第277回:スズキSX4試乗
これは現代のフィアット・パンダかも?(小沢コージ)

2006.08.26 エッセイ

第277回:スズキSX4試乗これは現代のフィアット・パンダかも?

■日本じゃ中途半端、でも乗ったら……

スズキSX4に乗ってきました。あんまり期待してなかったんですけどね。“スポーツ・クロスオーバー”の略であるSXって名前からしてイメージがわきづらかったし、今後、スズキがWRCで闘うWRカーのベース車ってのも良くわからなかった。なぜこのクルマで? って感じ。

なによりそのスタイルよ。ちょっとクロカン4WDっぽくずんぐりむっくり車高が高い上に、ルーフレール付きグレードもあって、なおかつ全長短め。
結局、日本じゃ泣かず飛ばずだったトヨタ・ヴォルツや昔あった三菱RVRみたいじゃない。なんというか、日本じゃ中途半端なのよ。コンパクトカーとしてはデカいし、RVとしてはワゴンの方がスラっと伸びやかでカッコいい上、ラゲッジも広いと。

ところがどっこい、乗ったら目からウロコが落ちました。こんなにいいクルマだったのか……。確かに日本じゃジャンル的に爆発的ヒットは見込めないかもしれないけど、その存在はまさに適度にオシャレでアクティブな現代的マルチパーパスビークルそのもの。
ヨーロッパ車で言えば、初代フィアット・パンダみたいな存在なのだ。実際、基本フォルムはイタル・デザインがやったって話だしね。ちょっとホメすぎかもしれないけど……。

でも実際、これと同じやつをフィアット・セディチとしてヨーロッパで売ってて、すでに5ヶ月待ちの人気だとか。それもわかるような気がします。

■ヨーロッパ車的なテイスト

まず驚いたのはその走りよね。正直、この手のミニRVってのは、全体的に大味で特に重心の高さからくるハンドリングの“眠さ”があって、走ってもちっとも楽しくないんだけど、これはまさに良く出来たヨーロピアン・コンパクトカーのそれ。
ボディ剛性は十二分に高く、乗り降りのしやすさからもうかがえるように重心が低く、ステアリングがシャープで手応えがちゃんとある。

エンジンは特にパワフルでもないけど、1.5リッター、2リッターともにトルクが十分あって、それからATとのマッチングが良く、加速が思い通りに得られるだけでなく、ブレーキもカッチリ良く効く。なんつーか、基本が出来てるのよ。

それから良かったのが乗り心地。硬めの足まわりと分厚いクッションを持つシートの組み合わせで、過不足なく体を支えてくれる。ちょっとヨーロッパ車的なテイストだ。
居住性も十分あってフロント、リア席ともに背筋を立てて座らせるタイプなんだけど、ヒザも頭まわりも十分に余裕がある。ラゲッジルームも十分に広く、まさに5人ぐらいの家族が日常的に使うには必要かつ十分なクルマなのだ。

デザインも最初はずんぐりむっくりピンと来なかったけど、見れば見るほど丸くキュートかつ細工も効いててインテリジェンスに富んでるのがわかってくる。ま、個人的にはフロントグリルがバカっと開いてるフィアット・セディチの方が大胆で好きだけどね。SX4も悪くない。

ってなわけでハッキリ言ってVWゴルフ並みのユーティリティとしっかり感、デザインレベルの高さを持ってると思うんだけど、それでいて価格は150〜200万円。ハッキリ言って大バーゲンだと思いました。
おそらく軽で有名なスズキ製ってことで、日本じゃトヨタ、ホンダ、日産製コンパクトカーの影に隠れちゃうけど、密かな名車になること間違いなし。俺が駆け出しのアウトドア好きサラリーマンだったら買っちゃうかもしんないよ! って出来です。マジでね。

(文と写真=小沢コージ/2006年8月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』