第6回:「ピザ風お好み焼き」ダイハツ・コンパーノ(1963〜69)(前編)

2006.09.13 エッセイ

第6回:「ピザ風お好み焼き」ダイハツ・コンパーノ(1963〜69)(前編)

1963年5月、800ccクラスのコンパクトかつスタイリッシュなバン/ワゴンとしてデビューしたコンパーノ。エンジンは直4OHV797cc(41ps)で、4段フルシンクロ・ギアボックスを介して後輪を駆動。最高速度110km/hと謳っていた。価格はワゴン(画像)で57.0万円だった。
第6回:「ピザ風お好み焼き」ダイハツ・コンパーノ(1963〜69)(前編)(田沼 哲)

商用車専門メーカーだったダイハツが、初めて手がけた乗用車がコンパーノ。イタリアンルックに身を包み、さまざまなバリエーションを揃えて大衆車市場に臨んだのだが……。

ひとことおわびを……
前回の「NSU Ro80」を記してから半年以上音沙汰がなかったため、「『これっきりですカー』は早くもこれっきりか?」という問いあわせ、お叱りを読者諸氏からいただいた。突っ込まれやすいコーナータイトルをつけてしまったことを後悔したが、今さら遅い。なんてことを言っているとさらにお叱りを受けそうなので、ひとことおわびをして、とっとと本題に入ることにしよう。
「長らくお待たせしてすみませんでした!」。

64年2月に登場したベルリーナ。ヴィニャーレ・デザインのバン/ワゴンをダイハツの手で2ドアセダンにアレンジしたモデルで、サイドマーカーランプのついたクサビ型のセンターピラーがチャームポイントである。
64年2月に登場したベルリーナ。ヴィニャーレ・デザインのバン/ワゴンをダイハツの手で2ドアセダンにアレンジしたモデルで、サイドマーカーランプのついたクサビ型のセンターピラーがチャームポイントである。
木目パネルに円形メーターを配したベルリーナのインパネ。4段ギアボックスはコラムシフトとフロアシフト(画像)が選べ、後者にはスポーティな3スポークのステアリングホイールが装備された。
木目パネルに円形メーターを配したベルリーナのインパネ。4段ギアボックスはコラムシフトとフロアシフト(画像)が選べ、後者にはスポーティな3スポークのステアリングホイールが装備された。

■バン/ワゴンから始まった

さて、今回のお題はダイハツ初の量産乗用車として1963年に誕生したコンパーノである。50年代初頭に少量生産された三輪乗用車「Bee(ビー)」を例外として、戦前から三輪・四輪の商用車メーカーとして発展してきたダイハツが、軽三輪トラック「ミゼット」のヒットをバネに乗用車部門進出への意思を表明したのは61年秋のことだった。その年の東京モーターショーに、水冷直4OHV700ccエンジンを搭載した2ドアセダンの試作車を出展したのである。内容はともかく、フィアット1800そっくりのフロントマスクをもったその2ドアセダンのスタイリングは玄人筋から酷評され、試作のみで終わった。だが、あとから考えればこれがダイハツのイタリア指向が顕在化した最初の例だった。

その反省からか、翌62年の東京ショーに「コンパクト・ライトバン」の名で出展されたモデルは、前年のプロトタイプに比べはるかにスマートなボディをまとっていた。それから7カ月後の1963年5月、このライトバンはコンパーノ(イタリア語で「仲間」の意味)と名付けられて発売された。バリエーションは4ナンバーのバンおよびバン・デラックス、そしてバン・デラックスを5ナンバー仕様に改めたワゴンの3種。ちなみにダイハツとは戦前のオート三輪の時代からライバル関係にあったマツダも、コンパーノから半年遅れて初の小型乗用車となるファミリアをデビューさせる際に、バンから始めている。まだ乗用車が「ぜいたく品」とされ、商用車をバリエーションに含めなければ採算が取れなかった当時、勝手知ったる商用車市場で反応を確かめてから、慎重に乗用車市場へ進出しようという思惑は両社に共通していたのだ。

65年4月、ベルリーナのルーフを取り去った4座コンバーチブルのスパイダーが登場。エンジンは958cc(65ps)に拡大強化され、最高速度は145km/hに向上。価格は69.5万円。
65年4月、ベルリーナのルーフを取り去った4座コンバーチブルのスパイダーが登場。エンジンは958cc(65ps)に拡大強化され、最高速度は145km/hに向上。価格は69.5万円。
スパイダーにはバケットシートやタコメーターなどが標準装備されていた。
スパイダーにはバケットシートやタコメーターなどが標準装備されていた。

■デザインはヴィニャーレ

その車名からも明らかなように、コンパーノはイタリア風のスタイリングを特徴としていた。手がけたのはフェラーリやマゼラーティのボディを製作していたことで知られるカロッツェリア、ヴィニャーレ。ミケロッティの手になるプリンススカイライン・スポーツ(62年4月発売)に次ぐ、イタリアンデザイン導入国産車第2号というわけだが、その顔つきは50年代後半から60年代初頭にかけての典型的なイタリアンデザインといえる。基本形式がライトバン、すなわち商用車であるにもかかわらず、円形メーターを採用したインパネなどインテリアデザインもイタリア風で、また左フロントフェンダーにはヴィニャーレのエンブレムが付くなど、オリジナルデザインを尊重している雰囲気が感じられた。

いっぽう、コンパーノの機構はきわめてコンベンショナルだった。1 リッター以下の小型車としては当時としても珍しい、頑丈なはしご形のセパレートフレームの前部に排気量797ccの水冷直4OHVエンジンを置き、4段フルシンクロのギアボックスを介して後輪を駆動する。サスペンションもごく平凡で、フロントがダブルウィッシュボーン/コイルの独立、リアがリーフ・リジッドだった。イタリアンルックをまとってはいるものの、中身はいってみれば浪速生まれの堅牢無比なトラック。コンパーノは「ピザ風味のお好み焼き」のようなクルマだったのである。

(後編へつづく)

(文=田沼 哲/2002年2月26日)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

田沼 哲

田沼 哲

NAVI(エンスー新聞)でもお馴染みの自動車風俗ライター(エッチな風俗ではない)。 クルマのみならず、昭和30~40年代の映画、音楽にも詳しい。