オープンでスポーティ、「プジョー206CC」に限定の「RC」

2006.09.05 自動車ニュース

オープンでスポーティ、「プジョー206CC」に限定の「RC」

プジョー・ジャポンは、「プジョー206CC」に、スポーティグレードという位置付けの限定車「206CC RC」を設定、2006年9月11日に発売する。販売台数は150台。

プジョーの「RC」といえば“スポーツモデル”を連想したくもなるが、今回のCCはルックス重視の“ゆるめのスポーティ”バージョンとなる。

1.6リッター+4段AT仕様に、専用フロントバケットシート(アルカンタラ張り)、リアレザーシート、ステッチ入り革張りメーターバイザー、革巻きステアリングホイール、アルカンタラ張りグローブボックス・リッドなど革モノを与え高級感をアップ。17インチアロイホイールと205/40ZR17タイヤが足もとをキメる。

さらに、専用ウィンドデフレクター、ESP、オートエアコン、雨滴感知センサー付きオートワイパー、CDプレイヤー付きラジオ+5連奏CDチェンジャーなどを盛り込んだ。

価格は、ノーマルCCの34.0万円高、299.0万円。

(webCG 有吉)

プジョー・ジャポン
http://www.peugeot.co.jp/

関連キーワード:
206CC206プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308CC グリフ(FF/4AT)【試乗記】 2009.8.14 試乗記 プジョー308CC グリフ(FF/4AT)
    ……455.0万円

    プジョーの4人乗りオープン「308CC」。実用的でオシャレなクーペ・カブリオレに試乗して一番心に残ったのは、屋根が開くところではなく……。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • プジョー206CC カラーライン(4AT)【試乗記】 2005.7.12 試乗記 プジョー206CC カラーライン(4AT)
    ……265万円

    「オープンカーに乗りたい……」とは思えども、価格や手間など敷居が高い。オープンカーの魅力をグッと身近に、しかも魅力的に開花させた、それが「プジョー206CC」であった。


  • プジョーの新型クーペカブリオレ「207CC」誕生 2006.12.6 自動車ニュース 仏プジョーは、「206CC」の後継となる新しいクーペカブリオレ「207CC」を発表した。
  • 新型「プジョー308CC」のオフィシャル写真公開 2008.7.16 自動車ニュース 仏プジョーは、307CCの次期モデル「308CC」のオフィシャル写真を公開した。
ホームへ戻る