【スペック】GSR(6MT):全長×全幅×全高=4490×1770×1450mm/ホイールベース=2625mm/車重=1420kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC 16バルブターボ・インタークーラー付き(280ps/6500rpm、40.8kgm/3000rpm)/価格=362万2500円(テスト車=376万9500円/BBSアルミホイール=14万7000円)

三菱ランサーエボリューションIX MR/ワゴンMR【試乗速報】

次を待つ必要はない 2006.08.30 試乗記 三菱ランサーエボリューションIX MR/ワゴンMR三菱の本気モデル「ランエボIX」が、セダン/ワゴンともにマイナーチェンジ。「MR」の名を冠し、フェイスリフトの他、エンジン、シャシーに手を加えられた。次期モデルのウワサが早くもささやかれる中、サーキット走行で「MR」の価値を探す。


三菱ランサーエボリューションIX MR/ワゴンMR【試乗速報】の画像
【スペック】
ワゴンGT(6MT):全長×全幅×全高=4520×1770×1480mm/ホイールベース=2625mm/車重=1500kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC 16バルブターボ・インタークーラー付き(280ps/6500rpm、40.0kgm/3000rpm)/価格=348万6000円(テスト車=363万3000円/BBSアルミホイール=14万7000円)

【スペック】ワゴンGT(6MT):全長×全幅×全高=4520×1770×1480mm/ホイールベース=2625mm/車重=1500kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC 16バルブターボ・インタークーラー付き(280ps/6500rpm、40.0kgm/3000rpm)/価格=348万6000円(テスト車=363万3000円/BBSアルミホイール=14万7000円)

「4G63 Final Model」

壁に貼られたMRの宣伝ポスターには「4G63 Final Model」の文字。試乗会場にいたエンジニアは、胸に「4G63」と大書きされたTシャツを着ていた。
大幅にリニューアルされるであろう次期モデル「ランエボX(テン)」を待たずに、MRを買うメリットを聞いてみると、
「熟成された4G63エンジンが一番の魅力じゃないでしょうか。アフターマーケットのパーツも豊富だし、信頼性も高い。また表にはあまりでないことですけど、部品のサプライヤーも最良です。ランエボIX MRは一つの区切りのモデルとなります」
キーワードは4G63エンジンのようだ。

ランエボIXが「MR」に進化した。MRという名称は「Mitsubishi Racing」の略で、多少古いが「ギャランGTO-MR」などのように、トップモデルに付けられるのが通例だ。しかし前作「ランエボVIII」同様、今回もマイナーチェンジ後のモデルに二文字のエンブレムが与えられた。それもセダンだけでなく、ワゴンにもである。
なお、グレード展開はセダンが「GSR」と「RS」、ワゴンが「GT」と「GT-A」となり、セダンの中間グレード「GT」は廃止された。

「MR」の進化は大きく3つ。デザインのリフレッシュもあるが、今回もっとも「MR」らしい変更点が、エンジンとシャシーである。それを体感するために訪れたのは、試乗会場に選ばれた栃木県のヒーローしのいサーキット。さっそく試乗車に乗り込んだ。

インテリアとエクステリアはセダン/ワゴンに共通する変更点。内装はパネル類がピアノブラック塗装になり、フルバケットシートに赤いステッチが入れられた。

インテリアとエクステリアはセダン/ワゴンに共通する変更点。内装はパネル類がピアノブラック塗装になり、フルバケットシートに赤いステッチが入れられた。
【スペック】
ワゴンGT-A(5AT):全長×全幅×全高=4530×1770×1480mm/ホイールベース=2625mm/車重=1540kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC 16バルブターボ・インタークーラー付き(272ps/6500rpm、35.0kgm/3000rpm)/価格=341万2500円(テスト車=355万9500円/BBSアルミホイール=14万7000円)

【スペック】ワゴンGT-A(5AT):全長×全幅×全高=4530×1770×1480mm/ホイールベース=2625mm/車重=1540kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC 16バルブターボ・インタークーラー付き(272ps/6500rpm、35.0kgm/3000rpm)/価格=341万2500円(テスト車=355万9500円/BBSアルミホイール=14万7000円)

タイトコーナーでわかる違い

まず確かめたのは動力性能。スペックの数字では従来と同じだが、アクセルレスポンスが違うとのこと。このようなミニサーキット走行で性能を試すにはもってこいなのである。
細かいコーナーを曲がり、出口が見えたところでアクセルペダルを踏み込むと、ガツンと後ろから叩かれたような加速を見せる。従来モデルが「ブワッ」と加速した感覚に対し、「バッ」と車体が進む。これは、MIVECエンジンのチューニングと、タービンの材質変更、さらに、コンプレッサーホイール(吸気側)の入口径を小さくするなどの結果であるという(GT-Aを除く)。

