第19回:『ハンドメイドの大衆車』スズキ・フロンテ800(1965〜69)(その4)

2006.09.13 エッセイ

第19回:『ハンドメイドの大衆車』スズキ・フロンテ800(1965〜69)(その4)

■世に出るのが遅すぎた?

その後1967年3月にもごく小規模の変更が加えられたのち、1969年4月に生産中止されるまで細々と作り続けられたわけだが、スズキとてその間まるきり手をこまねいていたわけではない。ライバルにあわせてエンジンを1100ccに拡大したモデルを、セダンとワゴン/バン双方で開発していたという。しかし「フロンテ800」の採算の悪さ、そして1967年に発売したリアエンジンの「フロンテ360」シリーズのヒットにより、「フロンテ1100」投入の必要性はなくなってしまった。「フロンテ360」以前のスズキの軽は、商用車主体で乗用車はおまけのような感じだったが、その成功により軽乗用車市場におけるポジションを固めることが最重要課題となり、費用対効果の少ない小型車市場に投資するわけにはいかなくなったのである。

2ストロークエンジンの将来性の低さも、「フロンテ1100」の実現を阻んだ要因のひとつだった。構造が簡単で低コストではあるが、燃費が悪く、このころから大きな社会問題となりつつあった公害対策でも不利な2ストロークエンジンは、すでに見切りをつけねばならない時期に来ていたのだ。ちなみに先達であるDKWは66年で、サーブも68年限りで2ストロークエンジン搭載モデルを生産中止、ライバルの1台だった「コルト800」も白煙の多さなどから2ストロークを敬遠する声に応えて、発売10カ月後の66年9月には4ストロークエンジンに換装した「1000F」を追加し、間もなく「800」をフェードアウトさせていた。

そんなこんなで、発売はしたものの、結果的には約3年半の間なかば放置状態に置かれていた「フロンテ800」の生産台数は2717台、販売台数は2612台を数えたにすぎない。60年代以降に生まれた国産車、それも特殊なスポーツカーなどではなく実用サルーンとしては、おそらくこれは最少記録ではないだろうか。ちなみにそのうち現存するのは、15台前後といわれている。

日本初のFF小型車というエポックメイキングな存在ではあったものの、発売された時点ですでに始まりつつあった大衆車の上級移行に乗り遅れ、また2ストロークユニットの限界にぶち当たり……こうして考えると、デビューから発売までの2年以上に及ぶタイムラグがなかったら、「フロンテ800」は生まれた経緯はともかくとしてまた別の道を歩んでいたのかもしれない。その後は再び軽に専念していたスズキが、「カルタス」によって小型乗用車市場に復帰するのは、「フロンテ800」の生産中止から14年半を経た1984年10月のことだった。(おわり)

(文=田沼 哲/2003年5月7日)

【スペック】
フロンテ800デラックス セパレート:全長×全幅×全高=3870×1480×1360mm/ホイールベース=2200mm/車重=770kg/駆動方式=FF/エンジン=785cc水冷2ストローク直3(41ps/4000rpm、8.1kgm/3500rpm)

エンジンからクラッチ、ギアボックスを経てファイナルドライブに至るパワートレイン。2ストローク3気筒のバランスは、4ストローク6気筒のそれに匹敵すると謳っていた。
エンジンからクラッチ、ギアボックスを経てファイナルドライブに至るパワートレイン。2ストローク3気筒のバランスは、4ストローク6気筒のそれに匹敵すると謳っていた。
ボディはモノコックだが、フロントサスペンションとパワートレインはサブフレームを介してマウントされていた。前後サスペンションはトーションバー・スプリングを使用しているが、ジャッキアップしてフロントは2本、リアは1本のボルトを調整するだけで車高が変更可能だった。
ボディはモノコックだが、フロントサスペンションとパワートレインはサブフレームを介してマウントされていた。前後サスペンションはトーションバー・スプリングを使用しているが、ジャッキアップしてフロントは2本、リアは1本のボルトを調整するだけで車高が変更可能だった。
若者の街として注目を集め始めていた、夕暮れどきの原宿・表参道にて。このショットは“平凡パンチ”や“週刊プレイボーイ”といった男性誌向けの広告にも使われた。
若者の街として注目を集め始めていた、夕暮れどきの原宿・表参道にて。このショットは“平凡パンチ”や“週刊プレイボーイ”といった男性誌向けの広告にも使われた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

田沼 哲

田沼 哲

NAVI(エンスー新聞)でもお馴染みの自動車風俗ライター(エッチな風俗ではない)。 クルマのみならず、昭和30~40年代の映画、音楽にも詳しい。