次は「秋の黄色」で自転車付き!「ルノー・ルーテシア」限定車

2006.09.01 自動車ニュース

次は「秋の黄色」で自転車付き!「ルノー・ルーテシア」限定車

ルノー・ジャポンは、「ルノー・ルーテシア」に、色をテーマにした限定車の第4弾「オータム・イエロー・リミテッド」を設定、2006年9月1日から9月30日まで期間・台数限定で販売する。

「秋の黄色」を意味するオータム・イエロー。ルノー・ジャポンいわく、「フランスで、『秋の黄色』といえばトチの葉です。黄色く色づいたトチの葉が舞う季節に一番映える色、それがオータム・イエローです」。

フロント、サイド、そしてリアモールの色をボディカラーと同色にペイント。インテリアには、オータム・イエローのラインが際立つオリジナルフロアマット、ラゲッジマットを配し、iPod対応CDサウンドステーションも与えた。




さらに、今回の限定車を購入すると、「黄色く色づく秋の行楽地や、ちょっと離れた町でも快適に散策できるように」(プレスリリース)、クルマで運べるルノーの自転車「Citadin(シタダン)16」がプレゼントされるという。

販売台数は10台オンリー。価格は224.0万円。

(webCG 有吉)

ルノー・ジャポン:
http://www.renault.jp/

関連キーワード:
ルーテシアルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • 後編:「ルーテシア ルノー・スポール」と「トゥインゴGT」で駆ける 2018.2.28 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> レース活動を通じて磨かれてきたルノー・スポールのスポーツマインド。そのノウハウはサーキットでも、そしてストリートでも光り輝く。同社が手がけた「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー」と「トゥインゴGT」に試乗し、その実力を堪能した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)【試乗記】 2018.3.19 試乗記 「ポルシェ911 GT3」の最新モデルに試乗。“寄らば斬るぞ”と言わんばかりのド派手な空力パーツと、GT3カップカーからデチューンすることなく移植したという4リッター自然吸気フラットシックスユニットを備えた、公道のレーシングカーの実力とは?
ホームへ戻る