第32回:『偉大なる失敗作』ホンダ1300(1969〜1972)(その1)

2006.09.13 エッセイ

第32回:『偉大なる失敗作』ホンダ1300(1969〜1972)(その1)

1963年8月に発売されたホンダ初の市販四輪車が、この軽トラック「T360」。前年の東京モーターショーに出展されたものの、ついに市販されなかった軽スポーツ「S360」用をデチューンした水冷直4DOHC4キャブレターエンジンは、359ccから 30psを発生した。
1963年8月に発売されたホンダ初の市販四輪車が、この軽トラック「T360」。前年の東京モーターショーに出展されたものの、ついに市販されなかった軽スポーツ「S360」用をデチューンした水冷直4DOHC4キャブレターエンジンは、359ccから 30psを発生した。
続いて63年10月に発売されたホンダ初の市販乗用車が「S500」。直4DOHC4キャブレター531cc・44psエンジンを搭載したオープン2座スポーツ。翌64年3月にはエンジンをスケールアップした「S600」に、66年1月には「S800」に発展した。
続いて63年10月に発売されたホンダ初の市販乗用車が「S500」。直4DOHC4キャブレター531cc・44psエンジンを搭載したオープン2座スポーツ。翌64年3月にはエンジンをスケールアップした「S600」に、66年1月には「S800」に発展した。
65年10月に発売されたライトバンの「L700」。Sシリーズ用のDOHCエンジンを流用した商用車で、翌11月にはピックアップの「P700」も追加された。66年9月には揃ってエンジンを拡大して「L800」「P800」となる。ここまでの製品はすべて水冷エンジンで、駆動方式はFRだった。
65年10月に発売されたライトバンの「L700」。Sシリーズ用のDOHCエンジンを流用した商用車で、翌11月にはピックアップの「P700」も追加された。66年9月には揃ってエンジンを拡大して「L800」「P800」となる。ここまでの製品はすべて水冷エンジンで、駆動方式はFRだった。

ホンダが四輪車市場に参入したのは、いまを遡ること41年、1963年のことである。
この分野では最後発だったホンダが、本格的な四輪メーカーへ脱皮するために、まさに社運を賭して開発、68年に発表したモデルが「ホンダ1300」だった。それはDDAC(一体式二重空冷)と呼ばれる前代未聞の空冷エンジンをはじめ、独創的なメカニズムを満載したユニークかつ高性能な小型車で、大いに話題を呼んだのだが……。


■独創的な技術屋集団

「チャレンジングスピリット」というキーワードのもと、独創的な技術開発を創業以来のポリシーとしてきたホンダ。それゆえに、ときに「びっくり箱」と形容されるようなユニークな製品をあれこれ送り出してきたが、その歴史のなかでも最大級の「技術のびっくり箱」が、1969年から72年までつくられた「ホンダ1300」シリーズではないだろうか。

なにしろ1300シリーズ最大の特徴である、DDAC(デュオ・ダイナ・エア・クーリングシステム=一体式二重空冷)と呼ばれる空冷エンジンは、ホンダのみならず世界中を見渡しても唯一無二、空前絶後、つまりは「これっきり」なのだから。

59年の初挑戦からわずか3シーズン目の61年にはロードレース世界グランプリを制し、二輪車メーカーとして世界にその名を知られたホンダが、四輪車市場に進出したのは63年のことである。総アルミ製の水冷直4DOHC4キャブレターという、超高性能レーシングユニット並の贅沢な設計のエンジンを搭載した小型スポーツカーの「S500」と軽トラックの「T360」を発売し、世間を驚かせたのだった。

四輪の分野では市販1号車からしてびっくり箱だったわけだが、翌64年にはなんと四輪レースの最高峰であるF1に挑んだ。二輪レースでの実績があり、またすでに日本初の本格的なレーシングコースである鈴鹿サーキットを建設していたとはいえ、四輪に関してはヨチヨチ歩きを始めたばかり。たとえるなら幼稚園から高校までをすっ飛ばしていきなり大学入試に挑んだようなものである。にもかかわらず挑戦2年目には早くも勝利を挙げてしまったのだから、こんなメーカーは世界広しといえどもホンダ以外にはなかった。

5年秋の第12回東京モーターショーに参考出品された「N800」。ライトバンの「L700」をベースに、お世辞にもスタイリッシュとは言いがたい2ドアハードトップボディをまとったモデルだが、市販には至らなかった。
5年秋の第12回東京モーターショーに参考出品された「N800」。ライトバンの「L700」をベースに、お世辞にもスタイリッシュとは言いがたい2ドアハードトップボディをまとったモデルだが、市販には至らなかった。
67年3月の発売と同時に、圧倒的な高性能と低価格で爆発的にヒットし、ホンダの四輪車市場における礎を築くとともに、モータリゼーションの底辺拡大に貢献した軽乗用車「N360」。空冷並列2気筒SOHC354cc・31psエンジンを搭載したホンダ初の FF車だったが、特有の操縦性を「欠陥ではないか」と誤解され、騒がれる一幕もあった。
67年3月の発売と同時に、圧倒的な高性能と低価格で爆発的にヒットし、ホンダの四輪車市場における礎を築くとともに、モータリゼーションの底辺拡大に貢献した軽乗用車「N360」。空冷並列2気筒SOHC354cc・31psエンジンを搭載したホンダ初の FF車だったが、特有の操縦性を「欠陥ではないか」と誤解され、騒がれる一幕もあった。

■軽で成功、そして……

それから3年後、ホンダはまたもや世の注目を集めた。3月に発売した軽乗用車の「N360」が爆発的にヒットし、58年のデビュー以来、軽の盟主として君臨していた「スバル360」からベストセラーの座を奪い取ったのだ。
空冷並列2気筒SOHCという、自社のモーターサイクル用をそのまま移植したような、既存の軽より5割以上も強力なパワーユニットがもたらす高性能、前輪駆動の採用による高効率のパッケージング、そしてライバルよりはるかに安い価格。「速い、広い、安い」と三拍子が揃った革命児であったN360は、空前の軽ブームさえ巻き起こしたのだった。

軽自動車市場を掌中に収めたとなれば、次は小型車市場への進出を目論むのは自明の理である。68年4月の定例株主総会において、創業社長である故・本田宗一郎が「今秋の東京モーターショーまでに新たな1リッター級のセダンを発表する」と述べたことで、その計画が明らかになった。

「カローラ」「サニー」をはじめ競合車種がひしめく最大の激戦区に殴り込みをかける“ホンダ大衆車”は、噂では開発中のF1マシンの技術が導入された空冷エンジンのFFセダンということだったが、なにしろホンダのやることである。いったいどんなモデルを出してくるのか、ユーザーは興味津々、競合メーカーは戦々恐々だった。(つづく)

(文=田沼 哲/2004年11月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

田沼 哲

田沼 哲

NAVI(エンスー新聞)でもお馴染みの自動車風俗ライター(エッチな風俗ではない)。 クルマのみならず、昭和30~40年代の映画、音楽にも詳しい。