【スペック】全長×全幅×全高=3815×1645×1440mm/ホイールベース=2490mm/車重=1110kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ(90ps/6000rpm、12.8kgm/4000rpm)/車両本体価格=187.0万円(テスト車=同じ)

オペル・ヴィータGLS(4AT)【ブリーフテスト】

オペル・ヴィータGLS(4AT) 2001.04.03 試乗記 ……187.0万円総合評価……★★★★

グッと大人に

ひとまわり大きくなった3代目。ボディライン、目つきもシャープになって、「かわいいヴィータ」からの脱却を図る。なんとか男性も振り向かせたい。
ペダンと平らなシートに座ると、高いショルダーラインもあって囲まれ感が高い。先代より圧縮比を上げた「エコテック」ツインカムは、低回転域からトルクもち。1.1トンと軽いボディを難なく加速させる。とはいえ、ボディががっしりしていることもあり、コンパクトモデルの「軽々しさ」とは無縁。足も硬めで、14インチを履くバネ下はときにバタつく。良くも悪くも欧州調。
小柄なボディに似合わず、しかし先代より45mm延長されたホイールベースを活かして、高速巡航は得意。「スタビリティ」という単語がしきりに思い出される直進性。矢のように走る。実用燃費の良さにもビックリ。
時流にのってユニセックス化したヴィータ。ママチャリ代わりに使うより、西へ東へとハードに走るヒト向き。アギーラ(ワゴンRのOEMモデル)という弟を得て、コルサ(ヴィータ)はグッと大人になりました。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2000年10月のパリサロンで発表された3代目コルサ(邦名ヴィータ)。1983年の初代デビュー以来、オペルのボトムレンジを担う、3/5ドアのハッチバックモデルである。本国では、3シリンダーの1リッター、直4の1.2、1.4、1.8ほか、1.7リッターのターボディーゼルがラインナップされる。2001年2月1日から、「1.4リッター+4段AT」モデルの日本への輸入がはじまった。
(グレード概要)
5ドアが「GLS」、3ドアが「Swing」。ボディ寸法、機関は同じだ。ドアの枚数以外に、GLSにはフロントフォグランプ、アルミホイール、本革ステアリングホイールなどが装備されるのが違い。いずれも前席ダブルエアバッグ、サイドエアバッグ、後席ISOFIX対応チャイルドシート固定フックほか、衝突するとブレーキペダルが脱落してドライバーの脚部への損傷を抑える「FPS(フットプロテクションシステム)」を装備する。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
定規とコンパスだけで描いたような、単純な曲線と直線が支配するインストゥルメントパネル。小さなシボまで幾何学的に並ぶ。味気はないが、実用的。ステアリングホイールには、オーディオコントロール用のボタンが付く。
(前席)……★★★
「安楽」より「実用」を重視した前席。平板な形状ながら、硬めで、長時間乗っても疲れない。サイズは並みだが、ハイトコントロールで座面を調整すれば、しっかり太股、腰まわりを支えてくれる。
(後席)……★★
短い座面が前あがりになっているので、自然とヒザの曲がりが大きくなる。ボディサイズ通り、足もとは決して広くない。頭上は、十分な空間があり、天井が後まで伸びるのがいい。実用に足るリアシート。丈夫そうなヘッドレストが頼もしい。
(荷室)……★★★
床面最大幅110cm、奥行き66cm、パーセルシェルフまでの高さ51cmの荷室。後席が後傾しているので、数値ほどの奥行きはないが、日常の買い物には十分だろう。後席は分割可倒式。座面を前に倒すダブルフォールディングも可能だ。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
実用エンジンのカガミのような、低回転域でトルキーなDOHCユニット。電子制御スロットルが採用された。ボディが大きくなり、遮音が強化されたためか、先代よりは静かになった(と思う)が、依然として無愛想に活発。4段ATのシフトは自然だ。街なかでも不満ない。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
ハイスピードクルージングでもアゴを出さないタフなアシまわり。高速道路では、コンパクトモデルとは思えないフラットな乗り心地。一方、街路ではアシがバタつき気味。路面の凹凸もそれなりに拾うので、近所の買い物にしか使わないヒトには、「乗り心地が悪いクルマ」かも。

(写真=河野敦樹)

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2001年3月30日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2001年型
テスト車の走行距離:3787km
タイヤ:(前)175/65R14 82T/(後)同じ(いずれもContinental ContiEcoContact EP)
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):高速道路(8)
テスト距離:556.0km
使用燃料:43.9リッター
参考燃費:12.7km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィータの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • オペル・ヴィータGSi(5MT)【試乗記】 2002.5.28 試乗記 オペル・ヴィータGSi(5MT)
    ……217.0万円

    2002年モデルから追加された、1.8リッター「エコテック」ユニット搭載の5段MTモデル「GSi」。ヴィータのスポーツモデルにwebCG記者が乗った。


  • オペル・ヴィータGLS(4AT)【ブリーフテスト】 2001.4.3 試乗記 ……187.0万円
    総合評価……★★★★




  • オペル・ヴィータGLS(4AT)【試乗記】 2001.2.21 試乗記 オペル・ヴィータGLS(4AT)
    ……187.0万円

    オペルの小型ハッチ、ヨーロッパでは「コルサ」、邦名「ヴィータ」の国内販売が、2001年2月1日から始まった。当面、輸入されるのは、1.4リッター+4段ATの5ドア「GLS」と3ドア「Swing」。「かわいいヴィータ……」からの脱皮を図り、先代より半まわり大きくなったコンパクトモデルはどうなのか?


  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • スズキ、「エブリイ」の特別仕様車に4段AT搭載車を追加設定 2016.11.11 自動車ニュース スズキは2016年11月11日、軽商用車「エブリイ」の特別仕様車「PAリミテッド/PCリミテッド」に4AT搭載車を追加設定し、販売を開始した。これまでは5MTと、5段MTの変速を自動化した5AGSのみが設定されていた。
ホームへ戻る