オープンでスポーティ、「プジョー206CC」に限定の「RC」

2006.09.05 自動車ニュース

オープンでスポーティ、「プジョー206CC」に限定の「RC」

プジョー・ジャポンは、「プジョー206CC」に、スポーティグレードという位置付けの限定車「206CC RC」を設定、2006年9月11日に発売する。販売台数は150台。

プジョーの「RC」といえば“スポーツモデル”を連想したくもなるが、今回のCCはルックス重視の“ゆるめのスポーティ”バージョンとなる。

1.6リッター+4段AT仕様に、専用フロントバケットシート(アルカンタラ張り)、リアレザーシート、ステッチ入り革張りメーターバイザー、革巻きステアリングホイール、アルカンタラ張りグローブボックス・リッドなど革モノを与え高級感をアップ。17インチアロイホイールと205/40ZR17タイヤが足もとをキメる。

さらに、専用ウィンドデフレクター、ESP、オートエアコン、雨滴感知センサー付きオートワイパー、CDプレイヤー付きラジオ+5連奏CDチェンジャーなどを盛り込んだ。

価格は、ノーマルCCの34.0万円高、299.0万円。

(webCG 有吉)

プジョー・ジャポン
http://www.peugeot.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー308CC グリフ(FF/4AT)【試乗記】 2009.8.14 試乗記 プジョー308CC グリフ(FF/4AT)
    ……455.0万円

    プジョーの4人乗りオープン「308CC」。実用的でオシャレなクーペ・カブリオレに試乗して一番心に残ったのは、屋根が開くところではなく……。
  • プジョー308CC プレミアム(FF/4AT)【試乗速報】 2009.5.18 試乗記 プジョー308CC プレミアム(FF/4AT) ……420.0万円

    まもなく日本での販売が開始される「プジョー308CC」に初試乗。そのスタイルと存在感に強烈な個性を感じさせる新型オープンモデルの走りやいかに。
  • プジョー308CCに全仏オープン公認の限定車 2013.5.22 自動車ニュース プジョーから全仏オープンテニス公認の限定車「308CC ローランギャロス」が登場した。
  • プジョーRCZ RHD 6AT(FF/6AT)/LHD 6MT(FF/6MT)【試乗記】 2010.9.2 試乗記 プジョーRCZ RHD 6AT(FF/6AT)/LHD 6MT(FF/6MT)
    ……399.0万円/423.0万円

    いよいよデリバリーが始まった、プジョーのコンパクトスポーツクーペ「RCZ」。エンジンの異なる2グレードに試乗し、その違いを探った。
  • 【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開 2017.3.9 自動車ニュース ルノーがミドシップの小型スポーツカー「アルピーヌA110」をジュネーブショーで世界初公開した。1970年代に活躍した同名のスポーツカーのリバイバルモデルであり、欧州では2017年の後半に、日本とイギリスでは2018年に発売される。
ホームへ戻る