「日産ウイングロード」に、スタイル重視と装備充実の特別仕様車

2006.09.12 自動車ニュース

「日産ウイングロード」に、スタイル重視と装備充実の特別仕様車

日産自動車は、ステーションワゴン「ウイングロード」に、人気装備を付与した特別仕様車「スタイリッシュセレクション」「Vセレクション」を設定。2006年9月11日から販売を開始した。

特別仕様車「スタイリッシュセレクション」は、1.5と1.8リッターの「エアロ」シリーズをベースに、ルーフスポイラー、バイキセノンヘッドランプ、フロントバンパー組み込みフォグランプなどを装着したモデルだ。

もう一つの「Vセレクション」には、主に快適装備を追加。1.5リッターの「RS」グレード(FFおよび4WD)をベースとし、電動格納式リモコンカラードドアミラー、CD一体AM/FM電子チューナーラジオ、インテリジェントキー、イモビライザーなどが採用された。

「スタイリッシュセレクション」がベース車比10万2900円高、「Vセレクション」が7万1400円高となる。

●ウイングロード
15RXエアロスタイリッシュセレクション:179万5500円
15RX FOURエアロスタイリッシュセレクション:198万4500円
18RXエアロスタイリッシュセレクション:199万5000円
15RS Vセレクション:156万4500円
15RS FOUR Vセレクション:177万4500円

(webCG 本諏訪)

日産自動車「ウイングロード」:
http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

「日産ウイングロード」に、スタイル重視と装備充実の特別仕様車の画像

関連キーワード:
ウイングロード日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ステージアAR-X FOUR(4WD/5AT)【ブリーフテスト】 2004.12.17 試乗記 ……402万2550円
    総合評価……★★★★

    2004年8月にマイナーチェンジをし、ターボエンジンを捨てておとなしくなった印象の「日産ステージア」。その中でも異彩を放つ、ワイルドなクロスオーバーSUVタイプの「AR-X FOUR」に、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • 日産ウイングロード15RXエアロ(FF/CVT)/18RXエアロ(FF/CVT)【試乗記】 2005.12.6 試乗記 日産ウイングロード15RXエアロ(FF/CVT)/18RXエアロ(FF/CVT)
    ……230万3700円/250万3200円

    2005年11月14日、日産のコンパクトワゴン「ウイングロード」が3代目に進化した。若者が求める使えるワゴンとは?エアロパーツで飾ったスポーティモデルに試乗した。


  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
  • 日産が「ウイングロード」の装備を強化 2016.6.1 自動車ニュース 日産が「ウイングロード」の仕様の一部を変更。全車にリアヒーターダクト、ヒーター付きドアミラー、スチール製リアワイパーを標準装備した。オーテックが手がけるカスタマイズモデルの「ライダー」や福祉車両についても同様の変更がなされている。
  • 日産ウイングロードに燃費向上のための改良 2008.1.23 自動車ニュース 日産自動車は、ウイングロードを一部改良し、2008年1月23日にニューモデルの販売を開始した。
ホームへ戻る