試験結果の一部。それによると、2人乗りバン(車両総重量1650kg)で0-400m加速に31.9秒かかっている。額面を見る限りでは、今日の軽よりも非力なエンジンで総重量1.7トン前後の車体を引っ張るのだから、その数字もやむなしといったところだ。だが、もし現代の路上に引っ張り出したとしたら、あまりの遅さに絶句するに違いない。

ただしコンマースの名誉のために付け加えておくと、2800rpmという低回転で最大トルクを発生する836ccエンジンは、500rpmという超低回転域から使用可能なフレキシビリティを備えていたという。ワイドレシオの4段ギアボックスと相まって、当時としては必要十分な走行性能を備えていたのかもしれない。(つづく)

(文=田沼 哲/2006年2月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

田沼 哲

田沼 哲

NAVI(エンスー新聞)でもお馴染みの自動車風俗ライター(エッチな風俗ではない)。 クルマのみならず、昭和30~40年代の映画、音楽にも詳しい。