【スペック】全長×全幅×全高=3815×1645×1440mm/ホイールベース=2490mm/車重=1110kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ(90ps/6000rpm、12.8kgm/4000rpm)/車両本体価格=187.0万円(テスト車=同じ)

オペル・ヴィータGLS(4AT)【ブリーフテスト】

オペル・ヴィータGLS(4AT) 2001.04.03 試乗記 ……187.0万円総合評価……★★★★

グッと大人に

ひとまわり大きくなった3代目。ボディライン、目つきもシャープになって、「かわいいヴィータ」からの脱却を図る。なんとか男性も振り向かせたい。
ペダンと平らなシートに座ると、高いショルダーラインもあって囲まれ感が高い。先代より圧縮比を上げた「エコテック」ツインカムは、低回転域からトルクもち。1.1トンと軽いボディを難なく加速させる。とはいえ、ボディががっしりしていることもあり、コンパクトモデルの「軽々しさ」とは無縁。足も硬めで、14インチを履くバネ下はときにバタつく。良くも悪くも欧州調。
小柄なボディに似合わず、しかし先代より45mm延長されたホイールベースを活かして、高速巡航は得意。「スタビリティ」という単語がしきりに思い出される直進性。矢のように走る。実用燃費の良さにもビックリ。
時流にのってユニセックス化したヴィータ。ママチャリ代わりに使うより、西へ東へとハードに走るヒト向き。アギーラ(ワゴンRのOEMモデル)という弟を得て、コルサ(ヴィータ)はグッと大人になりました。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2000年10月のパリサロンで発表された3代目コルサ(邦名ヴィータ)。1983年の初代デビュー以来、オペルのボトムレンジを担う、3/5ドアのハッチバックモデルである。本国では、3シリンダーの1リッター、直4の1.2、1.4、1.8ほか、1.7リッターのターボディーゼルがラインナップされる。2001年2月1日から、「1.4リッター+4段AT」モデルの日本への輸入がはじまった。
(グレード概要)
5ドアが「GLS」、3ドアが「Swing」。ボディ寸法、機関は同じだ。ドアの枚数以外に、GLSにはフロントフォグランプ、アルミホイール、本革ステアリングホイールなどが装備されるのが違い。いずれも前席ダブルエアバッグ、サイドエアバッグ、後席ISOFIX対応チャイルドシート固定フックほか、衝突するとブレーキペダルが脱落してドライバーの脚部への損傷を抑える「FPS(フットプロテクションシステム)」を装備する。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
定規とコンパスだけで描いたような、単純な曲線と直線が支配するインストゥルメントパネル。小さなシボまで幾何学的に並ぶ。味気はないが、実用的。ステアリングホイールには、オーディオコントロール用のボタンが付く。
(前席)……★★★
「安楽」より「実用」を重視した前席。平板な形状ながら、硬めで、長時間乗っても疲れない。サイズは並みだが、ハイトコントロールで座面を調整すれば、しっかり太股、腰まわりを支えてくれる。
(後席)……★★
短い座面が前あがりになっているので、自然とヒザの曲がりが大きくなる。ボディサイズ通り、足もとは決して広くない。頭上は、十分な空間があり、天井が後まで伸びるのがいい。実用に足るリアシート。丈夫そうなヘッドレストが頼もしい。
(荷室)……★★★
床面最大幅110cm、奥行き66cm、パーセルシェルフまでの高さ51cmの荷室。後席が後傾しているので、数値ほどの奥行きはないが、日常の買い物には十分だろう。後席は分割可倒式。座面を前に倒すダブルフォールディングも可能だ。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
実用エンジンのカガミのような、低回転域でトルキーなDOHCユニット。電子制御スロットルが採用された。ボディが大きくなり、遮音が強化されたためか、先代よりは静かになった(と思う)が、依然として無愛想に活発。4段ATのシフトは自然だ。街なかでも不満ない。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
ハイスピードクルージングでもアゴを出さないタフなアシまわり。高速道路では、コンパクトモデルとは思えないフラットな乗り心地。一方、街路ではアシがバタつき気味。路面の凹凸もそれなりに拾うので、近所の買い物にしか使わないヒトには、「乗り心地が悪いクルマ」かも。

