【スペック】セダンQi:全長×全幅×全高=4645×1760×1480mm/ホイールベース=2700mm/車重=1400kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(163ps/5800rpm、23.5kgm/3800rpm)/価格=331万8000円(テスト車=同じ)

トヨタ・アベンシスセダンQi(FF/5AT)/ワゴンXi(FF/4AT)【短評(前編)】

トヨタが試される欧州車(前編) 2006.08.22 試乗記 トヨタ・アベンシスセダンQi(FF/5AT)/ワゴンXi(FF/4AT)……331万8000円/277万9350円トヨタがつくった欧州車「アベンシス」がマイナーチェンジされた。今回は装備の見直しが主な内容というが、実は見えない部分の性能向上に力が注がれていた。

欧州流のマイナーチェンジ

「トヨタがつくった欧州車」「欧州車を超えるトヨタの欧州車」というフレーズが示すように、ヨーロッパ生まれを前面に押し出している異色モデルがアベンシスだ。南仏のコート・ダジュールに設けられた「EDスクエア」でデザインされ、イギリスの「TMUK=Toyota Motor Manufacturing (UK) Ltd.」で生産される、ヨーロッパ生まれ、ヨーロッパ育ちのこのモデル。2003年10月に2リッターエンジン搭載のセダンとワゴンが上陸したあと、2005年9月には2.4リッターエンジンが追加。そしてこの7月にはマイナーチェンジを実施し、バージョンアップを図っている。

プレスリリースによれば、今回の主な変更点は、フロントグリルやバンパー、ヘッドライト、リアコンビネーションランプなどのデザイン変更といったお決まりのメニューで、あわせて、メーター類の機能追加や内装のリニューアルなども実施されている。一方、用意されるエンジンやトランスミッションはマイナーチェンジ前と変わらない。

しかし、開発を担当するエンジニアは、「マイナーチェンジの範囲内で、できるかぎりのことをした」という。アベンシスのメイン市場はもちろんヨーロッパ。並み居るライバルに立ち向かうには、さらなる走りの安心感や安定感が必要不可欠と知った開発陣は、見えない部分の性能向上に力を注いできた。

たとえば、ステアリングはサポートを補強して剛性アップを図り、リアサスペンションはセッティングを見直すことでタイアの接地性を高めた。また、リヤフロアに「エアガイドプレート」を設置して高速走行時の安定性を向上させるなど、地道だが中身の濃いマイナーチェンジになったらしい。このあたり、モデルライフ途中で大がかりなマイナーチェンジを実施する欧州勢並みの取り組みといえる。

細かい部分にヨーロッパの香りが

さて、試乗会場にはさまざまなモデルが用意されていたが、今回試したのは、2.4リッターFFセダンの「Qi」と2リッターFFワゴンの「Xi」の2台。スケジュールの都合でまずはワゴンXiに乗り込んだ。

実はアベンシスに乗るのはこれが初めてなので、マイナーチェンジ前と比較することはできないのだが、大きくシンプルな速度計と回転計、すっきりしたダッシュボードのデザインなど、確かにヨーロッパしている。ステアリングコラムもチルトに加えてテレスコピックが備えられている。フロントスクリーンの水滴を拭うために右のレバーを操作したら、ウインカーだった。ユーザーインターフェースは日本車である。

感心したのはシートのリクライン調節で、レバー式でありながら、細かい調整ができるよう「ポンプ式」を採用している。よくシートリフターに使われているもので、ドイツ車などに採用されるダイヤル式より使い勝手はいい。(後編につづく)

(文=生方聡/写真=荒川正幸/2006年8月)

・トヨタ・アベンシスセダンQi(FF/5AT)/ワゴンXi(FF/4AT)(後編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018515.html

内装写真はいずれもセダン「Qi」のグレージュ本革シート。

内装写真はいずれもセダン「Qi」のグレージュ本革シート。
【スペック】
ワゴンXi:全長×全幅×全高=4715×1760×1525mm/ホイールベース=2700mm/車重=1410kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(155ps/6000rpm、19.6kgm/4000rpm)/価格=249万9000円(テスト車=277万9350円/DVDナビゲーションシステム&音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター=28万350円)

【スペック】ワゴンXi:全長×全幅×全高=4715×1760×1525mm/ホイールベース=2700mm/車重=1410kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(155ps/6000rpm、19.6kgm/4000rpm)/価格=249万9000円(テスト車=277万9350円/DVDナビゲーションシステム&音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター=28万350円)


トヨタ・アベンシスセダンQi(FF/5AT)/ワゴンXi(FF/4AT)【短評(前編)】の画像


トヨタ・アベンシスセダンQi(FF/5AT)/ワゴンXi(FF/4AT)【短評(前編)】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る