フィアット復活物語 第3章「郵便配達、レンタカー、軍警察仕様――フィアットの知られざるお得意様たち」(大矢アキオ)

2006.08.25 エッセイ

第3章:「郵便配達、レンタカー、軍警察仕様――フィアットの知られざるお得意様たち」

郵便局前に待機するパンダ郵便車仕様。
郵便局前に待機するパンダ郵便車仕様。
ただいまお姉さんが配達中。
ただいまお姉さんが配達中。

■後部を荷室にした“配達パンダ”

日本ではパーソナルカーのイメージがあるフィアットだが、実はイタリアでは法人車として、長年さまざまなお役所に納入されてきた。ミラノなどの直営支店には、長年そうした顧客に対応する法人営業部がある。

ところがここ数年、そのマーケットを外国車に浸食されていたのも事実である。そこでフィアットは、そうした法人需要で巻き返しを図るべく奮闘している。

たとえば最近、イタリアにおける新しい朝の風景といえば、フィアット・パンダの郵便配達車である。
フロントシート直後に網状のパーティーションを設け、後部を荷室にした「パンダ・バン」といわれる商用車仕様だ。
サイドやエンジンフードには、イタリア郵便会社のCIロゴが走っている。著名デザイナー、ミケーレ・デ・ルッキのディレクションによるものである。

それらの配達パンダ、実はリースカーだ。実際にリースを担当しているのは、欧州における主要レンタカー会社のひとつである「ユーロップカー」社と、仏BNPパリバ銀行系のリース会社「アルヴァール」社である。
リース会社との連携をより密にして、拡販を図っているのだ。

我が街の保健所に導入された新型パンダ。
我が街の保健所に導入された新型パンダ。
アルファ159軍警察仕様。こういういいクルマ、やっぱり上官や先輩に優先配備か? (フィアット提供)
アルファ159軍警察仕様。こういういいクルマ、やっぱり上官や先輩に優先配備か? (フィアット提供)
こちらは国家警察仕様。DESIGN GIUGIAROのバッジはそのまま(フィアット提供)
こちらは国家警察仕様。DESIGN GIUGIAROのバッジはそのまま(フィアット提供)

■“おいしい市場”カンパニーカー需要も狙う

ところで、イタリアではほかの欧州諸国同様、大企業では役員に通勤用の車両を貸与する「カンパニーカー」という制度がある。大半がリース会社を介して用意されるそうしたクルマたちは、個人のクルマより早いサイクルで新車に交換される。

だがこのメーカーにとって「おいしい」市場でもここ数年、アルファ・ロメオやランチアは激しい輸入車攻勢に苦戦してきた。イタリアでメルセデスなどの公認中古車センターに行って、そうしたリースから流れてきたクルマが大量にあるのを見れば、その勢いが窺える。
フィアットは、そうしたカンパニーカー需要でも復興を狙っているのだ。

『Solo Alfa 5』(二玄社刊)で筆者のインタビューに応じたアルファ159の開発責任者C.マルケザーニ氏は、「イタリアでアルファ159を投入する市場の50%超はフリート需要です」と明かしたうえで、159はそのマーケットでの拡大を狙っていると認める。

■ミラーを覗くと、回転灯をつけた159が……

そしてフィアットは、パトカー市場での復活も狙っている。
イタリアの警察は、アルファ・ロメオを伝統的に多く使ってきた。ご存知のとおり、戦前から公営だったことに由来する。とくに1960年代にアウトストラーダ・デル・ソーレ(太陽の道)が順次開通したのに合わせて、高速警備隊にジュリアTIのワゴン仕様が大量導入されたのは、今もイタリア人の間で語り草となっている。

しかし近年はイタリア国家警察も、「導入するクルマの少なくとも25%を外国車にする」という内務省令にしたがい、パトカーにスバル・レガシィツーリングワゴンやBMWを大量導入するようになっていた。また覆面パトカーには、ヒュンダイも多く採用されている。
また、密輸や脱税を取り締まる財務警察も、定番パトカーといえばアルファ・ロメオ155あたりだったが、近年はシトロエン・サクソやクサラを導入するようになった。

そこで巻き返しを図る第一弾として5月、軍警察(カラビニエリ)と国家警察にアルファ159を納入した。いずれもエンジンは、2.4JTDM 20バルブターボディーゼルで、ギアボックスは6段マニュアルである。

159で調子に乗って飛ばしていたら、ミラーに回転灯をつけた159がピッタリ追従、という滑稽なシチュエーションもアウトストラーダで展開されるに違いない。

■ゴネはダメよ

かくもフィアットは、さまざまな法人需要での捲土重来を企てている。

ところでフィアットが狙う法人車といえば、もっと身近なものもある。ずばり、レンタカーである。営業努力の甲斐あって、今年のヴァカンスシーズンは各地のリゾートで、新型プントのレンタカーが大量に走り回るようになった。

ヴィヴィッドなカラーが多い新プントは、実は渋い色を好むイタリア人よりも外国人受けしそうで、まさにレンタカーにぴったりである。

ただし、クルマは選べないのがレンタカーのお約束だ。
「プントじゃなくちゃヤダー」などとゴネた挙句、「あ、財布の中が寂しいんで、ディーゼルあると助かるんですけど」と懇願してカウンター嬢を困らせる筆者の真似は、くれぐれもしないように。

(文と写真=大矢アキオ-Akio Lorenzo OYA/2006年8月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

イタリアコラムニスト。1966年東京生まれ。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒。 二玄社『SUPER CG』編集部員を経て、1996年独立と同時にイタリア在住。 著書に「イタリア式クルマ生活術」光人社刊 ほか著書多数。