新型「アウディA6オールロードクワトロ」発売

2006.08.23 自動車ニュース
 

新型「アウディA6オールロードクワトロ」発売

アウディ・ジャパンは、一新された「アウディA6オールロードクワトロ」を、2006年9月30日に発売する。3.2リッターV6「3.2 FSI」(790.0万円)と4.2リッターV8「4.2 FSI」(980.0万円)の2車種を用意。あわせて、「A6/A6アバント」に変更を加えた。

 

2000年デビュー、「A6アバント」をベースにオフロード性能を高め、SUV風に味付けした、当時主に北米で流行したシャコ高ワゴン「オールロードクワトロ」が、2代目へと進化した。

専用デザインのバンパーやフェンダーアーチモールなどでアバントと差別化。高強度スチールとアルミなどで構成されたボディは、全長×全幅×全高=4935×1860×1490mm、ホイールベース=2845mmで、これをもとに「快適に5人が乗車できるスペース」(プレスリリース)や、最大1660リッターまで拡大する荷室を載せた。

日本仕様は、ガソリン直噴「FSI」エンジン搭載モデルのみ。3.2リッターV6は255ps、33.6kgmを発生、4.2リッターV8は350ps、44.9kgmというアウトプットだ。トランスミッションは6段のティプトロニックのみ。駆動方式はもちろんクワトロ、4WDとなる。

標準装備の車高調整機能付きエアサスペンションは先代同様のアイテム。A6オールロードクワトロ専用に設定された「オールロード」モード付きで、5段階で車高を調整できる。さらに専用開発ESP(エレクトロニック・スタビリゼーション・プログラム)は、荒れた路面でのトラクション確保に一役買うとされる。

なお、A6/A6アバントでは、装備の変更などに加え、上級グレードのエンジンを4.2リッターV8のFSIとした。これにより、エントリーグレード用2.4リッターを除いて全車がFSIユニットとなった。セダンは565.0万円から、アバントは591.0万円から。

(webCG 有吉)

 

アウディ・ジャパン:
http://www.audi.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A6の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • 【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開 2017.1.11 自動車ニュース トヨタが、デトロイトショーで北米市場の最量販モデル「カムリ」の新型を世界初公開。8代目となる新型には「プリウス」などに続いて「TNGA」世代の新プラットフォームを採用。日本市場については2017年夏ごろの導入を予定している。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
ホームへ戻る