「メルセデスCLSクラス」、新エンジン搭載モデルなどラインナップ刷新

2006.09.04 自動車ニュース

「メルセデスCLSクラス」、新エンジン搭載モデルなどラインナップ刷新

ダイムラー・クライスラー日本は、メルセデス・ベンツの高級“4ドアクーペ”「CLSクラス」のラインナップを刷新し、2006年9月4日に発売した。3車種構成は変わらずだが、エンジン変更、装備充実などが行われた。

まず新設定となる「CLS 550」。従来の「CLS 500」から0.5リッター増の5.5リッターV8(387ps、54.0kgm)を搭載する。1039.5万円。

最上級モデルは「CLS 63 AMG」。スーパーチャージャー付き5.4リッターV8から、AMGチューンで514psを発生させる6.3リッターV8にスイッチ、強化型エアサスペンションやブレーキシステムなどを奢った。1428.0万円のプライスタグを付ける。

エントリーモデル「CLS 350」は、装備内容の充実を図り、本革シート(前席シートヒーター付き)、18インチアルミホイールを標準装備とするなどした。871.5万円。

(webCG 有吉)

メルセデス・ベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

関連キーワード:
CLSクーペメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.23 試乗記 直4ターボの「Cクラス」と、V8ツインターボを搭載する「AMG C63」の中間に位置づけられる「メルセデスAMG C43」。その「ステーションワゴン」に試乗してわかったのは、このモデルならではのバランスのよさだった。
  • メルセデス・ベンツC200ステーションワゴン スポーツ(本革仕様)【試乗記】 2015.2.16 試乗記 6年ぶりのフルモデルチェンジを果たした「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」に試乗。ワゴンボディーをまとうコンパクトメルセデスの「アジリティー」を確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLA220 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.4 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」に試乗。充実の先進装備やトレンドに沿ったエクステリアに目が行きがちだが、その土台はメルセデスの伝統にのっとった“いいクルマ”らしさにあふれていた。中間グレードの「GLA220 4MATIC」に乗った。
  • メルセデス・ベンツC180ステーションワゴン スポーツ(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.6 試乗記
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記