レクサスGS430/IS350バージョンS/IS250バージョンL/SC430【試乗記(前編)】

やり残した宿題をかたづけたレクサス(前編) 2006.09.13 試乗記 レクサスGS430/IS350バージョンS/IS250バージョンL/SC430……814万1750円/572万7000円/500万1000円/704万円顧客の満足度を高めるため、使い勝手の向上などをタイムリーに行ったという今回のレクサス3車種マイナーチェンジ。装備の充実だけと思われたが、実はレクサスブランドにとって意味のある変更だったという。

小規模な変更ながら、意味は大きい

日本での本格展開開始から1年が過ぎ、いよいよ真打ち「LS」の発表を間近に控えたレクサスが、「SC」「GS」「IS」の既存3モデルに一部改良を行なった。その内容は、項目を抜き出すだけなら数行で終わるほど小規模。しかし、意味するところは非常に大きかったというのが、試乗しての結論である。その意味は最後にまとめて触れることとして、まずは早速モデルごとに改良の中味についてお伝えしたい。

プレス資料を見る限り、ISの改良点は、これまで夜間見にくくて不便だったトランク&フューエルリッドオープナーのスイッチ形状を変更、照明付きとしたこと。さらにスポーツシート&トリム、本革シート&トリム、18インチアルミホイールといった装備の、グレードごとの選択自由度が広がったこと程度だ。しかし、実は何より変わったのは、その乗り味である。

乗り心地が変わった原因は……

端的に言えば、俄然しなやかさが向上したのだ。これまでISは俊敏なフットワークの代償として乗り心地の硬さが指摘されていたが、今度のISはそれを見事に払拭している。まず乗ったIS350バージョンSで、僕はそのあまりの変わりように言葉を失ってしまった。
硬くはあるが初期の突っ張り感が消えて、路面との当たりがグッと上質になっていたのだ。おかげで飛ばした時にも、ステアリング切り始めの神経質さが消えて、より自信をもって切り込んでいけるよう進化していた。しかも持ち前の鋭いレスポンスは不変なのだから、これは随分手が入れられたのだろう……と思いきや、チーフエンジニアの福里健氏はこう言い放った。
「変えたのは電動パワーステアリングのチューニングだけなんですよ」

何だって!? 具体的には、切り始めの領域でのアシスト量をわずかに減らすことで初期応答の過敏さを減らしているのだという。
「走らせやすくなったのは、これでキュッと切れ込まなくなったからです。しかも不思議なもので、これが乗り心地まで良くなったように感じさせるんですよ」
冷静に振り返ると、確かに目地段差を超えた時の入力の感じなどは、これまでと変わっていない。しかし、うーん、人間の感覚とは不思議なものだ。

“トヨタ”にはないスイッチ

ただし、生産立ち上がりから1年以上が経過して、精度が向上したせいでもあるだろうと福里氏は言う。何万点もの部品を組み合わせて生み出される自動車だけに、それは十分あり得る話である。

ちなみにバージョンLは、より大きく変化。こちらは明らかに突き上げが減って、変わらずスポーティでありながら、しなやかさもハッキリ感じさせるようになったのだ。
「他のグレードはステアリングのほかにダンパーの減衰力も見直しました」
これでバージョンSとそれ以外のグレードの差は、より明確になった。今まで乗り心地でISを敬遠していた人にも、自信を持って勧めることができそうだ。

IS、そしてGSに関しては、VDIMのカットスイッチが付いたことも報告しておこう。これに関しては議論のあるところだろうが、レクサスは大人のブランド。他人に迷惑をかけない限り、あらゆる選択は自己責任とすべきという、トヨタにはできなかったろう判断は、大いに尊重したいと思う。(後編へつづく)

(文=島下泰久/写真=高橋信宏/2006年9月)

・レクサスGS430/IS350バージョンS/IS250バージョンL/SC430(後編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018625.html

【スペック】
IS250バージョンL:全長×全幅×全高=4575×1795×1430mm/ホイールベース=2730mm/車重=1600kg/駆動方式=FR/2.5リッターV6DOHC24バルブ(215ps/6400rpm、26.5kgm/3800rpm)/価格=435万円(テスト車=500万1000円/プリクラッシュセーフティシステム=27万3000円/ムーンルーフ=9万4500円/マークレビンソンプレミアムサラウンドサウンドシステム=28万3500円)
 
【スペック】
	IS250バージョンL:全長×全幅×全高=4575×1795×1430mm/ホイールベース=2730mm/車重=1600kg/駆動方式=FR/2.5リッターV6DOHC24バルブ(215ps/6400rpm、26.5kgm/3800rpm)/価格=435万円(テスト車=500万1000円/プリクラッシュセーフティシステム=27万3000円/ムーンルーフ=9万4500円/マークレビンソンプレミアムサラウンドサウンドシステム=28万3500円)
	 
「IS350 バージョンS」の内装
 
「IS350 バージョンS」の内装
	 
【スペック】
IS350バージョンS:全長×全幅×全高=4575×1795×1435mm/ホイールベース=2730mm/車重=1610kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(318ps/6400rpm、38.7kgm/4800rpm)/価格=495万円(テスト車=572万7000円/本革シート&トリム=17万8500円/プリクラッシュセーフティシステム=27万3000円/クリアランスソナー=4万2000円/マークレビンソンプレミアムサラウンドサウンドシステム=28万3500円)
 
【スペック】
	IS350バージョンS:全長×全幅×全高=4575×1795×1435mm/ホイールベース=2730mm/車重=1610kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(318ps/6400rpm、38.7kgm/4800rpm)/価格=495万円(テスト車=572万7000円/本革シート&トリム=17万8500円/プリクラッシュセーフティシステム=27万3000円/クリアランスソナー=4万2000円/マークレビンソンプレミアムサラウンドサウンドシステム=28万3500円)
	 
「IS250 バージョンL」の内装
 
「IS250 バージョンL」の内装
	 

 
レクサスGS430/IS350バージョンS/IS250バージョンL/SC430【試乗記(前編)】の画像
関連記事
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
  • 【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビュー 2017.4.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年4月11日、ニューヨーク国際オートショー(開催期間:2017年4月12~23日)で初披露する「レクサスLS500“Fスポーツ”」の概要を発表した。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • 第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!
    インポーターに聞きました~ベントレー編~
    2017.5.9 JAIA輸入車試乗会2017 2016年に発売したブランド初のSUV「ベンテイガ」の販売状況が絶好調なベントレー。2017年も大きな動きはあるのか!? 取材当日はJAIA試乗会会場に不在とのことで、後日、都内で行われた別のイベントに押しかけてお話を伺いました。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
ホームへ戻る