【F1 2006】第14戦トルコGP、マッサ初優勝! アロンソvsシューのタイトル争いは……

2006.08.27 自動車ニュース

【F1 2006】第14戦トルコGP、マッサ初優勝! アロンソvsシューのタイトル争いは……

F1世界選手権第14戦トルコGP決勝が、2006年8月27日、イスタンブール・パーク・サーキット(5.34km)を58周して行われた。

アロンソ対シューマッハーのタイトル争いが激化するなか、フェラーリのフェリッペ・マッサが初ポールポジションからミスなく走りきり、優勝をかっさらった。25歳のブラジル人にとっては、デビュー5年目、GP出走67戦目で手に入れた初めての勝利となる。

チャンピオン獲得を目指す主役のふたりは、終盤にかけて大接戦を繰り広げたが、パフォーマンス面でやや劣勢なルノーのフェルナンド・アロンソが2位、フェラーリのミハエル・シューマッハーが僅差の3位でゴール。残り4戦、得点差は2点拡大し12点となった。

以下、4位に前戦ハンガリーで初優勝したジェンソン・バトン(ホンダ)、5位に1ストップ作戦に賭けたペドロ・デ・ラ・ロサ(マクラーレン・メルセデス)、6位にオープニングラップでスピンをきっしたジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)、7位にエンジン交換で15番グリッドからスタートしたラルフ・シューマッハー(トヨタ)、そして8位ルーベンス・バリケロ(ホンダ)らが入賞した。

スーパーアグリ・ホンダの2台、佐藤琢磨、山本左近ともレースを走りきることができなかった。

■シューマッハーの敗因

明らかに速さで分のあるフェラーリ&シューマッハーだったが、チームは1-3で終わったものの、最大のライバル、ルノー&アロンソには敗北した。その敗因は2つ、予選での失敗と、セーフティカーラン中の“不運”といえる。

まずはトップ10グリッドを決める土曜予選“Q3”、終盤のアタック中に重めのマシンが災いして、シューマッハーは1コーナーでワイドにはらみ、最終的にチームメイトのマッサの後ろ、2番グリッドに落ち着いた。

気温30度以上、猛暑のレースデイ。スタートでシューマッハーは3番グリッドのアロンソを牽制し何とか2位をキープし、1位マッサ、2位シューマッハーのフェラーリ2台が序盤をコントロールした。

そして“不運”の出番。14周目、ヴィタントニオ・リウッツィ(トロロッソ・コスワース)が1コーナーの危険な場所にマシンを止めたことでセーフティカーがコースインした。

セーフティカーラン中に給油・タイヤ交換を済ませようと各車ピットインするが、フェラーリは2台同時にピットへ駆け込んだため、後回しになったシューマッハーの作業が遅れ、やはり同じタイミングでピットに入ったアロンソに2位の座を奪われた。

それでも、最近できたサーキットのなかでも追い抜きしやすいイスタンブール、シューマッハーの逆転劇も期待できたが、相手は最年少チャンピオン、執拗に迫る紅いマシンを、青いマシンは抑えきった。チェッカードフラッグを受けた2台の差は0.1秒。落とせない一戦、勝てた一戦で、シューマッハーは負けた。

アロンソ108点対シューマッハー96点、ルノー160点対フェラーリ158点。残るはイタリア、中国、日本、ブラジルの4戦。マスダンパー禁止で勢いが奪われたルノー、そして息を吹き返したフェラーリによる2006年後半戦は最終章に突入する。
次戦はフェラーリの本拠地、モンツァでのイタリアGP。決勝は9月10日だ。

(webCG 有吉)


スタートシーン。アロンソがシューマッハーに並びかけたが抜くには至らず。1コーナーでルノーの挙動が一瞬不安定になったのと連鎖して、後方ではジャンカルロ・フィジケラがスピン。ニック・ハイドフェルドらを巻き込んで混乱が起きたが、セーフティカーは出動ならなかった。(写真=Ferrari)


レース序盤、マッサ1位、シューマッハー2位、アロンソ3位のオーダーが崩れたきっかけは、14周目に投入されたセーフティカー。続々とピットに入る各車のなかで、フェラーリは2台を同時に迎え入れざるを得なかった。作業が後回しになったシューマッハーは、ご覧のとおりピットでアロンソに2位の座を奪われ、その後逆転の機会をうかがったがこのままゴールした。(写真=Renault)


前戦ハンガリーGPで初優勝したジェンソン・バトン(写真中央)とホンダ勢だったが、フェラーリ、ルノーの2強との差はまだまだある。6番グリッドからスタート、序盤の混乱をくぐり抜け、2周目にマーク・ウェバーを抜き4位にアップしてからは、孤独な走行が続いた。結局バトンは4位でゴール。8位でフィニッシュしたルーベンス・バリケロとともにダブル得点には成功したホンダだった。(写真=Honda)


中段グループにとって、1コーナーの混乱は無縁ではいられなかった。エンジン交換により10グリッド降格、15番グリッドからスタートしたラルフ・シューマッハー(写真)はフロントウィングを壊し大きく後退。しかしセーフティカーが有利に働き7位入賞まで挽回した。チームメイトのヤルノ・トゥルーリは、マシンに損傷はなかったものの1コーナーの混乱の煽りを受け順位を落とし、タイヤの選択にも誤り、結果9位でフィニッシュした。(写真=Toyota)


スーパーアグリの佐藤琢磨(写真)は、シャシートラブルで予選は最後尾22位。スタートの混乱でマシンを壊しピットで修復。その後は16周遅れてレースに復帰しデータ集めに終始した。山本左近は、21番グリッドからスタート。17番手を走っていた23周目、1コーナーでコースアウトし、リタイアした。(写真=Honda)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。