新型「アウディA6オールロードクワトロ」発売

2006.08.23 自動車ニュース
 

新型「アウディA6オールロードクワトロ」発売

アウディ・ジャパンは、一新された「アウディA6オールロードクワトロ」を、2006年9月30日に発売する。3.2リッターV6「3.2 FSI」(790.0万円)と4.2リッターV8「4.2 FSI」(980.0万円)の2車種を用意。あわせて、「A6/A6アバント」に変更を加えた。

 

2000年デビュー、「A6アバント」をベースにオフロード性能を高め、SUV風に味付けした、当時主に北米で流行したシャコ高ワゴン「オールロードクワトロ」が、2代目へと進化した。

専用デザインのバンパーやフェンダーアーチモールなどでアバントと差別化。高強度スチールとアルミなどで構成されたボディは、全長×全幅×全高=4935×1860×1490mm、ホイールベース=2845mmで、これをもとに「快適に5人が乗車できるスペース」(プレスリリース)や、最大1660リッターまで拡大する荷室を載せた。

日本仕様は、ガソリン直噴「FSI」エンジン搭載モデルのみ。3.2リッターV6は255ps、33.6kgmを発生、4.2リッターV8は350ps、44.9kgmというアウトプットだ。トランスミッションは6段のティプトロニックのみ。駆動方式はもちろんクワトロ、4WDとなる。

標準装備の車高調整機能付きエアサスペンションは先代同様のアイテム。A6オールロードクワトロ専用に設定された「オールロード」モード付きで、5段階で車高を調整できる。さらに専用開発ESP(エレクトロニック・スタビリゼーション・プログラム)は、荒れた路面でのトラクション確保に一役買うとされる。

なお、A6/A6アバントでは、装備の変更などに加え、上級グレードのエンジンを4.2リッターV8のFSIとした。これにより、エントリーグレード用2.4リッターを除いて全車がFSIユニットとなった。セダンは565.0万円から、アバントは591.0万円から。

(webCG 有吉)

 

アウディ・ジャパン:
http://www.audi.co.jp/

関連キーワード:
A6A6オールロードクワトロA6アバントアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • 谷口信輝の新車試乗――フェラーリ812スーパーファスト(前編) 2018.6.14 mobileCG 最高出力800psを誇る“跳ね馬”「812スーパーファスト」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。「史上最強・最速のロードゴーイング・フェラーリ」とうたわれるスーパースポーツの印象を報告する。
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2018.6.11 試乗記 日本ではマイナーな存在だが、欧米のブランドでは長年にわたり大切にされてきた“4シーターオープン”というカテゴリー。「アウディA5カブリオレ」の試乗を通し、スポーツカーとは一線を画すその趣に触れた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
ホームへ戻る