426psの6.1リッターV8搭載、“最強のグランドチェロキー”「SRT8」発売

2006.09.05 自動車ニュース

426psの6.1リッターV8搭載、“最強のグランドチェロキー”「SRT8」発売

ダイムラー・クライスラー日本は、「ジープ・グランドチェロキー」のハイパフォーマンスモデルとして新グレード「SRT8」を追加設定、2006年9月9日に発売する。

「SRT」(ストリート&レーシング・テクノロジー)がグラチェロにも登場。「ジープ史上、最速、最強」と謳われる「SRT8」は、「HEMI」の名を冠した6.1リッターV8 OHVを搭載、0−100km/hを5秒で駆け抜けるという高性能SUVである。

エンジンは、従来からの5.7リッターのシリンダー内径をそれぞれ3.5mm拡大、圧縮比を9.5:1から10.3:1としたHEMIで、426ps、58.0kgmを発生。専用トルコンを持つ5段ATを介し、専用に設計されたトランスファーを通して四輪を駆動する。
ヨンクは、太いトルクにも耐えられるようにしたSRT専用「クォドラ・トラック・アクティブ・オンデマンド4WD」だ。

エクステリアにも箔を付けた。最低地上高をノーマル版より70mmローダウン、空気抵抗を抑えるとともに冷却用エアフローを供給するというフロントバンパーや、ブレーキシステムの冷却をサポートするためのエアダクト、足もとを飾る20インチアルミホイールなどがマッチョだ。
さらにリアバンパー中央部では、約10cmのデュアルクロームマフラーカッターが存在感をアピールしている。

車内には、ホールド性ある高品位スエードインサート付きスポーツシートを標準装備。ステアリングホイールとシフトレバーにはグリップの良い「テクニカル」レザートリムを、インストルメントパネルとドアパネルにはアルミ/レザーの組み合わせを採用した。

ステアリング位置は右。価格は724万5000円と、5.7リッターモデルより57万7500円高い。

(webCG 有吉)

ジープ:
http://www.jeep-japan.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。