第4回:「GMは硬く、フォードは豪快、クライスラーは懐古」−−アメ車デザインが大きく変わる(桃田健史)

2006.09.06 エッセイ

第4回:「GMは硬く、フォードは豪快、クライスラーは懐古」−−アメ車デザインが大きく変わる

ハマーディーラーに、「トヨタFJクルーザー」で乗り入れた。FJクルーザーは、CALTY(カルフォルニア・トヨタデザインセンター)のコリアン・アメリカ人が外装デザイン担当。

「アメ車」といえば、ゴツいデザインを想像し、期待をしてしまう。しかしそのデザインが今後は変わっていくかもしれない。今回は生き残りをかけたデザイン変革のお話。

■「アメ車の線は太い」

フォードのビル・フォード社長は2006年9月初頭、米メディアとのインタビューでこう答えた。
「過去の数十年間、私たちが築いてきたビジネスモデルが、もはや通用しない。大きな変革が必要だ」
アメ車のデザインもまた、変革期にきているようだ。

アメリカ西海岸には、日米欧の各自動車メーカー直属のデザインセンターが点在している。私はそのなかで、日系の各所にこれまで数回出向いたことがある。CALTY(トヨタ)、NDAサンディエゴ(ニッサン)、アメリカンホンダR&D、MMNA R&D(三菱)、MNAO(マツダ)。そこでいつも話題に上るのは、アメリカ人と日本人のデザイン感性の違いだ。

「アメリカ人の線は太くて、どこまでも真っ直ぐ直線的に伸びる」とよくいわれる。反面「日本人は繊細だが、(描く)線が細い」とも。
そして「アメリカ人と日本人の長所短所を融合することで、オリジナリティを出していきたい」などという声も、デザイナーとの話のなかで多く聞かれる。

ドぎつく、ゴージャス!! 「リンカーンMKX」は「フォード・エッジ」の高級バージョン。新型「ナビゲーター」も同様の、ギンギラフロントマスク採用している。
「ダッジ・チャレンジャー」復活、正式発表間近!? ライバル「シボレー・カマロ」は復活決定。大胆カットラインのマッスルカーたちが大手を振って蘇っている。

■ビッグ3の特徴

こうした日系メーカーの視点で最近のアメ車デザインを振り返ってみよう。

GMは全般的に“硬さ”が目立つ。「ハマーH2」「キャデラック・エスカレード」など、最上級クラスではその硬さに思い切りの良さを感じる。しかし、ミドサイズ、コンパクトサイズとなると「型にはめようとし過ぎて、窮屈そうな硬さ」を感じる。そのなかでも「ポンティアック・ソルスティス」のような特殊変異が登場するのは、ラインナップの絶対数が多いGMならではといえるだろう。

フォードは販売好調の「マスタング」を筆頭に、ドバッ! ズバッ! と豪快かつ強引なカットラインが特徴。“いかにもアメ車”的なテイストには好き嫌いが分かれそうだ。また、「フォーカス」など欧州フォード系には「ヨーロッパ的な凝縮カタマリ感」がある。が、ミドサイズになると、アメ車でも欧州車でもない、中途半端な雰囲気がチラついている。

ダイムラー・クライスラーは「クライスラー300/ダッジ・マグナム」が開拓した「懐古戦略」のさらなる拡充を狙っている。同プラットフォームを完全流用した「ダッジ・チャージャー」は、デザイン戦略による販売成功例である。だが、「ダッジ・キャリバー」の兄弟車として、「ジープ・パトリオット/コンパス」などへ展開するのは、デザイン違いだけによる安易なラインアップ増加作戦と受け取られかねない。

次期「S2000」(!?)。アメリカンホンダが、アートセンター・カレッジ・オブ・デザインに、卒業研究の一環としてスポーツカーのデザインを依頼した。優秀作の学生は、青田買いされる?

■名門校でのデザイン感性は、いま……

こうしたビッグ3のカーデザイナーの多くは、「アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン」トランスポーテーション学科の卒業生だ。
LA郊外にある、往年の高級住宅地パサディナ。その山間部にひっそりと同校メイン校舎がある。カーデザインを専門に扱う大学は、北米ではデトロイトにもう1校あるだけ。欧州では以前、英国内にあったが現在は休校中。よって、世界一のカーデザイナーを目指す若者にとって、アートセンターは、“カーデザイナー虎の穴”なのだ。BMWのクリス・バングル氏、ニッサンの中村史郎氏も同校でカーデザインの基礎を学んだ。ピニンファリーナのデザインディレクター、ケン奥山(本名:奥山清行)氏もここで学び、一昨年まで同校の学部長を務めていた。

この名門校でいま、アングロサクソン系アメリカ人の生徒が減っている。同校主催の卒業研究展示を見ていると、そのほとんどは中国系、韓国系、東南アジア系のアメリカ人、またはそれらエリアからの留学生。白人、そして日本人の存在感は薄い。彼らの先輩はすでに、日米欧各メーカーの若手として実戦投入されている。彼らのデザイン感性は、アメリカンでもオリエンタルでもない。そこにあるのは、「新世代ユニバーサルデザイン」だ。

“カーデザイナー虎の穴”から続々と輩出される新感覚の若手たち。彼らがビッグ3、欧州メーカー、日系メーカー、韓国系メーカーの実戦の舞台で本格的に羽ばたく時代がもうすぐやって来る。つまり、ビッグ3が貫いてきた「アメ車デザインの固定概念」は大きく崩れる可能性がある。「線が太い」デザインは大きく変ろうとしている。

しかしアメ車の時代が、終わったわけではない。これはデザインの大変革による、新たなるアメ車イメージの誕生を意味しているのだ。

(文=桃田健史(IPN)/2006年9月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

桃田 健史

桃田 健史

東京生まれ横浜育ち米テキサス州在住。 大学の専攻は機械工学。インディ500 、NASCAR 、 パイクスピークなどのアメリカンレースにドライバーとしての参戦経験を持つ。 現在、日本テレビのIRL番組ピットリポーター、 NASCAR番組解説などを務める。スポーツ新聞、自動車雑誌にも寄稿中。