(写真=河野敦樹)

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2001年3月30日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2001年型
テスト車の走行距離:3787km
タイヤ:(前)175/65R14 82T/(後)同じ(いずれもContinental ContiEcoContact EP)
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):高速道路(8)
テスト距離:556.0km
使用燃料:43.9リッター
参考燃費:12.7km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • オペル・ヴィータGSi(5MT)【試乗記】 2002.5.28 試乗記 オペル・ヴィータGSi(5MT)
    ……217.0万円

    2002年モデルから追加された、1.8リッター「エコテック」ユニット搭載の5段MTモデル「GSi」。ヴィータのスポーツモデルにwebCG記者が乗った。


  • フランクフルトショー2015の会場から(その20) 2015.9.23 画像・写真 オペルはフランクフルトモーターショー(開催期間は9月15日~27日。一般公開は9月19日から)で新型「アストラ」を発表した。復活したドイツのブランド、ボルクヴァルトのクロスオーバーモデル「BX7」とともに画像で紹介する。
  • オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)【試乗記】 2003.2.7 試乗記 オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)
    ……169.5万円

    「ドライビングは知的なスポーツだ」とカタログで謳う「オペル・ヴィータ スポーツ」。オートマチックモードをもち、必要とあらばシーケンシャルシフトを楽しめるブリッツマークの末弟に、自動車専門誌『NAVI』の副編集長、佐藤健が乗った。


  • 新型オペルアストラ「CD」、日本発売(7/3) 1998.7.3 自動車ニュース 株式会社ヤナセは新型「オペルアストラCD」を7月11日より発売すると発表した。従来とはかなりイメージが変わったハッチバックボディが特徴的だ。価格は230.0万円だ。エンジンは新開発の1795cc4気筒DOHC16バルブユニットが搭載される。最高出力は115ps/5400rpm、最大トルクは17.3kgm/3400rpmだ。ギアボックスは電子制御4段ATとなる。ボディサイズは全長×全幅×全高=4110×1710×1420mmで、ホイールベースは2615mm(従来型プラス100mm)だ。車両重量は1210kgである。ボディはねじれ剛性が従来型より1.8倍向上したとされている。12年間の錆穴保証もつけられる亜鉛メッキ鋼板を使用しているのも特徴だ。マクファーソン・ストラットのフロントサスペションはサブフレームを用いることで振動、騒音などの低減をはかったという。リアサスペンションはトレーリングアーム付トーションビームと形式こそ従来と同じだが、新型ではレイアウトを根本から見直して、性能を上げるとともに、トレーリングアーム、ホイールキャリア、ダンパーマウントという3つのユニット構成とすることで軽量化をはかっている。能動的安全性の面ではABSの性能を上げるとともに、トラクションコントロールが標準装備とされている。受動的安全性の面では、ボディの構造をアップデートしていることに加え、前席デュアルエアバッグ、シート一体型サイドエアバッグ、プリテンショナー&フォースリミッター付前席シートベルト、前面衝突時にブレーキペダルが室内に突出するのを防ぐフットプロテクションシステムなどが採用されている。今回は「アストラワゴンCD」も同時発売された。今回の新型アストラ発表の場でさかんに使われた表現がおもしろかった。「プレミアムコンパクト」。インポーターを務めるヤナセの稲山孝英代表取締役社長によると、サイズはコンパクトで機能、性能、品質をあげたモデルのことを指すのだそうだ。新型アストラはたしかに仕上げ、しっかり感、各部のデザイン処理などで従来型を大きくしのいでいる。「新型ゴルフはグッドだ。しかしアストラはベターだ」(オペルジャパン・インターナショナルテクニカルディベロップメントセンター・デピュティディレクター、ハーバート・シュルツ氏)と自信に満ちた発言もあるほどだ。もうひとつの特徴は、エモーショナルなスタイリング。ライバルのゴルフのパッケージングがこのクラスの基本になっているところがあるから、差別化をはかるといきおい感覚的な要素を少なからず取り込まざるをえないのかもしれない。しかしそうなると今度は流行商品におちいる危険性も出てくる。「新型アストラは日本車の“悪しき”影響をけっこう受けているなあ」という声も発表会会場で聞かれた。(WebCG=オガワ)
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る