【スペック】全長×全幅×全高=4865×1800×1695mm/ホイールベース=2900mm/車重=1790kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直4DOHC16バルブ(163ps/5200rpm、25.0kgm/3600rpm)/価格=284万5500円(テスト車=324万1350円/カーウイングスナビゲーションシステム(DVD方式)+バックビューモニター+サイドブラインドモニター+ステアリングスイッチ=30万1350円/前席SRSサイドエアバッグシステム+SRSカーテンエアバッグシステム=9万4500円)

日産プレサージュ250XL(4WD/4AT)【試乗記】

明確なアイデンティティが欲しい 2006.08.29 試乗記 日産プレサージュ250XL(4WD/4AT)……324万1350円2006年5月29日にマイナーチェンジされた「日産プレサージュ」。「SHIFT_ brilliance」をテーマに内外装が大きく変更された新型には、ミニバンユーザーを引きつける魅力があるのか。

厳しいミニバン市場に

日本のミニバンは、スタイリッシュ系とユーティリティ系の2つに大きく分かれる。2リッター以上のスタイリッシュ系には、「トヨタ・エスティマ」と「ホンダ・オデッセイ」という二大巨頭がいる。
この2台、ミニバンとしては歴史があるし、片やタマゴ形、片やローシルエットと、独自のデザイン・アイデンティティを持っている点も共通している。それだけに、ライバルにとっては厳しい戦いになる。日産プレサージュは、それをいちばん痛感している1台かもしれない。

そのプレサージュが2006年5月にマイナーチェンジされたが、新型を見る限り、日産は自分たちが得意とするインテリアデザインで勝負をかけたように見える。メーカーいわく、ダイヤモンドのブリリアントカットを思わせる造形にしたというフロントマスクを持つエクステリアデザインは、たまたま近くに置かれていた旧型と見分けがつかないぐらい似ている。少なくとも、エスティマやオデッセイのように、ひと目見てそれをわかるような特徴には乏しいといわざるを得ない。



日産プレサージュ250XL(4WD/4AT)【試乗記】の画像
写真をクリックするとキャプテンシートモードからベンチシートモードにスライドするさまが見られます。

写真をクリックするとキャプテンシートモードからベンチシートモードにスライドするさまが見られます。
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

インテリアデザインで勝負

それに対して、インテリアは大きく変わった。とくにインパネは一新され、ひとことでいえばプリメーラ風からティアナ風になった。
現行プレサージュは、ティアナと同じFF-Lプラットフォームを使う。しかしマイナーチェンジ前のインパネは、センターにメーターを置き、同じセンターの手前はテーブル状にして、そこにエアコンやカーナビのスイッチをレイアウトするという、プリメーラが確立したスタイルを踏襲していた。

プリメーラのアヴァンギャルドなデザインは、日本では残念ながら受け入れられず、販売が終了してしまった(ヨーロッパではまだ売っている)。一方、ジャパニーズモダンをキーワードにデザインされたティアナは、一時期は大ヒットと呼べる状況だった。この差がプレサージュのマイナーチェンジに反映されたような感じがしてならない。

メーターをドライバー前に戻し、センターパネルは垂直面に近づけるとともに両脇にシルバーでアクセントをつけ、全幅にわたって木目調パネルを張った新型のインパネは、ティアナそっくりだったからだ。
前衛的、独創的なデザインが好きな僕は、旧型のインパネも使いやすかったので好きだったが、ミニバンを選ぶようなユーザーのほとんどはもっと保守的な嗜好の持ち主だろうから、この変更は納得できる。

シートはいままでと同じ。前席はおおむね満足のできる座り心地。2列目はクッションは短めで、形状は平板になるが、こちらも厚みがあって快適だ。前後スライドを最後方にすると、身長170センチの自分の場合、ひざの前には20センチもの空間が残る。ただしサードシートは小さく、頭が天井に触れるから、プラス3と考えたほうがいいだろう。
それを証明するように、折り畳みは簡単に行える。リアに回って左のリングを引くだけで、シートバックが倒れると同時にクッションが跳ね上がり、裏返しになってフロアに収まる。曲芸のようなシートアレンジである。

写真をクリックするとセカンドシートとサードシートがフラットになったシートアレンジが見られます。



街なかでは穏やかだけど

今回のマイナーチェンジでは、メカニズムには大きく手を加えてはいない。試乗したのは250XL 4WDで、約1.8トンのボディに対して2.5リッター直列4気筒エンジンは力不足ではないものの、4段ATが不満に思える。発進や追い越しの瞬間に、排気量なりの力強さが感じられないのだ。逆にスピードに乗ってしまえば、高回転まで回しても不快な音をたてないので、4速のデメリットは感じなかった。マイナーチェンジで実施された騒音・振動の低減が効果を発揮しているのかもしれない。

乗り心地は、街なかを流している限りでは穏やかなのだが、速度を上げるとダイレクトなショックはないものの、足元がドタバタする様子が目立つようになる。ダンパーの仕事が追いついていない感じを受けた。ただし4WDということもあって、コーナーでのグリップレベルは高め。操舵力を軽くしたというパワーステアリングは、ことさら印象には残らなかったから、適度な重さだったということができる。

とはいえ走りについては、最初に書いた二大巨頭に比べると、いろいろな面で厳しさを感じてしまったことも事実である。たしかにインテリアは、個人的には3台でいちばん好ましいと思ったが、それでどれだけのユーザーを引きつけることができるか。根強い人気を誇るユーティリティ系、エルグランドのような明確なアイデンティティが欲しいところである。

(文=森口将之/写真=高橋信宏/2006年8月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る