【スペック】クロスポロ:全長×全幅×全高=3920×1670×1535mm/ホイールベース=2470mm/重量=1180kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(105ps/5600rpm、15.1kgm/4500rpm)/価格=239万円(テスト車=264万2000円/マルチメディアステーション+マルチファンクションインジケーター=25万2000円)

フォルクスワーゲン・ポロ1.6スポーツライン(FF/6AT)/クロスポロ(FF/6AT)【試乗速報(前編)】

普通がいちばん(前編) 2006.09.08 試乗記 フォルクスワーゲン・ポロ1.6スポーツライン(FF/6AT)/クロスポロ(FF/6AT)……244万2000円/264万2000円フォルクスワーゲン「ポロ」に、日本初登場となるオールアルミ製1.6リッターエンジンを搭載するモデルが追加された。スポーティ仕様の「1.6スポーツライン」とSUVテイストの「クロスポロ」に試乗する。

3モデルを追加

現行ポロの販売がスタートしたのは2002年6月のこと。導入当時から、ボディバリエーションこそ4ドアと2ドアが用意されたが、パワートレインは1.4リッター直4エンジンと4段オートマチックの組み合わせだけ。確かに必要十分な性能を有してはいるが、高速道路の合流や追い越しといった場面ではやや力不足の印象があり、ハイパワーモデルの導入が望まれていた。
しかし、2005年8月に実施されたマイナーチェンジではエンジンの追加はなく、その年の暮れに1.8リッター直4ターボを搭載する「ポロGTI」がようやく加わるが、どちらかといえばこれはニッチなモデルだった。

そして2006年8月、ようやく期待のバリエーションが追加された。1.6リッター直4エンジンとティプトロニック付6段オートマチックを搭載した「ポロ1.6スポーツライン」と、SUV風のルックスを持つ「クロスポロ」である。

さらに、VWのエントリーモデルとして位置づけられていたルポの販売が終了したことから、その役割を担うモデルとしてポロ1.4トレンドラインが用意された。これによりポロは、価格順にポロ1.4トレンドライン(2ドア:169万円)、ポロ1.4(4ドア:199万5000円)、ポロ1.6スポーツライン(4ドア:219万円)、ポロGTI(2ドア:228万9000円)、クロスポロ(4ドア:239万円)、ポロGTI(4ドア:249万9000円)の6モデルとなり、一気にレンジを広げている。

なお、“トレンドライン”“スポーツライン”という名前は、ドイツ本国では装備レベルを意味しており、トレンドラインが比較的ベーシックな仕様で、これをベースに装備を充実させたのが“コンフォートライン”、同じくスポーティな仕様がスポーツラインということなる。日本仕様ではそれぞれの装備レベルにさらに快適装備を追加している。ちなみに、日本のポロ1.4(4ドア)はコンフォートラインにプラスアルファ、という位置づけになる。

目立ち度高いクロスポロ

今回追加されたモデルのうち、試乗会に持ち込まれたのはクロスポロとポロ1.6スポーツラインの2タイプ。まずはSUV風の出で立ちが人目を惹くクロスポロをチェックする。

VWのクロスオーバーモデルというと、ゴルフ2の時代に、フルタイム4WDの「シンクロ」をベースに仕立て上げられた「ゴルフカントリー」が思い浮かぶ。最近では、マイナーチェンジ前のポロがベースの「ポロファン」(日本未導入)が人気を集め、その後継モデルとしてクロスポロが誕生している。

最大の特徴はエクステリアで、アンダーガード風のフロントバンパーやプラスチックでカバーされたホイールハウス、そして、ルーフレールといったアイテムにより、どちらかというと大人しい印象だったポロを、アクティブなイメージに変えてしまった。最低地上高は20mmアップし、ルーフレールを含めると標準よりも55mm背が高くなっているが、それでも全高が1535mmに抑えられているので、タワーパーキングのアクセスにも困らない。
インテリアは、オリジナルのシートやステアリングホイールが用意され、また、“マグマオレンジ”と“ライム”のボディカラーを選ぶと、インテリアも同色にコーディネートされるという凝りようだ。(後編につづく)

(文=生方聡/写真=郡大二郎/2006年9月)

・フォルクスワーゲン・ポロ1.6スポーツライン(FF/6AT)/クロスポロ(FF/6AT(後編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018605.html

【スペック】
1.6スポーツライン:全長×全幅×全高=3915×1665×1465mm/ホイールベース=2470mm/重量=1180kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(105ps/5600rpm、15.1kgm/4500rpm)/価格=219万円(テスト車=244万2000円/マルチメディアステーション+マルチファンクションインジケーター=25万2000円)

【スペック】1.6スポーツライン:全長×全幅×全高=3915×1665×1465mm/ホイールベース=2470mm/重量=1180kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(105ps/5600rpm、15.1kgm/4500rpm)/価格=219万円(テスト車=244万2000円/マルチメディアステーション+マルチファンクションインジケーター=25万2000円)


フォルクスワーゲン・ポロ1.6スポーツライン(FF/6AT)/クロスポロ(FF/6AT)【試乗速報(前編)】の画像
「クロスポロ」のインテリア

「クロスポロ」のインテリア


フォルクスワーゲン・ポロ1.6スポーツライン(FF/6AT)/クロスポロ(FF/6AT)【試乗速報(前編)】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る