第42回:『トリノの風薫る』プリンス・スカイラインスポーツ(1962-63)(その1)

2006.09.13 エッセイ

第42回:『トリノの風薫る』プリンス・スカイラインスポーツ(1962-63)(その1)

これが今回の主役である「スカイラインスポーツ」。このクーペのほかコンバーチブルがあった。
第42回:『トリノの風薫る』プリンス・スカイラインスポーツ(1962-63)(その1)(田沼 哲)

<設問>次の記述にあてはまる車種名を挙げよ。
1.日本で初めてイタリアン・デザインを導入したモデルは?
2.日本で初めてつくられた高級パーソナルカーは?
3.日本で初めてタコメーターや本革シートを標準装備したのは?
以上3つの質問に対する答えは、いずれも同じ車種。それが今回紹介する「プリンス・スカイラインスポーツ」なのである。

最初に「プリンス」を名乗ったモデルである1952年式「プリンス・セダンAISH-1」。国産初の直4OHV1484ccエンジンの最高出力は45ps/4000rpmで、シャシーはX型のセパレートフレーム、サスペンションは前後ともリーフ・リジッドだった。
第42回:『トリノの風薫る』プリンス・スカイラインスポーツ(1962-63)(その1)(田沼 哲)
クラウンに対抗すべく57年に登場した「初代スカイライン」のデラックス・モデル。当時のアメリカ車を5ナンバー枠に縮小したようなスタイリングだが、バックボーントレー式フレームに前はダブルウィッシュボーン/コイルの独立、後ろはド・ディオン・アクスルという特徴的なサスペンションを持ち、エンジンは直4OHV1484cc・60psだった。
第42回:『トリノの風薫る』プリンス・スカイラインスポーツ(1962-63)(その1)(田沼 哲)

■スカイライン史上の異端児

「スカイライン」の誕生は1957年。55年登場のクラウンに次いで、国産で2番目に古いブランドである。半世紀近いその歴史には、ポルシェ904カレラGTSに挑み、「スカG伝説」を生んだ初代スカイラインGT、サーキットで前人未到の50勝を挙げた通称ハコスカこと3代目の2000GT-R、16年ぶりに復活し、圧倒的なパフォーマンスで国産高性能車の歴史を塗り替えたR32GT-Rなどなど、数々の伝説や神話に彩られたモデルが存在することは、いまさら語るまでもないだろう。

だが、誕生に際してそれらに勝るとも劣らないエピソードを持ちながら、今となってはめったに語られることのないモデル……それが「プリンス・スカイラインスポーツ」である。

63年に登場した「グロリア・スーパー6」。メルセデス流の設計を持つ国産初の直6SOHC1988cc・105psエンジンを搭載。これに刺激を受けたトヨタと日産も直6SOHC2リッターエンジンをラインナップすることになるが、それは2年以上遅れてのことだった。
第42回:『トリノの風薫る』プリンス・スカイラインスポーツ(1962-63)(その1)(田沼 哲)
65年に完成した国産初のプロトタイプスポーツである「R380」。ブラバムを参考につくられた鋼管スペースフレームにアルミ製のボディを被せ、最高出力200ps以上を発生する直6DOHC24バルブ2リッターエンジンをミドシップする。66年の第3回日本グランプリではワークスチームの力を遺憾なく発揮、ポルシェ906を抑えて優勝を飾った。日産と合併後に登場したR380II、R381、R382も旧プリンス陣の手で開発されたマシンである。
第42回:『トリノの風薫る』プリンス・スカイラインスポーツ(1962-63)(その1)(田沼 哲)
66年8月に実施された日産との合併から2カ月後の10月に正式発表されたため「日産プリンス・ロイヤル」と呼ばれるが、実際の開発・製作はプリンスで行われた。ホイールベース3880mm、全長×全幅×全高=6155×2100×1770mm、車重 3200kgという堂々たるボディを、V8OHV6373ccエンジンで粛々と走らせる。
第42回:『トリノの風薫る』プリンス・スカイラインスポーツ(1962-63)(その1)(田沼 哲)

■プリンスというメーカー

ここまで読んで、「スカイラインスポーツ」と言うからにはかつて存在したスカイラインのバリエーションなのだろうが、頭につく「プリンス」って何だ?と思った方もいるかもしれない。
そういう方のために簡単に説明しておくと、日産の看板車種となって久しいスカイラインだが、もとはといえば66年に日産に吸収合併された「プリンス自動車」というメーカーが世に送り出したモデルなのだ。
その「プリンス」はというと、日本の敗戦とともに翼を失った「立川飛行機」と「中島飛行機」という航空機メーカーをルーツとする、進歩的なアイデアと高度な技術力、そして都会的なセンスを併せ持つメーカーだった。

たとえば52年に登場したプリンス・セダンAISH-1の「OHVエンジン」、スカイラインスポーツのベースとなった初代スカイライン/グロリアの「ド・ディオン・アクスル」(57年)、2代目グロリア用の「直6SOHCエンジン」(63年)などは、日本ではプリンスが最初に導入した技術であり、また日本初のプロトタイプ・レーシングスポーツである「R380」(65年)を開発するなど、その姿勢は先取の精神にあふれていた。

そのいっぽうで、プリンスは皇室との結びつきが深いメーカーでもあった。先に名を挙げたプリンス・セダンAISH-1は、「プリンス」の名を冠した最初のモデルとして 52年3月にデビューしたのだが、その名はこの年に皇太子明仁親王(今上天皇)の立太子礼(内外に皇太子であることを宣明する儀式)が行われることにちなんでつけられたものだった。

話が前後するが、当時のメーカー名は「プリンス」ではなく「たま自動車」であり、当初「プリンス」はペットネームに過ぎなかったのである。なお、社名の変遷は煩雑なのでここでは省くが、最終的な社名である「プリンス自動車工業」を名乗るようになったのは61年のことだった。

その後54年に開かれた第1回全日本自動車ショウ(東京モーターショー)で発表された「プリンス・セダンAISH-2」が皇太子の目に止まって愛用され、これが縁で皇室はその後もプリンス車を指名するようになった。先日、退役が決まった御料車の「ロイヤル」も、正式発表(納入)が日産との合併後だったために「日産プリンス・ロイヤル」と呼ばれているが、その開発・製作はすべてプリンスで行われたのだった。

「スカイラインスポーツ」を送り出した「プリンス」とは、こうしたユニークなカラーを持つ自動車メーカーだったのである。(つづく)

(文=田沼 哲/2005年11月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

田沼 哲

田沼 哲

NAVI(エンスー新聞)でもお馴染みの自動車風俗ライター(エッチな風俗ではない)。 クルマのみならず、昭和30~40年代の映画、音楽にも詳しい。