ついに日本にもディーゼル導入、「メルセデスEクラス」ラインナップを大幅変更

2006.08.28 自動車ニュース

ついに日本にもディーゼル導入、「メルセデスEクラス」ラインナップを大幅変更

ダイムラー・クライスラー日本は、2006年8月28日、アッパーミドルクラス「メルセデス・ベンツEクラス」の改良とラインナップ変更を発表。フェイスリフトやエンジンチェンジなどを実施したが、やはり一番の注目は、最新鋭ディーゼルエンジン搭載モデルの導入だろう。

■新エンジンと7G-TRONICを搭載

日本では2002年6月から販売されている「メルセデス・ベンツEクラス」(W211)。幾度かエンジン変更などが行われているが、今回はいわばシリーズ全体のマイナーチェンジである。
シャシーなどの骨格部分は従来どおり、内外装デザインとエンジンおよびトランスミッションの変更、安全装備の追加などが眼目となる。

外観では、フロントグリルやヘッドランプ、リアコンビネーションランプの意匠をリフレッシュ。形状が変更されたドアミラーは、風切り音低減にも役立っているという。
内装では、ステアリングホイールやシフトノブの形状が変わるなどした。

日本専用モデルとして用意された「アバンギャルドS」(E350、E550)には、AMGデザインのボディパーツやアルミホイールが奢られ、内装にもホワイトステッチの本革スポーツシートや、ステンレスペダルなど、スポーティな演出が施される。

■エンジンは5種類

エンジンは従来の3、3.5リッターV6の両エンジンをキャリーオーバー。5リッターV8 SOHCにかわり、5.5リッターV8 DOHC(387ps/54.0kgm)が採用され、AMG製も5.5リッターV8スーパーチャージャーから、6.3リッターV8(514ps/64.2kgm)に変更された。
そして3リッターコモンレール式直噴ディーゼルユニット(211ps/55.1kgm)も追加された。なお3リッターモデル「E280」はエンジンを同じとしながらも「E300」と名称が変更された。

トランスミッションは、4WDモデル「3.5リッター+4-MATIC」(5段AT)を除き、すべてのグレードが7段AT「7G-TRONIC」化。さらに「アバンギャルドS」とAMGには、ステアリング裏にパドルシフトも備わり、スポーティなシフトが楽しめるという。

安全面では、メルセデスの新しい安全コンセプトである「PRO-SAFE」に基づき、装備が見直された。事故を予測し準備する「PRE-SAFE」として、衝突に備えての電動シートベルトテンショナーの作動、着座ポジションの自動調整機能などを追加。「PERFORM-SAFE」として、危険回避性能を高めるために、アクセルペダルから急に足を離した際に、素早く制動力を得られるようにする「アダプティブブレーキ」などが採用された。

価格は、セダンが672.0万円から1400.7万円まで、ワゴンは722.4万円から1442.7万円までとなる。

■ディーゼルは「高性能」「高効率」「クリーン」

欧州での試乗会などでは何かと話題になり、モーターショーでも注目される最新鋭ディーゼルエンジンが、ついに日本にも正式導入された。

新車登録の約半分を占めるほどとなっている欧州でのディーゼル人気、Eクラスもおよそ7割がディーゼルモデルのオーダーという。
すでに彼の地では、ディーゼルエンジン=「高性能」「高効率・低燃費」「クリーン」というイメージが定着しているというが、「ディーゼル=悪」と思われがちな日本で受け入れられるか、市場の動向に注目したい。

この人気ユニットを満を持して日本に導入するダイムラー・クライスラー日本のハンス・テンペル社長は、「日本の自動車市場にとっては画期的なこと。お客様は歓迎してくれるものと確信している」とコメントした。
メルセデス・ベンツの動きを皮切りに、今後は各インポーターのディーゼル日本導入も予想される。

■55.1kgmの大トルクを低回転域から

「E320 CDIアバンギャルド」に搭載されるコモンレール式直噴ディーゼルユニットは、ピエゾインジェクターの採用により、精密かつ効率のいい燃料噴射を可能としたもの。
排出ガスは2個の触媒コンバータとDPF(粒子状物質除去フィルター)によりクリーンに保たれるという。
なお、ピエゾインジェクターは燃焼音の低減にも効果的で、高い静粛性を実現したという。加えて日本仕様には車内への音の進入を抑えるため、多くの遮音材が追加された。

ディーゼルエンジンの特徴である大トルクはこのユニットでも実現され、55.1kgmの最大トルクを1600回転という低回転から発生させるパフォーマンスを見せる。
これに大きく貢献しているのが「VNT(バリアブル・ノズル・タービン)ターボチャージャー」。タービンの羽根の角度をエンジン回転に応じて変化させることで、回転域を問わずに効率的でスムーズな過給が行われると謳われる。

気になる燃費だが、エンジン諸元は現在申請中とのことで数字は公表されていない。しかし、先日日本で開催された各メディアによるエコランコンテストでは、多くのクルマが15km/リッター台に乗せるなど、省燃費であることは想像に難くない。

「E320 CDIアバンギャルド」の価格は、セダン840.0万円、ワゴン877.8万円となる。

(webCG 本諏訪)


メルセデス・ベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

ついに日本にもディーゼル導入、「メルセデスEクラス」ラインナップを大幅変更の画像

「最新鋭ディーゼルエンジンの投入で、日本の新しいスタンダードを創り出していきたい」と語る、ダイムラー・クライスラー日本のハンス・テンペル社長。

「最新鋭ディーゼルエンジンの投入で、日本の新しいスタンダードを創り出していきたい」と語る、ダイムラー・クライスラー日本のハンス・テンペル社長。

最上級「E63AMG」(セダン1400.7万円/ワゴン1442.7万円)のインパネ。7段ATはステアリング裏のパドルシフトでも操作できる。なお、セダンは右ハンドルも選択可能。

最上級「E63AMG」(セダン1400.7万円/ワゴン1442.7万円)のインパネ。7段ATはステアリング裏のパドルシフトでも操作できる。なお、セダンは右ハンドルも選択可能。



ついに日本にもディーゼル導入、「メルセデスEクラス」ラインナップを大幅変更の画像

部品や補機類を含めて、エンジン全体をひとつのユニットとした「ワンボックスコンセプト」によるディーゼル、3リッターV6 CDIエンジン。

部品や補機類を含めて、エンジン全体をひとつのユニットとした「ワンボックスコンセプト」によるディーゼル、3リッターV6 CDIエンジン。

すべてのエンジンでワゴンモデルを選ぶことができる。

すべてのエンジンでワゴンモデルを選ぶことができる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 新型「メルセデス・ベンツEクラス ステーションワゴン」発表会の会場から 2016.11.29 画像・写真 メルセデス・ベンツ日本は新型「Eクラス ステーションワゴン」を発表した。また、クリスマスイベントとして「Mercedes-Benz Connection NEXTDOOR Star Garden」をオープンする。発表会の様子を画像で紹介する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
ホームへ戻る