【スペック】(3ドア/1.4リッター/4ATモデル)全長×全幅×全高=3817×1646×1440mm/ホイールベース=2491mm/車重=1073kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ(90ps/6000rpm、12.8kgm/4000rpm)

オペル・ヴィータ【海外試乗記】

『まじめに階段を上がる』 2000.09.12 試乗記 オペル・ヴィータ海外試乗速報 「154万円!」という内外価格格差の小ささで話題をまいたオペルの小型車、「かわいい」ヴィータ。7年ぶりに登場したニューモデルに、web CGエグゼクティブディレクター大川 悠が乗ってきた。

男も乗れる新型ヴィータ

ヨーロッパではコルサ、日本ではヴィータたる小型オペルの新型の狙いは、ずばり「洗練化とジェンダーの超越」だった。特に日本では、最初から女性市場をかなり狙ったマーケティングによって、何となく男性が乗りにくいような印象があったが、「今度のモデルは、今までの女性客もきちんと掴みつつも、男性的なイメージの強化も意識的にした」との児玉英雄デザイン・ディレクターの言葉どおり、若い男が乗っても恥ずかしくないデザインと、相応の走りを得ている。
EUの発祥地、マーストリヒトで行われた試乗会に参加した感想を総括するとこうなる。



半回り大きなボディで半クラス・アップ

Bコルサと呼ばれた先代のイメージをうまく生かしながらも、Cコルサたる新型はよりシャープで眼光鋭いフロントエンド、全般的にエッジを効かせたスタイリングで、時代性を巧みに表現した3、5ドアボディをもつ。
ホイールベースは2491mmと長く、これに伴って全長も3817mmと延びた。全体的に一回り大きくなり、同時に半クラスぐらい上級移行した。これは近々この下に、より小さないわゆる3リッターカー(100kmを3リッターの燃料で走る)が入り込むからだ。
すべて4気筒のエンジンは1リッターから始まり、1.2、1.4、1.8リッターのガソリン、それに1.7リッターの2種のディーゼルから成る。
変速機は3種。通常のMTのほかに4段AT、そして1.2に限っては「イージートロニック」と呼ばれるセミATが付く。ATとはいっても、いわゆるクラッチレス、つまり2ペダルの5段MTで、電気モーターでクラッチとシフトを操作する。「D」に入れておけば全自動だが、マニュアル・モードを選べば、+-のティップシフトができる。

日本導入は、2001年の春が予定されている。まず、3ドアの1.4リッター16バルブモデル(4AT/右ハンドルのみ)が、続いて5ドア(4AT/左右ハンドル)が上陸するはずだ。

全般的に洗練された乗り味

オランダからベルギーへと、アルデンヌ高原を走り回った新型ヴィータは、あらゆる面で先代よりも上質なクルマの感覚を受けた。
エンジンは排気量で多少の差はあっても、いずれも従来よりも静かになった。しかも6500まできれいに吹く。また新設計のサスペンションのために、路面からの騒音遮断が大幅に改善された。ただし試乗会に供されたクルマの多くは185/55-15という一回り太い「プレス用タイヤ」を履いていたので、場合によってはノイズと乗り心地を犠牲にしていた。
だから頭をノーマル仕様に切り替えて、冷静にかつヴァーチュアルに判断する必要があったが、そうやって観察すると全般的にとても洗練されている。特にスポーティ版ではなくてノーマルの足回りのほうがいい。ホイールトラベルは増えたし、サブフレームと液体封入マウント(モデルによる)のためもあって、乗り心地は一格上になった。
話題の「イージートロニック」は、制御に油圧を使っているクルマと比べるとよりシフトはスムーズで早い。個人的にはより高額なATより、あるいはまだ開発途上のCVTよりも、この種のセミATの方が利口だと思う。ただし意図的に僅かクリープを入れているにも関わらず、上り坂の発進時にはタイヤで1/4回転ぐらいバックしてからあわててクリープが出る。この辺は今後改良されるだろう。
全車電動ステアリングのおかげでステアリング自体は軽くなった。ただし依然として中立付近が曖昧だが、これはこれで普通のこの種のクルマのユーザーには違和感がないだろう。ただ個人的には、もう少しインフォメーションがあった方が安心して飛ばせる。



