【スペック】全長×全幅×全高=4850×1795×1460mm/ホイールベース=2880mm/車重=1690kg/駆動方式=FR/3.6リッターV6DOHC24バルブ(255ps/6200rpm、34.7kgm/3100rpm)/価格=598万円(テスト車=618万円/電動ガラスサンルーフ=20万円)

キャデラックCTS 3.6(FR/5AT)【短評(後編)】

挑みたくなる新OS(後編) 2005.10.11 試乗記 キャデラックCTS 3.6(FR/5AT)……618万円キャデラック「CTS」の新型3.6リッターV6モデルに改めて乗り、ハードでなくソフトも新しいクルマであることを確認したという。

触らぬ神に祟りなし

細かいことは省くが、きちんと分厚いマニュアル(それもPCのマニュアルと同じで、理解しにくいことといったらない)を読まないかぎり、走らせることはできても、ドライバーはひどく困る。キーを入れてエンジンを回した瞬間に、ドライバーズシートは勝手な位置(以前設定されていた位置)に動いてしまうし、ポジションのメモリーがどこにあるのかもわからない。カーナビ画面の操作はともかく、オーディオは難関だった。どうやって選曲したらいいか迷って、勝手なスイッチを押すと、なぜかFM群馬などという、聞いたことがない放送局のディスプレイが出たりする。ステアリングスポーク左上の4個のボタンが選局ダイヤルだと思って勝手に触ると、急にエアコンの温度が上がり、しかもファンから勢いよく熱気が出たりする。あわてて隣のボタンを押せば、トラクションコントロールの解除警告になったりする。

というわけで、借り出した夕方、ともかくシート位置を合わせ、カーナビだけはONにし、エアコンは借りた状態のままで我慢、オーディオには一切手を触れず、「触らぬ神に祟りなし」「藪をつついて蛇を出すのはやめよう」と、口で唱えながら帰宅した。何故かトラコンの警告灯は付きっぱなしだし、燃料も残り少ないのはわかっていたが、どうしてもトリップの数値が出せないので、おそるおそる自宅に収めた。
まるで昔シトロエンDSに乗ったときみたいだった。

忍耐と努力を要するクルマ

夜、ゆっくりとマニュアルを読んだ。そして理解した。「あ、これは動くパソコンだ。ということは初期設定がいるんだ」。マニュアルにはユーザー設定のフローチャートが載っていた。それからするとまず「DIC(Drive Information Center)」のスイッチから入って、次から次へといくつかの階層に入りながら設定することがわかる。最初はドライバー登録をし、それからオートライトの減光時間や、前述の自動メモリーシート、キーレスエントリーの設定(ドアロック時、アンサーバックするかどうか、それもライトでするかホーンでするか等々)、さらにインフォメーション画面設定、ドアロック関係設定、オーディオ設定等、延々と自分で初期設定してやらなくてはいけないのだ。ついでに言うなら、前述のスポーク上の4スイッチは、12種類の機能設定から割り当て機能を選べる。

だが、選べるということは、選ばなくてはいけないということでもある。オーナーたるもの、すべてを設定をしなければいけないのだ。デフォルト設定で適当にやってよ、と言いたいところだけど、ものによってはそうもいかない。
説明書と首っ引きで一度トライしてみると、それなりにロジックが通っていて、そのロジックを理解すれば大丈夫なことがわかる。でもそれには、ややこしいマニュアルと我慢して付き合い、なんとかそこに書いてあることを理解し、それを実践すべくクルマの中で何十分もかけて、ああだこうだと操作するという多大な忍耐力をユーザーに要求する。まさにパソコンと同じで、実際にアメリカでも日本でも、完全に自身で納得できるように設定し、フルに活用しているドライバーが何人いるか、非常に疑問に思った。

走ればいいクルマなんだけど

こんなことで紙数が尽きそうだ。急いで印象記を付け加えておく。
まず3.2リッターに代わって新設定された3.6リッターのV6はとてもいいユニットである。基本的にはフラットトルクだが、パワーがかなりドラマティックに出てくるのが気持いい。スムーズだし吹け上がりが軽く、最近のV6では最良のエンジンの一つではないかと感じた。ついつい4000以上から6500rpmを目指して回したくなる。それに組み合わされる5ATのレスポンスもいいが、おしむらくはシフトゲートがD、4、3、2と旧式な一列式。メーターにギアポジションが表示されないのも不便だ。

乗りごこちやハンドリングも従来より洗練された。特に低速でタイヤがバタ付くことがなくなったし、全般的に突っ張り気味だった足は、ずっと柔軟になった。ブレーキは容量が増えたためか、以前よりもはるかにフェードしにくい。ただしGMご自慢の磁気コントロール式可変パワーステアリングたるマグナステアは、依然として全体的にやや重すぎるし、不自然な感覚も伴うが。

このCTS、ブリーフテスト式に★で評価すると、非常に不利になると思う。エンジンとハンドリングは★が3つぐらいになるだろうが、リアシートなど1つだろう。これはあくまでもドライバーズカーとして考えられているから、リアはヘッドルームも足らず、ほとんど前が見えないのだ。それにインパネ関係になると★がマイナスになってしまうのは、縷々説明したからもう書かない。
つまりCTSはCTS。まったく他とは違ったクルマなのである。マックファンがウィンドウズを嫌うように、これに馴染めないユーザーも少なくないだろう。でも見方によれば、この完全に割り切った新しい車像の追求こそ、このクルマの価値であり意味でもある。すべてのハンディも承知の上で、この新しいOSに挑戦し、このクルマを完全にパーソナライズしてみたいという衝動が脳裏をかすめた。

(文=大川 悠/写真=荒川正幸/2005年10月)

・キャデラックCTS 3.6(FR/5AT)【短評(前編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000017210.html



写真をクリックすると後席が倒れるさまが見られます。







この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTSセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る