【F1 2006】2007年カレンダー発表、ヨーロッパ&サンマリノ脱落、鈴鹿は……

2006.08.29 自動車ニュース

【F1 2006】2007年カレンダー発表、ヨーロッパ&サンマリノ脱落、鈴鹿は……

国際自動車連盟(FIA)は、2006年8月29日、2007年シーズンのカレンダーを発表した。全17戦が予定される。

ヨーロッパGP、サンマリノGPが脱落するいっぽう、スパ・フランコルシャンでのベルギーGPが復活。ヨーロッパGPをホストしてきたドイツ・ニュルブルクリンクとドイツGPのホッケンハイムリンクは交互開催を決めており、ドイツは今後1レースのみとなる。
またサンマリノGPのイモラは、施設のアップグレードが必要とされている。

日本GPは例年どおりシーズン終盤、第16戦として10月7日に予定されるが、舞台は鈴鹿サーキットではなく富士スピードウェイへと変更される。
“パシフィックGP”など1国2開催を目指していた鈴鹿(つまりホンダ)だが、このままでいくと残念ながら富士(トヨタ)のみになりそうだ。

開幕戦にオーストラリアGPが返り咲き、マレーシア、バーレーンとフライアウェイを経てヨーロッパのオープニングはスペインGPがつとめる。次のモナコのあとはカナダ、アメリカと北米2連戦。以後フランス、イギリス、ドイツ、ハンガリー、トルコ、イタリア、ベルギーと欧州戦が続き、シメは中国、日本、そしてブラジルとなる。

以下のスケジュールを見ればわかるが、第3戦バーレーンから第4戦スペインの間に1ヶ月弱のインターバルがあり、今後脱落したGPが復活する、という可能性もなくはないだろう。

3月18日 オーストラリアGP
4月8日 マレーシアGP
4月15日 バーレーンGP
5月13日 スペインGP
5月27日 モナコGP
6月10日 カナダGP
6月17日 アメリカGP
7月1日 フランスGP
7月8日 イギリスGP
7月22日 ドイツGP
8月5日 ハンガリーGP
8月26日 トルコGP
9月9日 イタリアGP
9月16日 ベルギーGP
9月30日 中国GP
10月7日 日本GP
10月21日 ブラジルGP

(webCG 有吉)

【F1 2006】2007年カレンダー発表、ヨーロッパ&サンマリノ脱落、鈴鹿は……の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。