まじめで理詰めな新型

とても理詰めに改善され、考えられ、結果としてきちんとまじめに階段を上がったクルマである。
こういう階段の登り方は個人的には好ましく思った。最近、このクラスではフランス系が妙に張り切っているが、オペルというか親会社たるGMは、かなり落ち着いて、長い射程でものを考えているように思えた。

(報告=web CG 大川 悠)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィータの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フランクフルトショー2015の会場から(その20) 2015.9.23 画像・写真 オペルはフランクフルトモーターショー(開催期間は9月15日~27日。一般公開は9月19日から)で新型「アストラ」を発表した。復活したドイツのブランド、ボルクヴァルトのクロスオーバーモデル「BX7」とともに画像で紹介する。
  • オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)【試乗記】 2003.2.7 試乗記 オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)
    ……169.5万円

    「ドライビングは知的なスポーツだ」とカタログで謳う「オペル・ヴィータ スポーツ」。オートマチックモードをもち、必要とあらばシーケンシャルシフトを楽しめるブリッツマークの末弟に、自動車専門誌『NAVI』の副編集長、佐藤健が乗った。


  • 新型オペルアストラ「CD」、日本発売(7/3) 1998.7.3 自動車ニュース 株式会社ヤナセは新型「オペルアストラCD」を7月11日より発売すると発表した。従来とはかなりイメージが変わったハッチバックボディが特徴的だ。価格は230.0万円だ。エンジンは新開発の1795cc4気筒DOHC16バルブユニットが搭載される。最高出力は115ps/5400rpm、最大トルクは17.3kgm/3400rpmだ。ギアボックスは電子制御4段ATとなる。ボディサイズは全長×全幅×全高=4110×1710×1420mmで、ホイールベースは2615mm(従来型プラス100mm)だ。車両重量は1210kgである。ボディはねじれ剛性が従来型より1.8倍向上したとされている。12年間の錆穴保証もつけられる亜鉛メッキ鋼板を使用しているのも特徴だ。マクファーソン・ストラットのフロントサスペションはサブフレームを用いることで振動、騒音などの低減をはかったという。リアサスペンションはトレーリングアーム付トーションビームと形式こそ従来と同じだが、新型ではレイアウトを根本から見直して、性能を上げるとともに、トレーリングアーム、ホイールキャリア、ダンパーマウントという3つのユニット構成とすることで軽量化をはかっている。能動的安全性の面ではABSの性能を上げるとともに、トラクションコントロールが標準装備とされている。受動的安全性の面では、ボディの構造をアップデートしていることに加え、前席デュアルエアバッグ、シート一体型サイドエアバッグ、プリテンショナー&フォースリミッター付前席シートベルト、前面衝突時にブレーキペダルが室内に突出するのを防ぐフットプロテクションシステムなどが採用されている。今回は「アストラワゴンCD」も同時発売された。今回の新型アストラ発表の場でさかんに使われた表現がおもしろかった。「プレミアムコンパクト」。インポーターを務めるヤナセの稲山孝英代表取締役社長によると、サイズはコンパクトで機能、性能、品質をあげたモデルのことを指すのだそうだ。新型アストラはたしかに仕上げ、しっかり感、各部のデザイン処理などで従来型を大きくしのいでいる。「新型ゴルフはグッドだ。しかしアストラはベターだ」(オペルジャパン・インターナショナルテクニカルディベロップメントセンター・デピュティディレクター、ハーバート・シュルツ氏)と自信に満ちた発言もあるほどだ。もうひとつの特徴は、エモーショナルなスタイリング。ライバルのゴルフのパッケージングがこのクラスの基本になっているところがあるから、差別化をはかるといきおい感覚的な要素を少なからず取り込まざるをえないのかもしれない。しかしそうなると今度は流行商品におちいる危険性も出てくる。「新型アストラは日本車の“悪しき”影響をけっこう受けているなあ」という声も発表会会場で聞かれた。(WebCG=オガワ)
  • オペル・アストラワゴン LS(4AT)【ブリーフテスト】 2001.4.11 試乗記 ……233.0万円
    総合評価……★★★




  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る