【F1 2006】ルノー、フィジケラのチームメイトは新人コバライネン

2006.09.07 自動車ニュース

【F1 2006】ルノー、フィジケラのチームメイトは新人コバライネン

ルノーF1チームは、2006年9月6日、2007年シーズンのドライバーラインナップを発表した。

■ベテランと新人のコンビで

既に残留が決まっていたジャンカルロ・フィジケラのパートナーは、現テストドライバーのヘイッキ・コバライネンがつとめることとなった。

またテストドライバーは、トヨタからリカルド・ゾンタが移籍、加えて今年GP2に参戦しているネルソン・ピケJr.が迎え入れられる。

さらに、チームを統率するフラビオ・ブリアトーレの残留も明らかにされた。ブリアトーレとは2008年までの契約を結んだ模様だ。

フェルナンド・アロンソというチームの要がマクラーレンへと旅立つ2007年、チームはマネージメント体制の安定をアピールするとともに、ベテランと勢いある新人ドライバーを組み合わせ、トップランカーとしての地位を守らんとしている。

■マクラーレン、フェラーリの動向

なお、アロンソ離脱後の穴を埋めるべく、マクラーレンからキミ・ライコネンを引っ張ってこようとしていた(らしい)ルノー。今回の発表で“三強チーム”のひとつの席が埋まったことになるが、気になるのはマクラーレン、フェラーリの動向だ。

今週末開催のイタリアGP前後にラインナップ発表と見られているフェラーリだが、ライコネンの移籍がいよいよ発表か、と注目が集まっている。
いっぽう引退か残留かに揺れるミハエル・シューマッハーだが、去就については依然先行き不透明。つまりフェリッペ・マッサの立場もどうなるかわからない。

マクラーレンは、アロンソの相方が未発表のまま。ルーキーとしてルイス・ハミルトンやゲイリー・パフェットを起用することも噂にのぼるが、両者とも将来を期待されるドライバー、準備不足のまま実戦デビューすることを心配する意見もある。
もちろん、レギュラードライバー2人とも新しいということは、チームの安定性に少なからず影響が出る可能性もあるだろう。

(文=webCG 有吉/写真=Renault)

【F1 2006】ルノー、フィジケラのチームメイトは新人コバライネンの画像

1981/83/87年のワールドチャンピオン、ネルソン・ピケの息子であるピケJr.。ライバルのロズベルグやコバライネンには先を越されたが、2007年はテストドライバーとしてまずは足固めをしたい。

1981/83/87年のワールドチャンピオン、ネルソン・ピケの息子であるピケJr.。ライバルのロズベルグやコバライネンには先を越されたが、2007年はテストドライバーとしてまずは足固めをしたい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。