【F1 2006】第15戦イタリアGP、シューマッハー“最後のモンツァ”で優勝、アロンソはリタイアし僅か2点差に

2006.09.11 自動車ニュース

【F1 2006】第15戦イタリアGP、シューマッハー“最後のモンツァ”で優勝、アロンソはリタイアし僅か2点差に

F1世界選手権第15戦イタリアGP決勝が、2006年9月10日、イタリアのモンツァ・サーキット(5.793km)を53周して行われた。


ミハエル・シューマッハー会心の1勝に、8万人ともいわれるティフォシたちが酔いしれた。
ポディウムセレモニーの後の記者会見で、シューマッハーの口から引退の決意が語られた。(写真=Ferrari)

フェラーリの熱狂的ファン“ティフォシ”の目の前で、跳ね馬駆るミハエル・シューマッハーがトップでチェッカードフラッグをくぐりぬけた。

今シーズン6勝目、通算で90勝目という区切りの勝利。同時に、タイトルを争うライバル、フェルナンド・アロンソがエンジンブローでリタイアしたことで、得点差を2点にまで縮める重要な1勝となった。アロンソ108点対シューマッハー106点という大接戦の状態で、残り3戦に突入する。

F1のあらゆる記録を我がものとしたシューマッハーは、レース後、今シーズン限りで現役から引退することを発表した。


2007年からフェラーリをドライブすることが決まったキミ・ライコネン(写真前)は、シューマッハーに次ぐ2位でゴール。(写真=Mercedes Benz)

同時に、キミ・ライコネンが2007年フェラーリに移籍することも明らかになった。
その次世代のフェラーリ・スター、ライコネンのマクラーレンが2位でゴールした。
3位には、3戦目のルーキー、大健闘のBMWザウバー、ロバート・クビサが入った。

以下、4位ジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)、5位ジェンソン・バトン(ホンダ)、6位ルーベンス・バリケロ(ホンダ)、7位ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)、8位ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)が入賞した。

スーパーアグリ・ホンダの佐藤琢磨は2周遅れの16位完走、山本左近はメカニカルトラブルで序盤に姿を消した。


好調BMWザウバーのロバート・クビサ(右)は3戦目で3位表彰台という立派な成績を残した。21歳という若さのポーランド人が、37歳のドイツ人チャンピオンと握手。(写真=BMW)

■不条理もまたF1なのか

たしかにシーズン中盤以降フェラーリは優勢に転じており、いっぽうのルノーが不調に陥っているように見える。
その力のバランスが人為的に歪められているとしたら、F1のスポーツ性に疑問符をつけなければならないが、しかし、そのような不条理もまたF1という世界なのかもしれない。

シーズン半ばまで圧倒的な強さ・速さを顕示していたルノー&アロンソに対し、国際自動車連盟(FIA)は、ルノーの強力な武器「マスダンパー」を取り上げた(もちろん、マスダンパー禁止は全チーム共通のルールだが、なぜこのタイミングで、という疑問は残る)。

そして今回、イタリアGPのレーススチュワードは、予選でアロンソがマッサをブロックしたということで、アロンソの予選でのベストタイム3つを取り上げた。

10番グリッドにまで追いやられてしまったアロンソは、「F1はもうスポーツじゃない」とFIAとレーススチュワードに抗議の姿勢を示した。

シューマッハーは2番グリッド。重すぎるペナルティが、アロンソの前に立ちはだかった。


悪いことは重なるもの。予選で他車をブロックしたと判定されペナルティを受け、結果的に5つグリッドを失ったフェルナンド・アロンソは、10番グリッドからスタート。レース終盤には3位まで挽回していたが、滅多に壊れないルノーエンジンがブローし、まさかのノーポイントに終わった。
シューマッハーとの間にあった12点差は一気に2点に縮まり、アロンソ108点対シューマッハー106点という僅差で残り3戦に突入する。(写真=Renault)

■満身創痍のアロンソ、キャリアに終止符を打つシューマッハー

それでも、アロンソは与えられた状況下で沈着冷静にレースをこなした。2周目には6位へとジャンプアップ、中盤にかけてマッサを追いやり、大健闘のクビサを抜き、気がつけば1位シューマッハー、2位ライコネンの後ろ、3位を走行していた。

これで被害を最小限に抑えられる、というアロンソの目論見は、残り10周、滅多にないルノーエンジンのブローで夢と消えた。最後までツキに見放されたチャンピオン。12点あったポイント差を2点にまで減らし、満身創痍で中国、日本、ブラジルのラスト3戦にのぞまなければならなくなった。

いっぽうのシューマッハーは、最初のピットストップでポールシッターのライコネンを抜き首位に浮上。以後彼らしい独走を演じきった。
ウィニングランを終え、パルクフェルメにマシンを停めたシューマッハーは、ルカ・ディ・モンテゼーモロをはじめとするフェラーリスタッフとともに、いつもよりも長く、感慨にふけるように喜びをわかちあった。

そして優勝記者会見、1991年から続く長いキャリアに終止符を打つことを表明した。
前人未到の8度目のワールドタイトル獲得に向けて、最後の戦いが彼を待つ。次戦は10月1日、中国GPだ。

(webCG 有吉)


11番手グリッドからスタートしたヤルノ・トゥルーリ(写真)は、母国GPを7位でフィニッシュし得点に成功。いっぽうトヨタのもうひとり、ラルフ・シューマッハーは、バランスの悪いマシンに苦戦し、15位で不本意なレースを終えた。(写真=Toyota)


ホンダ勢は、5位ジェンソン・バトン(写真)、6位ルーベンス・バリケロとダブル入賞。レース前半にはバトンが6位アロンソを抑えるシーンが見られた。(写真=Honda)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。