【パリショー2006】「プジョー207」にCC登場か!?

2006.09.08 自動車ニュース

【パリショー2006】「プジョー207」にCC登場か!?

仏プジョーは、2006年9月28日〜10月15日にパリで開催される「パリモーターショー2006」に、コンセプトカー「207エピュール」を出展する。




「プジョー207エピュール」は、燃料電池車であると同時に、207シリーズのクーペカブリオレ=CCを示唆するコンセプトカーでもある。

ヒット作「206」にCCが追加されたのは2000年。電動格納式ハードトップを載せたコンパクトなオープンカーは35万台以上がラインオフしたという。
206の後継ともいえる「207」ハッチモデルは今年のジュネーブで披露されたが、そのCC版が出てきてもまったく不思議はないのだ。

燃料電池は、PSAプジョー・シトロエングループとフランスのAECが手を組んでつくった「GENEPAC 20」。水素タンク、70kW(95ps)、180Nm(18.4kgm)を発生させる電気モーター、リチウムイオンバッテリーなどを搭載し、最高速81mph(約130km/h)、0-62mph(約100km/h)加速=15.0秒というパフォーマンスを実現させるという。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

206CCの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308CC プレミアム(FF/4AT)【試乗速報】 2009.5.18 試乗記 プジョー308CC プレミアム(FF/4AT) ……420.0万円

    まもなく日本での販売が開始される「プジョー308CC」に初試乗。そのスタイルと存在感に強烈な個性を感じさせる新型オープンモデルの走りやいかに。
  • プジョー308CC グリフ(FF/4AT)【試乗記】 2009.8.14 試乗記 プジョー308CC グリフ(FF/4AT)
    ……455.0万円

    プジョーの4人乗りオープン「308CC」。実用的でオシャレなクーペ・カブリオレに試乗して一番心に残ったのは、屋根が開くところではなく……。
  • 「プジョー308CC」新型6ATを搭載、燃費も向上 2010.5.10 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2010年5月7日、新型6ATを搭載するなどドライブトレインが一新された308シリーズのオープンモデル、新「308CC」の販売を開始した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
ホームへ戻る