さらにコーナリング時に気がつくのは、スロットル操作による回頭性の高さである。左右輪のトルク配分を電子制御するスーパーAYCは、従来に比べ左右の駆動力移動範囲が10%広くなったため、タイトコーナーを抜ける時には、アクセルオンでぐいぐい曲がってくれるのである。
もちろん新採用のアイバッハ製スプリングとビルシュタインダンパーのセッティングが、接地性の向上に貢献しているはずだ。またこれらはピッチングレートを減少させ、高速道路などでのフラット感が高まり、安定性と乗り心地の良さをも引き出している。

なお、ワゴンモデルの足まわりは従来どおり。リアの重量が大きいワゴンモデルは、コーナリング時の“オツリ”も大きくなるわけで、これはこれでお尻を振りながら曲がるという楽しみ方ができる。

【スペック】
RS(5MT):全長×全幅×全高=4490×1770×1450mm/ホイールベース=2625mm/車重=1320kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC 16バルブターボ・インタークーラー付き(280ps/6500rpm、41.5kgm/3000rpm)/価格=285万6000円(テスト車=392万1750円/BBSアルミホイール+フロントクロスメンバー補強バー+Brembo社製ブレーキ+スーパーAYC+スポーツABS+BILSTEIN社製単筒式ショックアブソーバー+Eibach社製コイルスプリング=67万2000円/セーフティ機構付パワーウインドウ+センタードアロック+フルオートエアコン+助手席SRSエアバッグ+フロントRECARO社製フルバケットシート=39万3750円)

エクステリアでの注目点はフロントバンパーの形状変更。単なる化粧直しにとどまらず、エアロダイナミクスが考慮され、フロントの揚力係数が減少した。すなわちダウンフォースの増加につながり、高速走行時の安定性を狙ったわけである。GSRは10mm車高ダウンをし、さらにその効果を高める。

ランエボXを待つべきか?

「実はここだけの話、次期モデルの開発と掛け持ちが多く、あまりエンジニアを連れてこれなかったんです」と広報氏。
最近ちらほらと耳にするエボXの開発も急ピッチで進められているようだ。

そんな中で登場した「ランエボIX MR」の価値はなんだろうか?
今後のWRC参戦計画が不透明である三菱の現状を考えると、エボXのキャラクターはここまでコンペティティブなものではないのかもしれない。そう考えると、このMRには、R32型スカイラインGT-Rが今も持つような価値を見いだすことができる。

しかしそれはステータスだけの問題でないことが今回の試乗で確かめられた。1992年10月に誕生した初代ランエボから発展し続けてきた4G63ユニットは最後のひと伸びを見せ、さらにシャシーも戦闘力の高いものになっていた。この価値を手に入れたい人は、次を待つ必要はない。4G63にもうこれ以上の進化はないのだから。

(文=webCG本諏訪裕幸/写真=小河原認/2006年8月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランサーエボリューションの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ランサーエボリューションX GSR(4WD/6AT)【ブリーフテスト】 2008.3.18 試乗記 ……449万6100円
    総合評価……★★★★★

    ハイテク装備満載のハイパフォーマンスカー、「三菱ランエボX」。伝統的なMTに追加された、2ペダルMT「TC-SST」仕様車で、その実力を試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」にピンク色の限定車 2016.11.10 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月9日、「ザ・ビートル」初のピンク色を採用した特別限定車「#PinkBeetle(ハッシュタグ ピンクビートル)」を300台限定で発売した。車両価格は307万円。
  • 「ポルシェ・パナメーラ」にショーファードリブン仕様が登場 2016.11.10 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは2016年11月10日、新型「パナメーラ」のモデルラインナップに新型3リッターV6ターボエンジン搭載モデルと、ボディーを延長した「エグゼクティブ」モデルを追加設定し、同年12月9日に予約受注を開始すると発表した。
  • フォルクスワーゲンとLCCのピーチがコラボレーション 2016.11.10 自動車ニュース 2016年11月9日、フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)と格安航空会社のピーチ・アビエーションのコラボレーションが発表された。同日、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラッピングを施した航空機の運航を開始し、機内でザ・ビートルのピンク色の限定車を発売した。
ホームへ戻る