第20回:『生まれてくるのが早すぎた』ホンダライフ・ステップバン(1972〜74)(その1)

2006.09.13 エッセイ

第20回:『生まれてくるのが早すぎた』ホンダライフ・ステップバン(1972〜74)(その1)

1972年に新しいタイプの軽商用車として発売された「ホンダライフ・ステップバン」。商業的には成功作とは言いがたかったが、そのコンセプトは今日のミニバンの源流ともいえるものだった。

ホンダライフ・ステップバン・スーパーデラックス。当時の軽自動車規格いっぱいの全長2995mm、全幅 1295mmに対して全高1620mmという背高のプロポーションを、ほとんどフラットなパネルで構成したシンプルでID的なデザイン。フロントグリルは軽トラのTN360、ウインカーは一世を風靡した軽乗用車、N360からの流用である。
ホンダライフ・ステップバン・スーパーデラックス。当時の軽自動車規格いっぱいの全長2995mm、全幅 1295mmに対して全高1620mmという背高のプロポーションを、ほとんどフラットなパネルで構成したシンプルでID的なデザイン。フロントグリルは軽トラのTN360、ウインカーは一世を風靡した軽乗用車、N360からの流用である。
ステップバンのベースとなった軽乗用車、ホンダライフ。オートバイ譲りのパワフルな空冷エンジンが特徴だったN360から一転して、4ドアボディに静粛性がウリの水冷2気筒SOHCエンジンを搭載した「まろやか」なファミリーカーだった。
ステップバンのベースとなった軽乗用車、ホンダライフ。オートバイ譲りのパワフルな空冷エンジンが特徴だったN360から一転して、4ドアボディに静粛性がウリの水冷2気筒SOHCエンジンを搭載した「まろやか」なファミリーカーだった。

■クラブのある軽商用車

新車で販売されていたときはパッとしなかったのに、生産中止になってから人気を博したクルマというのがときおり存在する。今回紹介する「ホンダライフ・ステップバン」は、そうした例の最右翼といえるだろう。
軽自動車規格が360ccだった時代の商用バンであるステップバンが発売されたのは1972年9月で、それから2年と3カ月後の74年末には早くも生産中止。その間の生産台数は2万台に満たなかった。
しかし、それから30年が経とうという今日でも複数のオーナーズクラブが存在し、そのうち最大規模のところの登録メンバーは約150名を数えるというのだ。そもそもワンメイククラブが存在する軽商用車など、ステップバンをおいてほかにはないのだが、この事実からもステップバンの人気ぶりがおわかりいただけるだろう。

ステップバンについて紹介する前に、当時の軽商用車市場について簡単に説明しておくと、ごく大まかにわけて軽乗用車ベースのボンネット型バンとキャブオーバー型のワンボックスバン/トラックがあった。前者はたとえば「スバルR-2バン」や「ホンダライフ・バン」であり、後者は「スバル・サンバー」や「ダイハツ・ハイゼット」「スズキ・キャリイ」などである。すべてのモデルがこのいずれかに属していたわけではないが、そうした例外もまたこれらの延長線上にあったと言っていいだろう。
そんななか、前述したように72年9月に発売されたライフ・ステップバンは、それらのいずれにも属さない新しいタイプの商用車だった。パワートレインやサスペンションなどのメカニカルコンポーネンツは、車名のとおり前年の71年6月にデビューした軽乗用車、ライフからの流用であるが、そのボディはボンネット型でもキャブオーバーでもない、セミキャブオーバー・スタイルの1.5ボックスともいうべきカタチをしていた。わかりやすくいえば、ちょうど今日のミニバンのような姿だったのである。

ポップなアクセントを入れたステップバンに、思い思いのファッションをまとった人々がさまざまな荷物を積んでいる図。グラスエリアが小さいのは、ボディにキャンバス効果を持たせるため、および重量とコストの節約になる、というふたつの理由からであろう。
ポップなアクセントを入れたステップバンに、思い思いのファッションをまとった人々がさまざまな荷物を積んでいる図。グラスエリアが小さいのは、ボディにキャンバス効果を持たせるため、および重量とコストの節約になる、というふたつの理由からであろう。

