【スペック】セニックRXE:全長×全幅×全高=4170×1730×1620mm/ホイールベース=2580mm/車重=1300kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(138ps/5500rpm、19.2kgm/3750rpm)/車両本体価格=249.0万円

ルノー・セニックRXE(4AT) vs オペル・ザフィーラ(4AT)【ライバル車はコレ】

ルノー・セニックの「ライバル車はコレ」 2001.02.27 試乗記

ルノー・セニックRXE(4AT=249.0万円)

■「自由・平等・博愛」

社名、ブランドの知名度のわりに、わが国では「どんなクルマを売っているのか?」が知られていない元フランス国営自動車会社、ルノー。傘下におさめた日産のディーラーで売られているのが、散見されるようになったが……。
そんなフレンチメーカーが、ミニバン全盛の日本市場に大いなる期待をもって投入したのが、セニック。2000年にマイナーチェンジを受け、顔つきキリリ。エンジンが、2リッターSOHC(115ps)からDOHC16バルブ(138ps)に変更された。全長4170mm、全幅1730mm、メガーヌベースのコンパクトなボディは、都会でも使いやすい。
玄人受けするルノー車のハンドリングのよさは、セニックでも健在。ステアリングホイールを握る人が、単なる「人員運搬人」にならない楽しさがある。弱点は、洗練が足りないシフトプログラム。オートマといえど、シフターをコマメに操作する積極性が求められる。
独立した5つのシートは、フンワリと柔らかく、すばらしい座り心地。リアシートの住人も、前席と同じ快適性が提供される。さすがは、「自由・平等・博愛」の国から来たクルマ。
ミニバンの選択肢豊富な国内において、輸入コンパクトミニバンのライバルといえば、オペル・ザフィーラ。両者のシート配列、ドライブフィールなどに、お国柄が垣間見えて、興味深い。

【スペック】
ザフィーラCDX:全長×全幅×全高=4315×1740×1675mm/ホイールベース=2695mm/車重=1420kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(125ps/5600rpm、17.3kgm/3800rpm)/車両本体価格=289.0万円

【ライバル車はコレ】オペル・ザフィーラCDX(4AT=289.0万円)

■質実剛健の味

セニックと同様の成り立ちをもつのが、オペル・ザフィーラ。デビューは、1997年だから、セニックの1年後輩。同社のコンパクトモデル、アストラとコンポーネンツを共有する。全長4315mm、全幅1740mmと、セニックよりわずかに大きいが、依然として手頃な大きさ。
豊富なシートアレンジメントはもとより、ジマンは、フロアにキレイに収納できるサードシート。使うときには、シャクトリ虫のように現れる。あくまでエマージェンシー用だが、つくりはシッカリ。3点式シートベルトが装備される。ご近所のジュニアバスケットチームの送迎に便利かも。
セニックと比較すると、走りは、グッと「営業」的。1.8リッター「エコテック」ユニット(125ps)は、しわがれ声だが、黙々とよく働く。中低回転域でのトルクが豊かな、使いやすいエンジンだ。4段ATのプログラミングも自然で、「D」に入れっぱなしで走っても不満はない。
ポルシェが開発したという足まわりは、やや硬め。時にゴツゴツするが、高速巡航では、安心感高し。「質実剛健」の味を残したアメリカ資本のジャーマン・ミニバン。

(webCGアオキ/2001年1月)

あなたにおすすめの記事