名前を改め装備を充実、「VWトゥアレグ」発売

2006.08.24 自動車ニュース

名前を改め装備を充実、「VWトゥアレグ」発売

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、フォルクスワーゲンの高級SUV「トゥアレグ」の装備を充実させ、2006年8月24日に発売した。
これを機に、車名にドイツ語で“誇り”を意味する「シュトルツ」を与え、「トゥアレグV6シュトルツ」「トゥアレグV8シュトルツ」とした。

機関面に変更はなく、内外装、装備を中心にリフレッシュされた。
今年7月に発表したW12気筒エンジン搭載の特別限定車「トゥアレグW12エクスクルーシブ」と同じエクステリアデザインパッケージを採用。前後エアロバンパー、サイドシルエクステンション、ルーフエッジスポイラー、クロームフロントエアインテークなどでお化粧した。

インテリアでは、V8に標準、V6にはオプション設定されるウッドパネルを、Vavona(ヴァボナ)ウッドに変更。レザーシートカラーは従来のアンスラサイト、ベージュの2色に加え、チークも選べるようになった。さらに全車にステアリングヒーターも標準装備された。

またV8には、チルト機構付き電動ガラススライディングルーフと、従来のV8モデルでのオプション装着率が9割を超えていたという「CDCエアサスペンション」を標準装備とした(V6ではオプション)。

価格は、V6モデルが529.0万円、V8モデルは729.0万円。

(webCG 有吉)

フォルクスワーゲン:
http://www.volkswagen.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥアレグの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグV6アップグレードパッケージ(4WD/8AT)【試乗記】 2015.7.1 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が見直された、フォルクスワーゲンのフラッグシップSUV「トゥアレグ」。試乗してみると、その地道なリファインの成果がまざまざと見えてきた。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • フォルクスワーゲン・アルテオン 2017.3.7 画像・写真 独フォルクスワーゲンは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、新型5ドアハッチバック車「アルテオン」を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
ホームへ戻る