名前を改め装備を充実、「VWトゥアレグ」発売

2006.08.24 自動車ニュース

名前を改め装備を充実、「VWトゥアレグ」発売

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、フォルクスワーゲンの高級SUV「トゥアレグ」の装備を充実させ、2006年8月24日に発売した。
これを機に、車名にドイツ語で“誇り”を意味する「シュトルツ」を与え、「トゥアレグV6シュトルツ」「トゥアレグV8シュトルツ」とした。

機関面に変更はなく、内外装、装備を中心にリフレッシュされた。
今年7月に発表したW12気筒エンジン搭載の特別限定車「トゥアレグW12エクスクルーシブ」と同じエクステリアデザインパッケージを採用。前後エアロバンパー、サイドシルエクステンション、ルーフエッジスポイラー、クロームフロントエアインテークなどでお化粧した。

インテリアでは、V8に標準、V6にはオプション設定されるウッドパネルを、Vavona(ヴァボナ)ウッドに変更。レザーシートカラーは従来のアンスラサイト、ベージュの2色に加え、チークも選べるようになった。さらに全車にステアリングヒーターも標準装備された。

またV8には、チルト機構付き電動ガラススライディングルーフと、従来のV8モデルでのオプション装着率が9割を超えていたという「CDCエアサスペンション」を標準装備とした(V6ではオプション)。

価格は、V6モデルが529.0万円、V8モデルは729.0万円。

(webCG 有吉)

フォルクスワーゲン:
http://www.volkswagen.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグV6アップグレードパッケージ(4WD/8AT)【試乗記】 2015.7.1 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が見直された、フォルクスワーゲンのフラッグシップSUV「トゥアレグ」。試乗してみると、その地道なリファインの成果がまざまざと見えてきた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
ホームへ戻る