【パリショー2006】スバル出展概要、仏パトカーの「インプレッサ」も

2006.09.01 自動車ニュース

【パリショー2006】スバル出展概要、仏パトカーの「インプレッサ」も

富士重工業は、2006年9月28日〜10月15日にパリで開催される「パリモーターショー2006」に、今秋から欧州で発売するSUV「スバルB9トライベッカ」や改良型「レガシィ」などを出展する。

北米では2005年から販売しているスバル車では最大の「B9トライベッカ」が、いよいよヨーロッパに渡る。3リッター水平対向エンジンやシンメトリカルAWD(All Wheel Drive)、スバルの“命”が与えられたSUVは、春のジュネーブに続いての登場となる。

レガシィは、日本モデルでは既に採用済みの「SI-DRIVE(Subaru Intelligent Drive)」を3リッターエンジン車に設定し、披露する。

そのほか、「インプレッサWRC2006プロトタイプ」に加え、インプレッサのフランス警察ポリスカーなどもブースに飾られるという。

(webCG 有吉)

【パリショー2006】スバル出展概要、仏パトカーの「インプレッサ」もの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る