名前を改め装備を充実、「VWトゥアレグ」発売

2006.08.24 自動車ニュース

名前を改め装備を充実、「VWトゥアレグ」発売

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、フォルクスワーゲンの高級SUV「トゥアレグ」の装備を充実させ、2006年8月24日に発売した。
これを機に、車名にドイツ語で“誇り”を意味する「シュトルツ」を与え、「トゥアレグV6シュトルツ」「トゥアレグV8シュトルツ」とした。

機関面に変更はなく、内外装、装備を中心にリフレッシュされた。
今年7月に発表したW12気筒エンジン搭載の特別限定車「トゥアレグW12エクスクルーシブ」と同じエクステリアデザインパッケージを採用。前後エアロバンパー、サイドシルエクステンション、ルーフエッジスポイラー、クロームフロントエアインテークなどでお化粧した。

インテリアでは、V8に標準、V6にはオプション設定されるウッドパネルを、Vavona(ヴァボナ)ウッドに変更。レザーシートカラーは従来のアンスラサイト、ベージュの2色に加え、チークも選べるようになった。さらに全車にステアリングヒーターも標準装備された。

またV8には、チルト機構付き電動ガラススライディングルーフと、従来のV8モデルでのオプション装着率が9割を超えていたという「CDCエアサスペンション」を標準装備とした(V6ではオプション)。

価格は、V6モデルが529.0万円、V8モデルは729.0万円。

(webCG 有吉)

フォルクスワーゲン:
http://www.volkswagen.co.jp/

関連キーワード:
トゥアレグフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグV6アップグレードパッケージ(4WD/8AT)【試乗記】 2015.7.1 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が見直された、フォルクスワーゲンのフラッグシップSUV「トゥアレグ」。試乗してみると、その地道なリファインの成果がまざまざと見えてきた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
ホームへ戻る