第20回:『生まれてくるのが早すぎた』ホンダライフ・ステップバン(1972〜74)(その1)の画像
判型がサイドビューというユニークなカタログ。今となっては貴重なアイテムらしい。

【スペック】
ホンダライフ・ステップバン:全長×全幅×全高=2995×1295×1620mm/ホイールベース=2080mm/車重=605kg/駆動方式=FF/エンジン=356cc水冷4ストローク直2SOHC(30ps/8000rpm、2.9kgm/6000rpm)
判型がサイドビューというユニークなカタログ。今となっては貴重なアイテムらしい。

【スペック】
ホンダライフ・ステップバン:全長×全幅×全高=2995×1295×1620mm/ホイールベース=2080mm/車重=605kg/駆動方式=FF/エンジン=356cc水冷4ストローク直2SOHC(30ps/8000rpm、2.9kgm/6000rpm)

■画期的だったFFの導入

発表時のプレスリリースの冒頭には、次のような文句が謳われている。

「当社では、この度、まったく新しいタイプの軽商用車〈ホンダライフ〉ステップバンを新発売いたします。ホンダライフのすぐれた駆動力と足まわりを備え、ゆったりとした居住性とかさばる荷物も無理なく積める大きな荷台スペースを確保した近代感覚あふれるスタイルのユニークな車です。〈ホンダライフ〉ステップバンは、実用性のなかにも乗用車的感覚が取り入れられており、乗降頻度の多い集配業務からレジャーまで、大きな機動力を発揮して巾広い用途に応えます。」そして、主な特徴として以下の2点が掲げられていた。

●乗用車なみの快適な乗心地
●積みやすく、乗りやすくアイデアあふれる商用設計

このうち前者の「乗用車なみの快適な乗心地」は、既存のワンボックスバンがトラックベースであるのに対して、前述したように乗車であるライフのコンポーネンツを流用していることからの産物である。ライフの水冷2気筒SOHCエンジンは、日本初となるコッグドベルト、およびバランサー機構の導入により、静粛でスムーズとの定評があった。
駆動方式がFFだったことも、商用車では非常に珍しかった。ライフバンなど軽乗用車ベースのボンネット型バンを除くと、当時の日本で前輪駆動の商用車といえば、同じ年の4月に発売された小型トラック「いすゞエルフ・マイパック」のみ。前例としても、60年代初頭に日野自動車がリリースした小型ワンボックスバン「コンマース」があるだけだった。
乗用車の世界でも、日本はヨーロッパに比べFF化が遅かったこともその理由のひとつではあるが、そもそも商用車は貨物を積載すると前輪荷重が小さくなってしまうため、FFは適していないのだ。その証拠にステップバン以降も今日に至るまで、ワンボックスあるいはそれに準ずるスタイルの商用バンにはFFは採用されていない。
ステップバンの場合は、絶対的なサイズからいってあまり重量物は積まない(最大積載量は2人乗車時300kg、4人乗車時200kg)ことを前提にFFが導入されたのだろうが、おかげで低くフラットなフロアが生まれた。
そのフロアと高いルーフ、開口面積の大きなドアなどによって実現したのが、後者の「積みやすく、乗りやすい」という特徴。また「アイデアあふれる商用設計」とは、車内で伝票処理などが行えるデスクタイプのダッシュボードなどを指しており、総じて非常に機能的な設計がなされていた。(つづく)

(文=田沼 哲/2003年8月30日)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

田沼 哲

田沼 哲

NAVI(エンスー新聞)でもお馴染みの自動車風俗ライター(エッチな風俗ではない)。 クルマのみならず、昭和30~40年代の映画、音楽にも詳しい。